ヴィッツの評価集

新型ヴィッツの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

新型ヴィッツの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

アクアやノートなどライバル車が多く存在するコンパクトカー。

その中でもかなりの人気を誇るトヨタの「ヴィッツ」。

2017年1月にモデルチェンジされ、今までなかったハイブリッド車も追加されました。

今、注目を集めているトヨタの新型ヴィッツの各グレードの装備や燃費、機能、リセールバリューなどを見てみましょう。

ヴィッツの価格が一番安いグレードは?

ヴィッツF Mパッケージ 1,203,400円

ヴィッツの中で一番安い価格のグレードはヴィッツF Mパッケージです。

一つ上のグレードのヴィッツFと比べると146,300円安い設定となっています。

ヴィッツには、様々なオプションやボディーカラー、スポーツタイプのグレードが用意されていますが、このヴィッツF Mパッケージに最低限のオプションをつけて購入することで、一番安くヴィッツを購入することができます。

では、どれぐらいの価格でヴィッツF Mパッケージが購入できるのかシミュレーションしてみましょう。

購入グレードヴィッツ 1.0F Mパッケージ
車両本体価格1,203,400円
装着オプションフロアマット
オプション金額
15,120円
諸費用・税金
173,857円
▲100,000円
支払総額
1,292,377円

オプションは、フロアマットのみです。

ナビやサイドバイザーなどのオプションは何も付けずにシミュレーションしてみました。

1.0Lなので、走り出しに少しパワー不足を感じますが、街乗りする分には問題なさそうです。

車両からの目標値引きを達成したと仮定して、ヴィッツF Mパッケージの支払総額は約129万円となりました。

さらに、ヴィッツF Mパッケージを安く買う方法として、フロアマットをディーラーオプションで購入するよりも、あとからネット通販で購入した方が支払総額が安くなります。

純正品ではなく社外品ではありますが、たくさんの色や柄などがあるので、純正のものより気に入ったものが見つかると思いますよ。

フロアマットなどのオプションを出来るだけ付けずに購入すれば、かなりリーズナブルな価格でヴィッツに乗ることができます。

価格の安いヴィッツF Mパッケージには省かれてしまう機能がある

価格が一番安いヴィッツF Mパッケージですが、一つ上のヴィッツFと比較すると省かれてしまう機能がいくつかあります。

では、どのような機能が省かれてしまうのか見ていきましょう。

電動格納式サイドミラー

電動格納式サイドミラーは1.0F Mパッケージに標準装備されていません。

この機能は、ドアの施錠・解錠に合わせてサイドミラーが格納・復帰する機能で車の乗り降りの時、ミラーをたたむ手間が省けて、とても便利な機能です。

1.0F Mパッケージ以外のすべてのグレードに標準装備されています。

リアワイパー

この1.0F Mパッケージグレードには、リアワイパーが標準装備されていません。

最近では、あえて取り外す方もいますので、そこまで必要なアイテムでは無いかもしれません。

使わない人は年に数回使うか、使わないかの機能ですから特に装備していなくても問題なさそうです。

バニティミラー

バイザーの内側に設置されている小さなミラーです。

身だしなみをチェックできるものですが、運転手はルームミラーを使うことも多いですね。助手席には欲しい装備かもしれません。

これも1.0F Mパッケージでは標準装備されていません。

ヴィッツの中でも1.0F Mパッケージは一番安く購入できますが、以上の機能が一つ上のヴィッツFと比べると省かれてしまいます。

さらに、価格の安い1.0F Mパッケージではメーカーオプションで付けることのできない機能もあります。

Bi-ビームLEDヘッドライト

1灯でハイビームとロービームの切り替えができるヘッドランプです。

さらに、LEDなので明るく、省エネです。

また、オートレベリング機能も付いていて、対向車や車両姿勢に応じて照射軸を一定に保ってくれます。

1.0F Mパッケージ以外のグレードには、メーカーオプションで装着することができます。

ステアリングスイッチ

ステアリング部分で、オーディオの操作やハンズフリー操作ができるスイッチです。

ステアリングから手を離すことなく、いろいろな操作ができるのでとても便利な機能です。

しかし、この機能も1.0F Mパッケージにはメーカーオプションで装着することができません。

スマートエントリー

スマートキーをポケットやバッグに携帯していれば、キーを取り出して操作することなく車の施錠・解錠ができるシステムです。

ドアハンドルのセンサーに触れるだけで施錠・解錠できるので、荷物を多く持っている時や雨の日などには重宝する機能ですね。

6スピーカー+バックカメラ

フロントドア・リアドア・インパネツィーターの6つのスピーカーで、臨場感のあるサウンドを楽しむことができます。

これらの機能は1.0F Mパッケージにメーカーオプションで設定されていないので、残念ながら付けることができない機能です。

特にこのような機能は必要なく、最低限の装備と機能があればいいという価格重視の方には、こちらの1.0F Mパッケージがオススメです。

ヴィッツの価格が一番高いグレードは?

