トヨタ車モデルチェンジ推移と予想

トヨタ ヴィッツ モデルチェンジ推移2009年8月19日

トヨタニュースリリースより

-----

TOYOTA、ヴィッツの燃費を向上
-同時に、特別仕様車F“Limited II”を設定-

TOYOTAは、ヴィッツを一部改良するとともに特別仕様車F“Limited II”を設定し、全国のネッツ店を通じて、8月19日より発売した。

今回は、1.0Lエンジン(除く“インテリジェントパッケージ”装着車)、1.3Lエンジン(除く4WD)において、エンジン・トランスミッション・オルタネーターなどの制御を改良し、燃費を1.0Lエンジン搭載車で22.5km/L*1(従来型比+0.5km/L*1)、1.3Lエンジン搭載車(2WD)で20.0km/L*1(従来型比+0.4km/L*1)に向上、「平成22年度燃費基準*2+25%」を達成している。

これにより、すでに認定を取得している「平成17年基準排出ガス75%低減レベル*3」とあわせ、本年4月より施行されている「環境対応車 普及促進税制」により、自動車取得税と自動車重量税が75%(従来型は50%)減税される。

*1 10・15モード走行、国土交通省審査値
*2 省エネ法に基づき定められている燃費目標基準
*3 国土交通省の低排出ガス車認定制度

また、今回設定の特別仕様車は、「F」をベースに、外板色に特別色ローズメタリックオパール、ダークレッドマイカを含む全9色を設定したほか、専用シート表皮、ディスチャージヘッドランプ(ロービーム/オートレベリング機能付)、スマートエントリー&スタートシステムおよび盗難防止システム(エンジンイモビライザーシステム)を特別装備したうえ、インサイドドアハンドルやサイドレジスターなどにめっき加飾を施すことで上質感を高め、より魅力的な仕様としている。

あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についてもベース車と同様の改良を施している。

・価格(消費税込み)

標準車

1,076,000-1,4750,000円

特別仕様車

1,244,000-1,470,000円

トヨタ ヴィッツのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-トヨタ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.