ヴィッツの評価集

新型トヨタヴィッツでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

新型トヨタヴィッツでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

トヨタヴィッツは多くの人から支持されているコンパクトカーです。

使い勝手のいいサイズと居住性、燃費の良さ等から高い人気を誇っています。

ベーシックカーとして知られるヴィッツにも多数のオプションがあります。

そのオプションを詳しく紹介したいと思います。

トヨタヴィッツのおすすめメーカーオプションは?

エクステリアのおすすめメーカーオプションは?

185/60R15 タイヤ&5½Jアルミホイール(センターオーナメント付)

185/60R15 タイヤ&5½Jアルミホイール(センターオーナメント付)

デザイン性に優れたアルミホイールです。

足元がキマルと車格が上がったような印象を受けます。

余裕があるならばぜひオススメです。

フロントフォグランプ

フロントフォグランプ

雨の日や夕暮れ時、霧など視界の悪い時に、視界の向上に大いに役立ってくれ、安全運転に貢献します。

インテリアのおすすめメーカーオプションは?

ハイブリッドなら快適温熱シート(運転席)

運転席のシートを温めることができるシートヒーターです。

寒い冬の日などは車内が暖かくなるのに時間がかかるので、それまでにこの機能よって快適に過ごすことができます。

HI/LOのモード切替スイッチ付です。

オーディオ操作

オーディオ操作

ハンドル上のスイッチでオーディオの音量、チャンネル等を操作できるので、ハンドルから手を離さず便利で安全です。

安全装備のおすすめメーカーオプションは?

Toyota Safety Sense C

いまや積極的安全機能として欠かすことのできなくなったレーザーレーダー、単眼カメラを使用したセーフティーパッケージです。

レーザーレーダーは近距離を高精度で検知でき、昼夜の影響を受けにくく、単眼カメラは遠くまで検知でき、クルマだけでなく、白線や対向車のランプも認識できます。

この2種類のセンサーが合わさることによって高度な安全システムを実現しています。

プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式):先行車を認識して衝突しそうな場合にアラームで注意を促し、ブレーキをアシスト、もしくは自動ブレーキをかけて衝突を回避、もしくは被害を削減します。

レーンディパーチャーアラート:道路上の白線をセンサーで認識して、ドライバーがウインカーを使用せずに、車線を逸脱しそうになると、ブザーとディスプレイ表示の警報で知らせます。

オートマチックハイビーム:ハイビームとロービームを自動で切り替えて、夜間の歩行者発見等、安全性に貢献します。

切り替え忘れを防止するほか、手動切り替えの煩わしさからも開放されます。

これらの安全装備オプションは時代の流れもあって多くの人に選ばれています。

Bi-Beam LED(オートレベリング機能付・スモークメッキ加飾)+LEDクリアランスランプ

前述のローハイビームの切り替えを行うヘッドランプにLEDを採用して明るさとともに省電力に貢献します。

また人が多く乗ったときなど車両姿勢の変化に応じて、照射軸を一定に保つオートレベリング機能がついていて視認性を高めて安全性を高めています。

先行車発進告知機能

渋滞や信号待ちなどで先行車が出発した場合、気づかない時にはブザーとディスプレイ表示で知らせます。

コンライト(ライト自動点灯・消灯システム/ランプオートカットシステム)

周囲の明るさを認識して自動でヘッドランプ、クリアランスランプを点灯・消灯するので煩わしさから開放されます。

SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)&SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)

通常の運転席、助手席のエアバックに加えて、車の側方からの衝突の場合に胸部への衝撃を防ぐSRSサイドエアバッグ、頭部への衝撃を防ぐSRSカーテンシールドエアバッグが用意されています。

これもぜひ装備したい機能の一つです。

その他のおすすめメーカーオプションは?