ヴィッツ1.5ハイブリッドU スポーティーパッケージ 2,268,200円

一つ下のグレードと比較して150,120円高い設定になります。

最上級グレードのヴィッツ1.5ハイブリッドU スポーティーパッケージは、値引きも含めていくらで購入できるのか?

一般的なオプションをつけてシミュレーションしてみましょう。

購入グレードヴィッツ 1.5ハイブリッドU スポーティーパッケージ
車両本体価格2,268,200円
メーカーオプションホワイトパールクリスタルシャイン、LEDヘッドライト
メーカーオプション価格118,800円
ディーラーオプションT-Connectナビ、ETC(ベーシックタイプ)、フロアマット、サイドバイザー、バックカメラ
ディーラーオプション金額222,480円
諸費用・税金120,557円
車両値引き▲100,000円
オプション値引き(20%)▲44,400円
支払総額2,585,637円

1.5ハイブリッドU スポーティーパッケージは約258万円で購入できます。

一番安いグレード と比較して、約129万円高くなります。

価格の安い1.0F Mパッケージが2台買えてしまいますね。

では、最上級グレードには、どのような装備があるのか見てみましょう。

ヴィッツ1.5ハイブリッドU スポーティーパッケージ人気の装備は?

サイドマッドガード+リアルーフスポイラー

サイドマッドガードとリアルーフスポイラーが装着されます。

これが装着されていると車の印象がスポーティーなイメージになりますね。

16インチアルミホイール

U スポーティーパッケージだけ、16インチアルミホイールが装着されます。

その他のグレードでは14~15インチのスチールホイールが標準装備されています。

乗り心地の面ではそれほど大きな違いはありませんが、少しだけタイヤの厚みがある14インチタイヤの方が乗り心地はいいですね。

スペアタイヤ

U スポーティーパッケージでは応急用のスペアタイヤが装備されています。

その他のグレードでは、スペアタイヤではなくパンク修理キットがついています。

修理キットより、タイヤを変えてしまうスペアタイヤの方が万が一の時でも安心ですね。

一つ下のグレード1.5ハイブリッドUと比較して、実用的な機能の差はほとんどありません。

メーカーオプションで装着できるものの差もないのです。強いて言うのであれば外観が少し違うぐらいですね。

最上級グレードは、スポーティータイプのパッケージになっているので、他のグレードと比較しても外観に違いがあります。

ヴィッツで燃費の一番いいグレードは?

ヴィッツで燃費のいいグレードはハイブリッド全グレードです。

ヴィッツハイブリッドのカタログ燃費は34.4km/L

しかし、私たちユーザーが一番気になるところは、カタログ燃費ではなく実燃費の方ですね。

カタログ燃費は、メーカーが最高にいい状態で出した燃費の数字ですから、私たちが実際に街で乗った場合とは少し違ってきます。

ヴィッツハイブリッドの平均実燃費は約22km/Lです。

カタログ燃費より少し下がってしまいます。

コンパクトカーなので、もう少し伸びてもいいように思いますが、排気量や総重量から見ると及第点ではないでしょうか。 実燃費はアクアとほぼ同等か、少しだけ落ちる傾向です。

また、車を運転する道路や環境で燃費が少し変わってきますが街乗りで約19~21km/L 高速では約22~24km/L となることが多いようですね。

ヴィッツはガソリン満タンで何キロ走る?

ヴィッツのタンク容量はガソリン車とハイブリッド車で容量が違います。

まず、燃費の良いハイブリッドで見ていきましょう。

ヴィッツはガゾリン残量が残り5Lで警告が点灯する構造になっています。

ガソリンが残り5Lまで走行したと仮定して 、

36-5=31L
31×22=682km

ヴィッツはガソリン満タンで約682km走行できます。

ヴィッツハイブリッドは他のグレードと比較して、ガソリンタンク容量が少ないです。

タンク容量を少なくすることで車全体の重さを軽くして、燃費の向上を図っています。

ハイブリッド車ではタンク容量36Lですが、ガソリン車ではタンク容量が42Lなっています。

ヴィッツで一番燃費の悪いグレードは?

