ヴィッツの評価集

新型ヴィッツに欠点・デメリットはあるか?ヴィッツを徹底評価!

トータルバランスの良さにより、Bセグメント・コンパクトカーの定番モデルのひとつになっている「トヨタ・ヴィッツ」の欠点といいところを、徹底的に評価します!

ボディは全車5ナンバーサイズで、パワートレインは1L/1.3Lガソリンエンジンとハイブリッドの3種類が用意されます。

また、派生モデルとして、ガズーレーシングが手掛ける1.5Lガソリンエンジン/ハイブリッドユニット搭載のホットハッチ「GR」シリーズも用意されます。

ヴィッツを評価!欠点、デメリットはあるか?

ヴィッツのエクステリアの欠点は?

ヴィッツのフロントマスク

2017年1月に実施されたマイナーチェンジでイメージが一新され、特にフロントマスクは「キーンルック」と呼ばれる押し出しの効いた意匠に変貌しました。

「ホンダ・フィット」「日産・ノート」「マツダ・デミオ」「スズキ・スイフト」といったライバルモデルと比べアクが強く、万人向けを狙ったモデルとしてはやり過ぎの感もあります。

ヴィッツのインテリアの欠点は?

インパネ回りなど

ヴィッツのインパネ

ヴィッツのドアトリムなど

メータークラスター回りなどのデザインは6年前のデビュー当初から大きな変更はなく、やや古さを感じさせます。

また、質感の面ではマイナーチェンジで改良されてはいるものの、ドアトリムなどを含め全体的にプラスチッキーな印象で、クラスレスの高級感は望めないでしょう。

ただ、ヴィッツハイブリッドの上級グレードの質感は、コンパクトカーとしては高級感のある内装となっています。

前席

ヴィッツのドライビング・ポジション

ドライビング・ポジションは、ペダルが左にオフセットしている点が気になります。

ホイールベースの短いコンパクトカーの場合やむを得ない面もあるとはいえ、デミオが理想的なペダル・レイアウトを実現しているのと比べてしまうと、欠点としてあげざるを得ません。

後席

ニースペースやヘッドルームは余裕たっぷりとはいかず、ことに一クラス上に匹敵する室内空間を持つフィットやノートと比較すると明かに見劣りがします。

パッケージングの面では、設計時点の古さが隠せません。

収納&荷室スペース

ヴィッツのリアドア

収納に関しては前席用はともかくとして、後席用はリアドアにポケット&ボトルホルダーが備わらないなど不満が残ります。

ヴィッツの荷室スペース

荷室スペースはこのクラスの平均的なものですが、一クラス上に匹敵するスペースを持つフィットやノートと比較してしまうと、狭いと言わざるを得ません。

ヴィッツのパワートレインの欠点は?

どのパワートレインも実用上の大きな欠点が無い一方で、フィーリング面で感銘を受ける部分がありません。

また、フィット、デミオ、スイフトはベーシックグレードでMTを選ぶことが可能ですが、ヴィッツの場合CVTの設定しか無いのも寂しいところです。

ヴィッツの走行性能の欠点は?

操縦安定性そのものに問題は無いものの、山道を飛ばして楽しいという類のクルマではありません。

ただし、ボディや足回りに強化が施されるGR系は話が別になりますが、こちらもパワートレインのフィーリングがスポーティーで無いことがファン・トゥ・ドライブに水を差します。

また、全車に共通する欠点として運転席からの見切りが意外と良くないので、狭い路地での取り回しや駐車の際などは車体サイズが小さい割に気を使います。

ヴィッツの装備面の欠点は?

4WD車はアイドリングストップ機構が装備されず、車両重量が2WD車よりも重いことと相まって燃費性能がJC08モードで28%も劣ってしまいます。

4WD車はただでさえ燃費の面でハンディがあるので、アイドリングストップ機構は省略しないで欲しかったところ。

ヴィッツの安全性能の欠点は?

