ヴィッツの評価集

新型ヴィッツを買うならハイブリッドかガソリン車か?徹底比較してみました

ハイブリッド車がラインナップされて、更に人気が出てきたヴィッツ

しかし、実際にヴィッツを検討すると、ガソリン車かハイブリッドのどちらを選べばいいのか迷ってしまいますよね?

静粛性・燃費ともに向上したハイブリッドを選ぶのが正解か…

安く購入することが出来て、ガソリン車の自然な走りを楽しむのが正解か…

それぞれのメリット・デメリットを探り、ヴィッツ購入に役立つために徹底比較をしていきます!

ヴィッツハイブリッドとガソリン車の外装の違い

上の画像がハイブリッド車Uグレードで、下の画像がガソリン車1.3Uグレードとなっています。

見た感じは、そんなに大きな違いはありませんね。

フロントの外観で、違いがあるのはエンブレムです。

  • ハイブリッド車
    ハイブリッドの方は、フロント・リヤどちらも、エンブレムの中がブルーカラーとなっていて鮮やかです。
  • ガソリン車
    ガソリン車の方は、これまでのエンブレムと同様に、ブラックカラーのままとなっています。

一見他愛もない違いかもしれませんが、エンブレムの色の違いで、見分ける事が出来るのは、違いも強調出来て良いですよね。

又、ハイブリッド車には、サイドとリヤにハイブリッド車専用エンブレムが付いているので、ここでもハイブリッド車の主張がしっかりと伝わります。

外観については、意外と違いが少なく比較する上では、判断材料が少ない結果となりました。

ヴィッツハイブリッドとガソリン車の内装の違い

内装については、ハイブリッド車とガソリン車で、細かい違いがあります。

エンジンスタータースイッチ

ヴィッツの上位グレードには、プッシュボタンでエンジンスタートする事が出来る、エンジンスタータースイッチが搭載されています。

ハイブリット車専用のボタンには、エンブレムと同じブルーカラーを採用しています。

このような部分にまで、ハイブリットだけのブルーカラーを採用している所がうれしいですね!

メーター

ハイブリッド車専用メーター

ガソリン車専用メーター

メーターにも、ハイブリッド車とガソリン車の違いが表れていますね?

ハイブリッド車は、ガソリン車と比べても、ブルーカラーでハイブリッドのイメージを演出しており、タコメーターも数字表記ではなくECO表記になっているのが特徴的です。

センターコンソールにあるスイッチ類

センターコンソールにあるスイッチ類

ガソリン車には、センターコンソールにアイドリングストップ解除スイッチ、横滑り装置解除スイッチが搭載されていますが、ハイブリッド車にはこれらのスイッチに加えて、

  • EV MODE
  • ECO MODE

2つのスイッチが標準で搭載されています。

自由にEV走行に切り替え出来るように、押しやすい場所に設置されていますね。

内装については、ほとんどが運転者の目に映るポジションにハイブリッド車専用の加飾がされているので、違いがはっきりと分かりやすくなっています。

ヴィッツハイブリッドとガソリン車のメリットは?

グッド

ヴィッツハイブリッドのメリットは?

  • ガソリン車よりも燃費がいいので、今までよりもガソリンを給油する回数が減り、お財布に優しい。
  • 静粛性が高く、ガソリン車では味わえない快適な走行が可能となり、長距離運転にも向いている。
  • 静粛性に加え、後部座席もコンパクトカーの中では広いので、乗り心地が抜群!
  • ガソリン車よりも、エコカー減税は5万円近くもお得になる。
  • エンジン始動も静かなため、早朝・深夜の外出も周りの目を気にしなくても良い。

ヴィッツガソリン車のメリットは?

  • ハイブリッドには搭載されていない、スポーツモードが設定されているため、山道など、力強い走りが必要な時は活躍してくれる!
  • ハイブリッド車よりも、30万円近く安く購入する事が出来るので、買い求めやすい。
  • ガソリン車による安定感のある走りが出来る。

ヴィッツハイブリッドとガソリン車の欠点・デメリットは?

バッド

ヴィッツハイブリッドの欠点・デメリットは?

  • 重心が高いため、カーブを曲がった時のロール感が気になる。
  • ガソリン車よりも、割高なため支払いの負担が大きい
  • ガソリン車よりも、ロードノイズが聞こえやすい。
  • モーターが故障したときの修理金額が不安。

ヴィッツガソリン車の欠点・デメリットは?

  • クルーズコントロールが、Uスポーティパッケージにしか搭載されていないため、ライバル車と比べても物足りなさがある。
  • ハイブリッド車よりも、燃費が悪い。
  • 静粛性・遮音性ともに劣っているため、ハイブリッド車に比べても乗り心地が悪い。

ヴィッツハイブリッドとガソリン車の価格とコストを比較!

