トヨタ車の買取相場

ヴィッツ走行距離による買取額の違い

ヴィッツの走行距離による買取額の違い

ヴィッツの買取査定額を決める要因は、大きく分けて「年式」「グレード」「走行距離」となります。

ここでは走行距離によってヴィッツの買取金額がどのくらい変わってくるのか?紹介していきます。

ヴィッツを売る時の参考にどうぞ。

(※日本自動車査定協会の査定基準にそって算出しています)

ヴィッツ
※ヴィッツ 出典toyota.jp

新車から1年落ちのヴィッツ走行距離による買取金額の違い

走行距離1年落ちヴィッツ買取金額の増減
1万キロ0円
2万キロ-3万5千円
3万キロ-8万円
4万キロ-13万5千円
5万キロ-19万円
6万キロ-22万5千円
7万キロ-26万円
8万キロ-29万5千円
9万キロ-33万5千円
10万キロ-37万円

新車から1年を経過したヴィッツの走行距離による買取金額の増減です。

新車から1年落ち・1万キロの走行で、規定の査定金額からの増減はありません。1年落ち2万キロでは3万5千円がマイナスされます。

新車から2年落ちのヴィッツ走行距離による買取金額の違い

走行距離2年落ちヴィッツ買取金額の増減
1万キロ+3万5千円
2万キロ0円
3万キロ-2万5千円
4万キロ-7万円
5万キロ-12万5千円
6万キロ-18万円
7万キロ-21万5千円
8万キロ-25万円
9万キロ-29万円
10万キロ-32万5千円

新車から2年を経過したヴィッツの走行距離による買取金額の増減です。

2年1万キロ走行で3万5千円のプラス査定です。2年5万キロでは10万円以上のマイナス査定になってしまいます。

新車から3年落ちのヴィッツ走行距離による買取金額の違い

走行距離3年落ちヴィッツ買取金額の増減
1万キロ+6万円
2万キロ+2万5千円
3万キロ0
4万キロ-2万円
5万キロ-6万5千円
6万キロ-10万5千円
7万キロ-14万円
8万キロ-17万5千円
9万キロ-21万円
10万キロ-24万円

新車から3年経ったヴィッツの走行距離による買取金額の増減です。

新車から3年3万キロではプラスマイナスゼロ査定です。3年1万キロで6万円の増額、3年7万キロだと14万円の減額となります。

新車から4年落ちのヴィッツ走行距離による買取金額の違い

走行距離4年落ちヴィッツ買取金額の増減
1万キロ+8万円
2万キロ+5万円
3万キロ+1万5千円
4万キロ0
5万キロ-2万5千円
6万キロ-6万5千円
7万キロ-10万円
8万キロ-13万円
9万キロ-16万円
10万キロ-18万5千円

新車から4年経ったヴィッツの走行距離による買取査定額の増減です。

4年落ち8万キロ走行では、13万円のマイナス査定です。4年落ち4万キロならプラマイゼロ査定、4年3万キロなら1万5千円のプラス査定ですね。

新車から5年落ちのヴィッツ走行距離による買取金額の違い

走行距離5年落ちヴィッツ買取金額の増減
1万キロ+8万5千円
2万キロ+6万円
3万キロ+3万円
4万キロ0
5万キロ0
6万キロ-4万円
7万キロ-7万円
8万キロ-10万5千円
9万キロ-13万円
10万キロ-15万円

新車から5年経ったヴィッツの走行距離による買取金額の増減です。

5年落ち4万~5万キロ走行で基準の査定から増減金額はありません。5年10万キロでは15万円のマイナス査定になります。

新車から6年落ちのヴィッツ走行距離による買取金額の違い

走行距離6年落ちヴィッツ買取金額の増減
1万キロ+8万5千円
2万キロ+7万円
3万キロ+3万5千円
4万キロ0
5万キロ0
6万キロ-2万円
7万キロ-4万5千円
8万キロ-7万円
9万キロ-9万円
10万キロ-11万円