ヴィッツで燃費の悪いグレードはヴィッツ1.3U/F/Jewer(4WD)です。

主に4WD仕様のヴィッツになります。

カタログ燃費では18.0km/Lですが、平均実燃費は約12km/Lほどになります。

4WDは2WDに比べて、車全体が重くなってしまうので燃費が悪くなります。

また、メーカーオプションなどの装着により総重量が重くなるとさらに燃費は悪くなります。

燃費の良いハイブリッドと比較してガソリンタンク容量が大きいので、燃費が悪くなっている要因でもありますね。

走り方や道路状況によって実燃費は前後しますが、やはり車体の軽い2WDの方が燃費は良いようです。

ヴィッツ(4WD)は満タンで何キロ走れる?

ガソリン車(4WD)はハイブリッドと違い、タンク容量が42Lあります。

警告灯が点灯するガソリン残量が5Lになるまで走行したと仮定します。

42-5=37
37×12=444

ヴィッツ1.3U/F/Jewer(4WD)はガソリン満タンで約444kmほど走行可能です。

ヴィッツの自動ブレーキシステム

ヴィッツには、「トヨタセーフティセンス C」という衝突回避支援パッケージが採用されています。

このシステムは、先行車や障害物をレーザーレーダーと単眼カメラの2つで検出し、衝突の可能性が高いと判断した場合、警報とブレーキ制御で衝突回避を支援してくれるシステムです。

レーザーレーダーでは近距離の障害物を検知できるので、昼夜の明るさに影響を受けにくくしっかり障害物を発見してくれます。

また単眼カメラは、より遠くまで障害物を検知でます。

障害物だけでなく、白線や対向車のライトも認識できます。

このシステムは、衝突回避を支援してくれる機能ははもちろんですが、レーンディパーチャーアラートオートマチックハイビームも搭載されており、より車の安全性能を高めています。

レーンディパーチャーアラートはセンサーで白線を検知して、車が車線を逸脱しそうになると警報とディスプレイに表示して知らせてくれます。

オートマチックハイビームでは、見通しが良く対向車がいない時はハイビーム、先行者や対向車がいるときはロービームに自動で切り替えて、夜間の走行で歩行者の発見を早めてくれる機能です。

自動ブレーキがあるグレードは?

トヨタセーフティセンス Cは、「ハイブリッドF」と「ガソリンF/Mパッケージ/スマートストップパッケージ」以外のグレードに標準装備されています。

ハイブリッドFとガソリンF/Mパッケージ/スマートストップパッケージには、54,000円のメーカーオプションで装着することができます。

メーカーオプションは納車されてからは取り付けることができないので、車両注文時に選択する必要がありますね。

ヴィッツのスポーツ/エアロタイプのグレードは?

ヴィッツには、ハイブリッドU /1.3U スポーティーパッケージが用意されています。

いずれも、サイドマッドガードやリアルーフスポイラー、16インチアルミホイールが標準装備されています。

また、モデリスタTRDなどのエアロパーツも用意されているので、ヴィッツをいろいろなスタイルにカスタムすることができます。

さらに、ヴィッツにはカラーデコレーションセットなどもあり、サイドやミラーのデカールで個性的なヴィッツに仕上げることもできますよ。

このセットは、女性の方にかなり人気があります。

ヴィッツにはイルミネーションやエントリーライトなど他の車種と比べて、カーアクセサリーが豊富なのも嬉しいですね。

ヴィッツで一番減税が多いグレードは?

ヴィッツで一番減税が多いのはハイブリッドU スポーティーパッケージです。

自動車重量税: 22,500円
自動車取得税: 55,900円
自動車グリーン税: 25,500円
合計; ▲ 103,900円

このグレードでは約10万円減税されます。

ヴィッツにはハイブリッド車が用意されているので、自動車グリーン税が適用されます。

この減税と合わせて、しっかりディーラーで交渉し目標値引き額を達成しましょう。できるだけ安く購入したいですからね。

ヴィッツ ハイブリッド車の売れ筋グレードは?

ヴィッツハイブリッド F 1,853,500円

ヴィッツハイブリッド Fはいくらで買える?

では、売れ筋グレードのヴィッツハイブリッド1.3 Fの支払額をシミュレーションしてみましょう。

購入グレードヴィッツ 1.5 ハイブリッド F
車両本体価格1,853,500円
メーカーオプションホワイトパールクリスタルシャイン、LEDヘッドライト、トヨタセーフティーセンスC
メーカーオプション価格172,800円
ディーラーオプションT-Connectナビ、ETC(ベーシックタイプ)、フロアマット、サイドバイザー、バックモニター
ディーラーオプション金額222,480円
諸費用・税金120,557円
車両値引き▲100,000円
オプション値引き(20%)▲44,400円
支払総額2,224,937円

選択するオプションによって価格が少し変動しますが、売れ筋のヴィッツハイブリッド1.3 Fは約222万円となりました。

ヴィッツ ガソリン車で売れ筋のグレードは?

