ヤリス/ヤリスクロスの値引き

総額はいくら?ヴィッツハイブリッド Fの値引きと総価格をシミュレーション

新型ヴィッツの人気グレード・ヴィッツ ハイブリッドFの値引き額を含んだ総価格が分かる見積もりシミュレーションです。

また、他グレードとの装備比較やライバル車との比較、実燃費、ヴィッツハイブリッドのリセールバリュー予測など、ヴィッツハイブリッドF購入の参考にどうぞ。

売れ筋人気グレードのヴィッツハイブリッド Fを他のグレードと比較

グレード名ヴィッツハイブリッド Fヴィッツハイブリッド ジュエラ
価格比較1,853,500円2,009,700円
プレミアムとの価格差-156,200円
装備比較14インチスチールホイール&樹脂キャップ
(15インチアルミホイールはMOP)
14インチスチールホイール&樹脂キャップ
14インチスチールホイール&専用樹脂キャップ
(15インチアルミホイールはMOP)
14インチスチールホイール&専用樹脂キャップ
ハロゲンヘッドランプ(プロジェクター式)
ハロゲンヘッドランプ
ハロゲンヘッドランプ(プロジェクター式)
ウレタン製ステアリングホイール
ウレタン製ステアリングホイール
ウレタン製ステアリングホイール
オートエアコン(ナノイーなし)オートエアコン(ナノイー付)
ハイバックシート(ファブリック)
ハイバックシート(ファブリック)
スタンダードシート(専用ファブリック)
スタンダードシート(専用ファブリック)
標準内装
標準内装
内装メッキ加飾&ブラックマイカ塗装
内装メッキ加飾&ブラックマイカ塗装
サンバイザー(フタ付き)サンバイザー(フタ+天井照明付き)
サンバイザー(フタ+天井照明付き)
自動ブレーキ
(MOP)
自動ブレーキ
クルーズコントロールなしクルーズコントロールなし
オート電動格納式リモコンドアミラー
オート電動格納式リモコンドアミラー
オート電動格納式リモコンドアミラー
キーレスエントリー
(スマートエントリーはMOP)
キーレスエントリー
キーレスエントリー
(スマートエントリーはMOP)
助手席シートアンダートレイなし助手席シートアンダートレイ付
助手席シートアンダートレイ
2スピーカー4スピーカー

※MOP(メーカーオプション)

ヴィッツハイブリッドFと価格が近いハイブリッドジュエラと装備を比較してみました。

ハイブリッドFはハイブリッドジュエラよりも156,200円安い設定です。その分トヨタセーフティセンスが標準で付いていなかったり、メッキ加飾やブラックマイカ塗装された内装のジュエラと装備や質感で差が出ています。

細かい装備で差がありますが、大きな実用性に関わる部分ではそれほど差がないので、メーカーオプションでトヨタセーフティセンスを付ければ、あとは内装や付けられるメーカーオプションの好みで選べばいいと思います。

ジュエラは女性が好みそうな内装や外装に出来るのが特徴ですね。

ハイブリッドFは、必要な装備が一通り付いていて、あまり奇をてらわずに普通に乗りたいユーザー向けの無難な設定と言えるでしょう。

ヴィッツハイブリッド Fのエクステリア

ヴィッツハイブリッド Fのエクステリア

ヴィッツハイブリッドFのエクステリアです。

トヨタデザインの広い開口部を備えたフロントグリルとフロントバンパーが印象的です。

コンパクトカーでありながら、どっしりとしたフロントマスクに仕上がっています。フロントとサイドのエンブレムはハイブリッド専用が奢られていて、ハイブリッド車と分かるシンボルマークとなっています。

ボンネット左右には盛り上がったレリーフラインがあり、運転中の左右の車幅感覚やボンネット先の前方部分の車両感覚を掴むために一役買っています。

ヴィッツハイブリッドFのリヤデザイン

ヴィッツハイブリッドFのリヤデザインです。

フロントから競りあがったベルトラインと並行してドアハンドル付近にキャラクターラインが走っています。そのままリアのテールランプにつながっていて、シャープで一体感のあるサイドビューとなっています。

リアバンパーのふくらみが安定感のある印象を与え、コンパクトなボディをワイドに見せています。

ガラスエリアは必要十分な大きさで、後方視界は良好、テールランプも視認性の高い大きめのデザインとなっています。

ヴィッツハイブリッド Fのインテリア

ヴィッツハイブリッド Fのインテリア

ヴィッツハイブリッドFのインテリアです。

曲線を多用して優しいイメージのインテリアに仕上がっています。女性が多く利用するコンパクトカーの性格が出ていますね。

各メーターやナビ・オーディオ、エアコンスイッチ、吹き出し口などはオーソドックスで使いやすい位置に配置されています。

センターメーターを敬遠するユーザーも多いので、ヴィッツのようなオーソドックスな配置を好むユーザーから評価されています。

アイボリーファブリック

ヴィッツハイブリッドFのインテリアは、ブラックファブリックとアイボリーファブリックの2色から選択できます。

ブラックは落ち着いた雰囲気で、飽きの来ない空間となります。

アイボリーは一転、車内が明るくなり女性や小さなお子さんの居るファミリー層に人気のあるシート色となっています。

ブラックは落ち着いた雰囲気

若いファミリーにも使われるコンパクトカーなので、少々遊び心のあるアイボリー内装を選んでも良いかもしれませんね。

ヴィッツハイブリッド Fの実燃費は?