新車から6年経ったヴィッツの走行距離による買取金額の増減です。

6年落ち6万キロ走行ではプラスマイナスゼロ査定ではなく、2万円のマイナス査定になります。年間1万キロ平均でプラスマイナスゼロ査定は5年落ちまでで、6年を過ぎると年間1万キロ平均ではマイナス査定になってしまいますね。

新車から7年落ちのヴィッツ走行距離による買取金額の違い

走行距離7年落ちヴィッツ買取金額の増減
1万キロ+7万円
2万キロ+7万円
3万キロ+4万5千円
4万キロ+1万円
5万キロ0円
6万キロ-1万円
7万キロ-3万円
8万キロ-5万5千円
9万キロ-7万円
10万キロ-9万円

新車から7年落ちのヴィッツの走行距離による買取金額の増減です。

7年5万キロ走行でプラマイゼロ査定です。7年9万キロになると7万円のマイナス査定、プラス査定になるには5万キロ以下の走行距離が条件になります。

新車から8年落ちのヴィッツ走行距離による買取金額の違い

走行距離8年落ちヴィッツ買取金額の増減
1万キロ+6万円
2万キロ+6万円
3万キロ+5万円
4万キロ+2万5千円
5万キロ0円
6万キロ0円
7万キロ-2万円
8万キロ-4万5千円
9万キロ-6万円
10万キロ-7万5千円

新車から8年乗ったヴィッツの走行距離による買取金額の増減です。

8年落ち8万キロでは4万5千円のマイナス査定、8年3万キロなら5万円のプラス査定になります。

新車から9年落ちのヴィッツ走行距離による買取金額の違い

走行距離9年落ちヴィッツ買取金額の増減
1万キロ+5万5千円
2万キロ+5万5千円
3万キロ+5万5千円
4万キロ+3万5千円
5万キロ0円
6万キロ0円
7万キロ-2万円
8万キロ-2万5千円
9万キロ-4万円
10万キロ-5万5千円

新車から9年落ちのヴィッツの走行距離による買取金額の増減です。

9年5~6万キロの走行で基準の査定金額に対して増減はありません。9年3万キロなら5万5千円のプラス査定になります。

新車から10年落ちのヴィッツ走行距離による買取金額の違い

走行距離10年落ちヴィッツ買取金額の増減
1万キロ+5万5千円
2万キロ+5万5千円
3万キロ+5万5千円
4万キロ+3万5千円
5万キロ+1万円
6万キロ0円
7万キロ0円
8万キロ-1万5千円
9万キロ-3万円
10万キロ-5万円

新車から10年経ったヴィッツの走行距離による買取金額の増減です。

10年落ち10万キロでは、5万円のマイナス査定です。10年7万キロでプラスマイナスゼロ査定、10年5万キロでは1万円のプラス査定です。

新車から10年以上のヴィッツ走行距離による買取金額の違い

走行距離10年超えヴィッツ買取金額の増減
1万キロ+5万5千円
2万キロ+5万5千円
3万キロ+5万5千円
4万キロ+3万5千円
5万キロ+1万円
6万キロ0円
7万キロ0円
8万キロ-1万円
9万キロ-3万円
10万キロ-4万5千円

新車から10年以上経ったヴィッツの走行距離による買取金額の増減です。

10年以上経過したヴィッツの走行距離が8万キロだと1万円のマイナス査定です。基準のプラマイゼロ査定は6万~7万キロの走行距離が条件になります。

ヴィッツは海外での需要がある車なので、年式が古くなっても買取金額が付く車です。

特に年式が新車から5年以内で走行距離が10万キロを超えているような車両は、海外へ輸出した方が高く売れるので、輸出相場で取引され、過走行とは思えない高い買取金額が付く事があります。

走行距離が10万キロや15万キロ以上走っていても、廃車にしないで買取店の査定を受けてみましょう。

ヴィッツを本当に高く売るなら、当サイトのヴィッツ高価買取りマニュアルをご覧ください。初心者でもかんたんに買取店の買取相場の上限でヴィッツを売る管理人のノウハウを紹介しています。

-トヨタ車の買取相場
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.