ヴィッツ1.3F 1,509,200円

ガソリン車では、ヴィッツ1.3Fが人気です。

最低限必要な装備もあり、排気量も1300ccなので、しっかり加速してくれます。

ハイブリッド車と比べると、燃費は落ちてしまいますが、長い距離は乗らず街乗りメインという方にはオススメです。

ヴィッツ1.3Fはいくらで買える?

いくらで買えるのか購入シミュレーションを見てみましょう。

購入グレードヴィッツ 1.3F
車両本体価格1,509,200円
メーカーオプションホワイトパールクリスタルシャイン、LEDヘッドライト、トヨタセーフティーセンスC
メーカーオプション価格181,440円
ディーラーオプションT-Connectナビ、ETC(ベーシックタイプ)、フロアマット、サイドバイザー、バックモニター
ディーラーオプション金額222,480円
諸費用・税金142,857円
車両値引き▲100,000円
オプション値引き(20%)▲44,400円
支払総額1,911,577円

必要なを装着して、ヴィッツ1.3Fの支払総額は約191万円となりました。

買取相場から見るヴィッツのおすすめグレードは?

グレードによって、数年後のヴィッツの買取相場は変わります。

ここでは、3年後のヴィッツのリセールバリューから見るおすすめのグレードを紹介します。

新車から3年落ちのヴィッツのリセールバリューは?

新車登録から3年経過後のヴィッツの各グレードのリセールバリューです。

グレード名買取相場新車時価格3年後のリセールバリュー
1.0F

80万円

120.5万円

66.3%

1.0F Mパッケージ

76万円

107万円

71.0%

1.0ジュエラ

92万円

127.5万円

72.1%

1.3F

68万円

130万円

52.3%

1.3ジュエラ

81万円

137万円

59.1%

1.3U

94万円

151万円

62.2%

1.3F(4WD)

72万円

148.9万円

48.3%

1.3ジュエラ(4WD)

87万円

155.9万円

55.8%

1.3U(4WD)

112万円

169.9万円

65.9%

1.5 ハイブリッド F

91~107万円?

181.9万円

50~59%?

新車から3年経過時のヴィッツのリセールバリューです。

傾向としては、1000ccモデルのリセールが高くなっています。輸出の関係で1000ccモデルは3年以内の売却で高値が付きますので、3年落ちなら上記のリセールバリューとなります。

3年を過ぎると、1000ccモデルはリセールが落ちて、1300ccモデルと同等のリセール割合になります。

4WDモデルは3年落ちなら2WDモデルと同等のリセールなので、車両価格が高い分、損失額も多くなるでしょう。ただ、5年経過すると4WDのリセールが強くなります。

ヴィッツハイブリッドは、現状ではアクアと同等のリセールが予想され、上記の割合となります。

リセールバリューから見るヴィッツのおすすめグレードは?

新車から3年経過したヴィッツのリセールバリューから見るおすすめのグレードは、「1.0 F」「1.3 U」です。

3年以内に売却なら、高値の輸出相場になっている1000ccモデルがおススメです。必要十分な装備が付いている「1.0F」がおススメですね。

3年以内なら走行距離に関係なく、輸出相場があるので、過走行で3年以内に売るなら1000ccモデルが最適でしょう。

1300ccなら、3年以内の売却でリセールが高い「1.3U」がおススメです。

3年以内に売却しない、過走行でもない、と言う条件ならリセールに大差はないので、1000cc1300cc予算に合わせて好みのグレードを選ぶと良いでしょう。

フィットの相場を見ると、5年経過でガソリン車とハイブリッドでは、ハイブリッドの方が若干リセールが落ちています。

ヴィッツでも他のトヨタ車のハイブリッドの相場を見てもハイブリッドが弱めなので、フィット同様の傾向になると予想できます。

年数が経過すると玉数の少ない4WDモデルのリセールが落ちにくくなるので、必要な地域なら4WDを選んで損はありません。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

そんな時は低走行の新古車や未使用車がおススメです。

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

ナビクル中古車なら、全国約40万台の中古車を掲載しているグーネットから無料で探してくれるので、様々なニーズに合ったお買い得な中古車が見つかるでしょう。

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を紹介してくれます。

ナビクル中古車販売はこちら

ヴィッツの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのヴィッツ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴィッツを限界値引きで購入しています。

今月のヴィッツの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ヴィッツ値引き交渉マニュアル

-ヴィッツの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.