スマートエントリー&スタートシステム

スマートエントリー&スタートシステム

キーを携帯しておくだけでドアの解錠、施錠ができ、雨天の日や荷物が多い時などに便利です。

エンジン始動もスイッチを押すだけでできます。

ナビレディセット

ナビを装備した場合のパッケージセットです。

バックカメラ:車庫入れなどの際に後方視界をナビ画面に表示します。

後方確認とともに、距離目安線と車幅延長線が画面に表示されるので、車庫入れがラクに行えます。

ステアリングスイッチ(オーディオ操作またはオーディオ+ハンズフリー操作):ステアリングから手を離さないで、手元でオーディオを操作することができます。

6スピーカー:フロントドア・リヤドアのスピーカー、インパネツィーターの6スピーカーを装備することにより、高品質なサウンドを楽しめます。

ちょっと待った!そのメーカーオプションは必要ないかも・・

スペアタイヤ

最近の車はスペアタイヤがオプション設定というものがほとんどです。

スペアタイヤを積むと、その分重量が増加するので燃費も悪化しますし、積んでいたとしてもタイヤ交換できる人も少なくなってきているようです。

パンク修理材で応急処置をしてあとはプロに任せるほうがいいと思います。

トヨタヴィッツのおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

レインクリアリングブルーミラー

サイドミラーに親水処理を行って、雨天時の視認性を高めます。太陽の光によって親水性が回復します。

IR(赤外線)カットフィルム(リヤサイド&バックガラス)

紫外線(UV)を約99%カット、日差しの暑さを防止する赤外線(IR)を約53%カットします。

夏の暑い日でも快適ドライブをサポートし、女性や小さな子どもには優しい機能となっています。

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

トノカバー

荷室全体を隠すので、プライバシーの保護や盗難防止にもなります。

装備したいアイテムの一つです。

プラズマクラスター搭載LEDルームランプ

室内灯にLEDを使用しているので明るく経済的です。

加えて空気をきれいにしてくれるプラズマクラスターが登載されています。

LEDバルブセット

室内灯をLEDに交換するセットで、経済的で室内をより明るく照らします。

安全装備のおすすめディーラーオプションは?

アスフェリカルミラー(助手席)

助手席側のサイドミラーの下部がアスフェリカルミラー(非球面ミラー)になるオプションです。

駐車する場合に枠の左側の視野が広がり見やすくなることで、バックの駐車がしやすくなります。

その他のおすすめディーラーオプションは?

価格を抑えるならエントリーナビ(7インチ)

トヨタのTコネクトには対応していませんが、定価で10万円を切る価格が魅力のエントリーナビです。

ブルートゥースに対応した、ハンズフリー通話やスマートフォンとの連携が可能で、ステアリングスイッチにも対応しています。

ワンセグ対応のテレビチューナーやCD再生、SD再生、ブルートゥースでスマホ内の音楽も聞くことが出来ます。

必要最低限の機能は付いているので、初期費用を抑えたいなら、エントリーナビがおススメです。

大きく見やすい9インチナビ

予算に余裕があるなら、Tコネクトにも対応した大画面の9インチナビがおススメです。

一度大画面のナビを体感すると、その見やすさから、それよりも小さい画面のナビは、見づらくなってしまいます。

ブルートゥース接続はもちろん、フルセグTVチューナーやDVD再生、サラウンド機能などもあり、満足できる使い勝手となっています。

Tコネクトナビなら、価格は上がりますがTコネクトが付かないナビよりも値引き率が良いので、値引きと合わせて損得勘定をして、検討してみると良いでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

そんな時は低走行の新古車や未使用車がおススメです。

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

ナビクル中古車なら、全国約40万台の中古車を掲載しているグーネットから無料で探してくれるので、様々なニーズに合ったお買い得な中古車が見つかるでしょう。

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を紹介してくれます。

ナビクル中古車販売はこちら

ヴィッツの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのヴィッツ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴィッツを限界値引きで購入しています。

今月のヴィッツの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ヴィッツ値引き交渉マニュアル

-ヴィッツの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.