ヴィッツハイブリッド Fの平均実燃費 23.6km/L

ヴィッツハイブリッド Fのカタログ燃費は34.4km/Lです。渋滞も含んだ市街地の実燃費は15~17km/L台に落ち込んでしまいます。

郊外の信号の少ない道路や幹線道路などでは、26~28km/Lを超える燃費が可能です。高速道路では、27~29km/Lまで伸びます。

乗り方によっても変わりますが、空いてるバイパス道や高速道路を80~90キロで巡行すれば、実燃費30km/Lを超える事も可能です。

ヴィッツハイブリッド Fを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

ヴィッツハイブリッド Fのライバル車

ヴィッツハイブリッド Fデミオ 1.5 XDフィットハイブリッド Fパッケージ
1,853,500円1,782,000円1,849,100円
デミオに対して
+71,500円
----
フィットハイブリッドに対して
+4,400円
----
1.5ハイブリッド1.5ディーゼルターボ1.5ハイブリッド
34.4km/L
レギュラー
26.4km/L
軽油
33.6km/L
レギュラー
14インチスチールホイール15インチアルミホイール15インチスチールホイール
オート電動格納式ドアミラーオート電動格納式ドアミラーオート電動格納式ドアミラー
オートエアコンマニュアルエアコン
(フルオートエアコンはMOP)
フルオートエアコン(プラズマクラスター付)
2スピーカー
(6スピーカーはMOP)
6スピーカー4スピーカー
ワイヤレスキー
(スマートキーはMOP)
ワイヤレスキー
(スマートキーはMOP)
スマートキー&プッシュスタート
自動ブレーキ
(MOP)
自動ブレーキ自動ブレーキ
(MOP)
クルーズコントロールなしクルーズコントロールなし
(定速型クルーズコントロールはMOP)
クルーズコントロールなし
アイドリングストップなしアイドリングストップアイドリングストップ
プロジェクター式ハロゲンヘッドライトハロゲンヘッドライトマルチリフレクター式ハロゲンヘッドライト
助手席シートバックポケットなし助手席シートバックポケット付助手席シートバックポケット付

※MOP(メーカーオプション)
※DOP(ディーラーオプション)

ヴィッツハイブリッドFはデミオ1.5XDに対して、71,500円高い設定です。

装備では、スチールホイールや2スピーカー、自動ブレーキが無いなど、デミオに劣る部分があります。パワートレインはハイブリッドとディーゼルで異なりますが、デミオのディーゼルは実燃費が良く燃料代も軽油で安いので、燃料費のコスト的にはヴィッツハイブリッドとほぼ変わりません。

ディーゼルならではのトルクフルな走りも楽しめるので、ヴィッツハイブリッドFとデミオを競合させると値引き交渉で効果があるでしょう。

「装備も良く、ディーゼルの走りが良いデミオXDが総額○○万円で買えるので迷っている。ヴィッツハイブリッドも価格を頑張ってくれれば検討したい」などとやると良いでしょう。

フィットハイブリッドFパッケージに対しては、ヴィッツハイブリッドFの方が4,400円高い設定ですが、フィットは4スピーカーやマートキーが標準装備で付いているので、ヴィッツよりも割安感のある価格設定です。

この部分をトヨタのセールスさんに訴えれば、値引き交渉で有利になるでしょう。

「価格がヴィッツハイブリッドFよりも安く、スマートキーもついているフィットハイブリッドが総額○○万円で買える。それよりも安くなるならヴィッツハイブリッドを本気で検討したい」とやってみましょう。

ヴィッツハイブリッド Fのリセールバリューは?

ヴィッツハイブリッド Fのリセールバリュー

ヴィッツハイブリッドFは売る時にいくらで売れるのか?これから買う人も気になるのではないでしょうか。

ここでは新車から3年経過後のヴィッツのリセールバリューを参考に、ヴィッツハイブリッドFのリセールバリューを予測したいと思います。

※新車から3年経過後のリセールバリュー(1年1万キロ平均の車両)

グレード名新車価格買取相場新車価格に対してのリセールバリュー差額
1.3F145.0万円85万円58.6%60.0万円
1.3F シエル148.0万円74万円50.0%74.0万円
1.3ジュエラ159.5万円99万円62.0%60.5万円
1.3U169.8万円108万円63.6%61.8万円

新車から3年落ちのヴィッツのリセールバリューです。

概ね50%後半から60%前半のリセールとなっています。上記はガソリン車の相場なので、気になるヴィッツハイブリッドFのリセールバリューは、おそらくガソリン車よりも低いリセールで推移するでしょう。