実際に、ヴィッツハイブリットとガソリン車では、価格にどれくらいの開きがあり、実測燃費はどのくらいになるのか気になりますよね?

又、燃費の良さで価格の開きを埋めるためには、どのくらい期間と距離数が必要となるのかを比較してみます。

ヴィッツハイブリッドとガソリン車の価格差と実燃費は?

ヴィッツ ハイブリッドU

車両本体価格:2,087,640円
平均実測燃費:28.5km/L

ヴィッツ 1.3U

車両本体価格:1,798,200円
平均実測燃費:15.4km/L

ヴィッツのハイブリッド車とガソリン車は、289,440円の価格差があります。

又、平均実測燃費は市街地や高速道路、エアコンを使用したものを含んだ平均燃費となっています。

価格差289,440円を埋めるにはどの位掛かる?

レギュラーガソリンを127円で計算します。

  • ハイブリッド車 28.5km/L

10,000km÷28.5=350.8リッター
350.8×127円=44,551円

  • ガソリン車 15.4km/L

10,000km÷15.4=649.3リッター
649.3×127円=82,461円

10,000km走行すると、37,910円の差になります。

ハイブリッド車とガソリン車の価格差289,440円の元も取るためには、

289,440÷37,910=7.63万kmの走行距離が必要となります。

年間1万キロ平均の走行=約7.5年で元を取る

年間2万キロ平均の走行=約3.8年で元を取る

年間3万キロ平均の走行=約2.5年で元を取る

という計算結果になります。

※あくまでも車両本体価格だけの価格差を基に計算をしているので、エコカー減税や諸費用、オプション装備も合計した価格差では、元が取れる距離数・期間が縮まる又は、伸びる可能性があります。

ハイブリット車とガソリン車では、平均実測燃費の差が大きく、ハイブリッドの方が燃費が良いので、元を取るまでの年数は短めですね!

基本的に、買い物や通勤で車を使用するだけでも、年間で平均1万キロ前後は走行すると思いますので、長めの期間ヴィッツハイブリッドに乗るなら、元を取れる可能性は高いと判断できます!

買うならヴィッツハイブリッドとガソリン車どっち?

これまでの結果を通して、ヴィッツを購入する際に、選ぶとすればハイブリッド車の方が良いですね。

その理由を裏付けるのは…

その①:ハイブリッド車のメリットも豊富であり、車生活が楽になる。
その②:一番気になる価格差の元を取るために、長い年数がかからない。
その③:元を取った後も、低コストで車を利用出来る。
その④:ハイブリッド車の将来的な価値も見込める。

以上の通り、ハイブリッド車のメリットは、非常に多いです。

「燃費」「静粛性」「乗り心地の良さ」運転する人が求めている事を実現してくれる性能であるため、購入してから不満に感じる人も少ないでしょう。

又、ヴィッツハイブリッドは、ガソリン車との燃費の差が大きく、価格差を補う早さは申し分ありません。

元を取った後も、変わらず良い燃費数値を計測出来れば。お財布への負担もどんどん減ってくる。

乗れば乗るほど、お得な車というのはヴィッツハイブリッドの事を言うのかもしれません。

その④で、将来的な価値というワードを出しましたが、今の時代はガソリン車よりも、ハイブリッド車の方が需要があります。

例えば…

  • 5年使用したけど、ミニバン車が必要になり乗り換えたい
  • もう少し、大きめのハイブリッド車が欲しくなった

と途中で手放したくなった場合でも、高額査定が付く可能性も高いです。

コンパクトカーでも、乗る人にとって財産となるメリットもあります。

しかし、決してガソリン車をお勧めするメリットが無い訳ではありません。

ガソリン車のメリットにも挙げているように、ガソリン車ならではの走りの良さがあります。

例えば…

  • スムーズな加速を体感したい
  • とにかく安く、ヴィッツを購入したい

という方は、ガソリン車にする事で、メリットを最大限に生かせると思います。

ヴィッツも、丈夫な車で大きな故障が起きにくい車でもありますので、安く購入出来て、長く乗れるというのはとても嬉しい事ですよね!

ヴィッツを購入する前に外観・内装・価格だけではなく、まずは試乗をしてみて乗り心地も試してみて、それぞれの良さを体感してみましょう!

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

ヴィッツの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのヴィッツ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴィッツを限界値引きで購入しています。

今月のヴィッツの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ヴィッツ値引き交渉マニュアル

-ヴィッツの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.