※ヴィッツ:toyota.jp

エントリーグレードを除く全車に標準で備わる予防安全装備「トヨタ・セーフティ・センスC」は、衝突被害軽減ブレーキの「プリクラッシュセーフティシステム」と車線逸脱防止警報の「レーンディパーチャーアラート」、そしてヘッドランプのハイ/ローを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」の3つの装備しかありません。

フィットに設定される「ホンダ・センシング」は8つの装備からなり、デミオに設定される「アイ・アクティブセンス」などはオプションをフル装備すれば9つにもなることと比較すると、物足りなさは否めません。

また、プリクラッシュセーフティシステムは車両のみに有効で歩行者には対応しないなど、もはや時代遅れと言わざるを得ません。

ヴィッツのグレード体系・価格面での欠点は?

ヴィッツで売れ筋となっているハイブリッドモデルは、基本的に共通のハイブリッドユニットを搭載する「アクア」と比べやや高めの価格設定になっています。

クルマとしての出来がアクアよりも特に優れているという訳ではないので、割高感は拭えないところです。

ヴィッツを評価!いいところは?

ヴィッツのエクステリアのいいところは?

車体の小さいコンパクトカーは、大きいクルマに乗っているドライバーから舐められることがありますが、威張りの効いたフロントマスクを持つヴィッツなら、周囲のクルマからの扱いが多少なりとも良くなる可能性があります。

ヴィッツのインテリアのいいところは?

インパネ回りなど

ヴィッツのインパネ回りなど

センターメーター方式で奇抜な印象のあるアクアなどと比較すると、奇をてらわないデザインなので誰もが馴染みやすいと言えます。

ヴィッツのGR系のハンドル

また、GR系は標準系と異なりタコメーターをセンターに配置し、スポーツムードを高めている点が評価に値します。

前席

ヴィッツのフロントシート

シートの出来は特に問題は無いので、長距離ドライブでも不当に疲れることは無いでしょう。

後席

ヴィッツのリアシート

クッションが厚く、座り心地は良好です。また、アクアと比べた場合全高が高いので、乗降性に勝ります。

収納&荷室スペース

ヴィッツの買い物アシスト

ヴィッツの買い物アシスト使用時

前席の収納に関しては過不足が無い上、様々な使い方が出来る独自の「買い物アシストシート」が設定されている点が評価できます。

ヴィッツのコインポケット

また、運転席側に備わる引き出し式のコインポケットも気が利いています。(スマートエントリー&スタートシステム装着車を除く。)

ヴィッツのパワートレインのいいところは?

どのパワートレインも扱い易く、実用面では特に問題はありません。

特にハイブリッドは、トルクフルかつ静粛である上、当サイトの調査による実燃費がアクアやフィット ハイブリッドにも勝る28.9km/Lにも達する点が大きな長所となります。

ヴィッツの走行性能のいいところは?

ハンドリングは正確で、危険回避を想定して急ハンドルを切った場合も意図した通りにクルマが動いてくれます。

乗り心地も十分なフラット感があり、操縦安定性との両立も上手くいっています。

ヴィッツの装備面のいいところは?

特にヴィッツならではの優れた装備というものが無いので、プラス評価は無しとします。

ヴィッツの安全性能のいいところは?

強いてあげるなら、JNCAPの評価が「被害軽減ブレーキ」で32点満点中31点、「はみ出し警報」で8点満点中8点となっている点です。

ヴィッツのグレード体系・価格面でのいいところは?

ヴィッツ

※ヴィッツ:toyota.jp

ライバル車には設定の無い1L NAエンジン搭載車は、価格面でメリットがあります。

街乗り専用に安価なクルマが欲しいが、同じトヨタの「バッソ」は内外装デザインがファンシー過ぎてイヤだというような場合は、購入対象に入れても良いでしょう。

ヴィッツの総合評価

フロントマスクは個性が強過ぎる感がありますが、売れているのでこうしたデザインを好む人も多いということなのでしょう。

一方、インパネのデザインは無難であるものの、エクステリア・デザインとの整合性の点では疑問符が付きます。

居住性や荷室スペースなどに関しては、このクラスのごく平均的な水準にあると言えます。

パワートレインの出来を含む走行性能に関しては、ドライビング・プレジャーさえ求めなければ満足のいく水準にあります。

総合的に見ると、基本設計こそ古いもののトータルバランスは良好なので、このデザインが気に入れば買って後悔はしないコンパクトカーと言えるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


ヴィッツの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのヴィッツ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴィッツを限界値引きで購入しています。

今月のヴィッツの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ヴィッツ値引き交渉マニュアル

-ヴィッツの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.