ヴィッツのライバル車でもあるフィットでは、ガソリン車とハイブリッドを比較すると、ガソリン車の方がリセールバリューが高い傾向です。

この傾向はずっと続いているので、同じコンパクトカーのヴィッツも同様の傾向になるでしょう。

コンパクトカーを求める層は、小さい車体で運転がしやすい事も購入理由ですが、価格の安さも大きな理由です。

ハイブリッドになると、コンパクトカーの価格帯から少し外れてしまうので、中古車になると割安なコンパクトカーを求めるユーザーの相場まで落ちてしまいます。

結果、ガソリン車より車両価格の高いヴィッツハイブリッドFのリセールバリューは、ガソリン車よりも落ちてしまうでしょう。

予想ですが、3年経過でガソリン車の5%落ち位の相場(50%台前半~中盤)が、ヴィッツハイブリッドFのリセールバリューとして妥当だと思います。

ヴィッツハイブリッド Fの値引き後の総支払額は?

ヴィッツハイブリッド Fの値引き後の総支払額

ヴィッツハイブリッド Fの値引き後の総支払額をシミュレーションしてみます。

オプション無し、おすすめオプションありの2パターンの値引き後の新車見積もりを紹介します。

オプション無しの最安でのヴィッツハイブリッド F新車値引き見積もり

グレード名ヴィッツハイブリッド F
車両本体価格1,853,500円
(メーカーOP品名)--
メーカーオプション価格0円
(ディーラーOP品名)--
ディーラーオプション価格0円
諸費用114,857円
目標値引き▲110,000円
オプション値引き--
支払総額1,858,357円

オプションを全く付けない状態のヴィッツハイブリッド Fの見積もりは、値引きを含んで1,858,357円でした。

もう少し値引きが拡大すれば、車両本体価格よりも安く買えそうです。

ただ、付属品が全く無いのも不便なので、純正オプションよりも安く買える社外品を購入するとどれくらい安くなるのか調べてみました。

オプション品名社外品純正オプション
フロアマット9,720円(14カラー)22,680円(デラックスタイプ)
ドアバイザー4,500円10,800円(ベーシックタイプ)
ナビゲーション78,667円(楽ナビ7型)156,600円(7インチ)
革調シートカバー15,530円~54,000円

マットやバイザー、ナビなど、純正オプションのおよそ半額で購入出来てしまいます。

フロアマットは自分でも簡単に車体にセット出来るので、ネット通販で社外品のマットを買って自分で付ければ、マット代を節約できます。

ナビなどは自分で取り付け出来ないケースも多いと思うので、その場合は新車契約時にディーラーに持ち込みで付けてもらう事を条件に契約すると良いでしょう。

その際交渉して、工賃サービスや割引で契約できれば、さらに割安にヴィッツハイブリッドFの付属品を付ける事が出来ます。

上記の社外品は楽天市場で購入できます。

おすすめオプションを含んだヴィッツハイブリッド F新車値引き見積もり

おすすめオプションを含んだヴィッツハイブリッド F新車値引き見積もり

グレード名ヴィッツハイブリッド F
車両本体価格1,819,800円
(メーカーOP品名)ホワイトパールクリスタルシャイン、トヨタセーフティセンスC、快適温熱シート(運転席)、スマイルシートセット、ナビレディセット、スマートエントリーセット
メーカーオプション価格186,300円
(ディーラーOP品名)T-Connectナビ、ETC2.0ユニット・ビルトインタイプ(ナビ連動タイプ)、ドライブレコーダー、サイドバイザー(べーシックタイプ)、フロアマット(デラックスタイプ)
ディーラーオプション価格282,015円(工賃込み)
諸費用146,367円
目標値引き▲110,000円
オプション値引き▲56,403円
支払総額2,301,779円

おすすめメーカーオプションには、下取り時にも有利で飽きの来ないボディカラーとしてホワイトパールクリスタルシャイン、自動ブレーキを含むトヨタセーフティセンスC、運転席のシートヒーター、6スピーカーとステアリングスイッチ、バックカメラを含んだナビレディセット、キーを出して操作する必要がないスマートエントリーセットを選んでいます。

ディーラーオプションでは、Tコネクトナビ、高速料金が多少安くなるETC2.0、ドライブレコーダー他定番のオプションを付けています。

以上のおすすめオプションと値引き、諸費用を含んだヴィッツハイブリッドFの総価格は、2,301,779円となりました。

ヴィッツハイブリッド Fの値引き実例は?

現行型ヴィッツハイブリッド Fは、どの位の値引きでユーザーが購入してきたのか、当サイトに寄せられる実例値引きを見てみましょう。

購入時期グレード名値引き額
2017年3月ヴィッツハイブリッドF23.4万円

まだヴィッツハイブリッドFの値引きのサンプルが少ないですが、ディーラーオプションからの値引きを含んで、値引き総額23.4万円の実例があります。

今後は、値引きの総額15万円~25万円の相場で推移していくでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

ヴィッツの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのヴィッツ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴィッツを限界値引きで購入しています。

今月のヴィッツの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ヴィッツ値引き交渉マニュアル

-ヤリス/ヤリスクロスの値引き
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.