トヨタ車モデルチェンジ推移と予想

トヨタ ヴィッツ モデルチェンジ推移2015年6月30日

更新日:

トヨタニュースリリースより

----------------------

TOYOTA、ヴィッツを一部改良

―衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を設定し、安全運転をサポート―

TOYOTAは、ヴィッツを一部改良し、全国のネッツ店を通じて6月30日に発売した。

今回の一部改良では、レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能にした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を標準装備(除く一部グレード*1)。また、先行車を検知し、信号待ちなどで先行車が発進したことに気づかず停止し続けた場合、ブザーとディスプレイ表示でドライバーに知らせる先行車発進告知機能を設定*1し、より安全運転をサポートしている。

外板色には、新色オレンジメタリックを設定。また、Jewela専用として、外板色に、新色クリームベージュ*2、アイスバーグシルバーマイカメタリック*2、内装色に、新規開発色クリスプアイボリー*2*3を設定し、多様なお客様のニーズに対応する多彩なバリエーション*4を提供している。

【Toyota Safety Sense C】
•衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS*5)レーザーレーダーと単眼カメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。仮にブレーキを踏めなかった場合でも、例えば、停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避や衝突被害の軽減を支援*6。自動ブレーキは約10~80km/hの幅広い速度域で作動
•レーンディパーチャーアラート(LDA*7)カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱の回避を支援
•オートマチックハイビーム(AHB*8)カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援

また、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良を施している。

・価格(消費税込み)

1,153,637-2,046,109円

特別仕様車

1,337,531-1,602,622円

ウェルキャブ

1,488,000-1,903,745円

TOYOTA、ヴィッツを一部改良

-トヨタ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.