ヴィッツの評価集

ヴィッツは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

アイキャッチ画像

ヴィッツの購入を検討されている方は、コンパクトカーなので運転がしやすいに違いない、と考えているかもしれません。

しかし、意外と見切りが悪く、ボディが小さい割には運転が難しいという評価も見掛けます。

そこで、実際にヴィッツは運転しやすいのか難しいのかを検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。

ヴィッツの大きさは?ボディサイズをチェック

まず初めに、ヴィッツの売れ筋グレード「1.3F」(2WD)のボディサイズをチェックしてみましょう。

【ヴィッツ 1.3F】
全長 3,945mm
全幅 1,695mm
全高 1,500mm

全幅が1.7m以下に収まる5ナンバーサイズで、全長も4mを切っているため、狭い駐車場や裏道などでも扱いやすい大きさと言えます。

軽自動車からの乗り換えにも無理のないサイズなので、ここで軽ハッチバック車「アルト」と大きさを比較してみましょう。

スズキ アルト

※アルト 出典suzuki.co.jp

【アルト L】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,475mm

ヴィッツはアルトと比較すると全長が50cm以上長く、全幅も20cm以上広いので、乗り換えた直後は大きく感じるかもしれません。

しかし、持て余してしまうほど大きいとは感じないはずですし、アイポイントの高さに大きな違いはないので、すぐに慣れてしまうでしょう。

ヴィッツの小回りは効くか?ヴィッツの最小回転半径

次に、ヴィッツの小回り性を検証してみましょう。

ヴィッツ 1.3Fの最小回転半径4.7mは同クラスのアクアよりも10cm小さく、コンパクトカーの中でも小回りが効く車種です。

しかし、アルトとの比較となると50cmも大きいので、アルトでは切り返しなしで駐車できた場所で切り返しが必要になるケースもあり得ます。

そうした煩わしさを少しでも軽減したいなら、ホイールサイズにより最小回転半径が4.5mに縮小されるグレード(1.0Fなど)を選ぶと良いでしょう。

一方、スポーティグレードの「U スポーティパッケージ」を選ぶと、ホイール外径が大きくなり最小回転半径が5.6mに拡大するので、多少小回りが犠牲になるので注意が必要です。

ヴィッツは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

ヴィッツの車両感覚&運転感覚

ヴィッツのフロントの見切りはあまり良くない

ヴィッツのフロントの見切りは?

ヴィッツはボンネットがスラントしているので、運転席からボンネットの先端が全く見えません。

また、Aピラーがかなり傾斜しているため、運転席からボンネット先端までの距離が結構あます。

そのため慣れないうちは、駐車やUターンで切り返す時に鼻先を壁などにギリギリまで寄せるのは困難です。

しかし、サイズ自体が小さい車なのですぐに慣れるとは思いますが、それまでは無理はしない方が良いでしょう。

また、斜め前方の視界という点では、太く傾斜の強いAピラーが死角を生み出しています。

そのため、歩行者の多い交差点で右左折する時は、頭を左右に振るなどして歩行者の発見に努めることが必要です。

一方で、視界の拡大に有効な三角窓が設けられていたり、ドアミラーの取付位置が三角窓と被らないよう工夫されているなどの美点も持っています。

ヴィッツの斜め前方の見切りは、総合的にみればコンパクトカーの平均レベルと言えるでしょう。

ヴィッツの車幅の感覚は掴みやすい?

運転席からボンネットの先端が見えると、それが車幅を掴む目安になり、狭い道路での取り回しが容易になります。

しかし、ボンネットの先端が見えないヴィッツは車幅が掴みにくいため、慣れるまでは5ナンバー車として運転に神経を使う方です。

ただ、左右のAピラーが同時に視野に入り、それを車幅感覚の目安にできるので、取り回しが特別に困難というほどではありません。

ヴィッツの後方視界はあまり良くない

ヴィッツの後方視界

ヴィッツのリアウィンドウは、5ナンバーのコンパクトカーとして平均的な大きさです。

そのため、後方視界は可もなく不可もない平均的な水準になっています。

ただ、リアシートのヘッドレストの位置を高くすると左右の視野が塞がれてしまい、後方の安全確認がしづらくなるのが欠点です。

また、斜め後方視界という点では、Cピラー(リアクォーターピラー)が太い上、リアドアウィンドウが後方にいくほど天地が狭くなるデザインなので、死角が多くなっています。

そのため、バックする際は死角に歩行者や障害物が隠れていないかどうかに、十分注意することが必要です。

ヴィッツの駐車にはコツがある?

先ほど解説したように、ヴィッツは後方及び斜め後方視界にやや難があるので、バックで駐車する時は十分な安全確認が必要です。

特に縦列駐車をする場合は、フロントバンパー左コーナー部をほかの車にぶつけてしまう可能性もあるので、後方だけでなく前方にも注意を払うことが求められます。

とはいえ、ボディがコンパクトなことやボディ後端部の位置が掴みやすいこと、小回りが十分効くなどのメリットもあります。

慣れれば手の内に入る大きさなので、他の5ナンバーセダンや3ナンバー車などと比べれば駐車は容易です。

ヴィッツの運転で役立つアイテム

インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)

インテリジェントクリアランスソナー

※ヴィッツ 出典toyota.jp

ヴィッツは、5ナンバーサイズのコンパクトカーの割に駐車がやりづらいのが欠点ですが、その欠点をカバーするアイテムがあります。

それは、メーカーオプションの「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」です。

15km/h以下での前進または後退時、前後に合計8か所取り付けられたセンサーが壁やガラスなどの障害物を検知すると、エンジン/ハイブリッドシステムの出力抑制や自動ブレーキ制御を行う装備になります。

障害物との距離を見誤ってぶつけてしまう事故を防止できるだけでなく、最近問題になっているペダルの踏み間違いによる暴走事故も防止できる優れモノです。

価格も28,080円と比較的安いので、装着を強くお勧めします。

コーナーセンサー(ボイス4センサー)

先ほど紹介したインテリジェントクリアランスソナーは、一部のグレード(F スマートストップパッケージ/F Mパッケージ)にはオプション設定がありません。

しかし、その代用になるアイテムとして、ディーラーオプションの「コーナーセンサー(ボイス4センサー)」があるので心配は無用です。

ヴィッツのコーナーセンサー

※ヴィッツ 出典toyota.jp

このアイテムは、前後バンパーに2箇所ずつ取り付けられた超音波センサーが障害物を検知すると、音声と表示ランプ、アラーム音でお知らせする装備になります。

ただし、こちらには自動ブレーキ機能などは備わらないので、障害物の接近を知らされたら自分でブレーキを掛けることが必要です。

価格は50,760円で、インテリジェントクリアランスソナーよりも高価になってしまいますが、そこをしのんで付けておいた方が良いでしょう。

アスフェリカルミラー

ヴィッツのアスフェリカルミラー

※ヴィッツ 出典toyota.jp

助手席側ドアミラーの鏡面下部に、非球面ミラーを採用したディーラーオプションです。

標準のドアミラーよりも視野角が下方向に拡大されるので、背の低い障害物が発見しやすくなります。

インテリジェントクリアランスソナーやコーナーセンサーと併せて装着すれば、駐車対策は万全と言えるでしょう。

価格も9,504円とお手頃なので、広くお勧めできます。

バックガイドモニター

ヴィッツのバックガイドモニター

※ヴィッツ 出典toyota.jp

ナビを付けるなら必需品とも言えるバックモニターです。

純正オプションのバックガイドモニターなら、バックギヤに入れるとナビ画面に後方視界が表示され、障害物や歩行者等の安全確認が行えます。

また、駐車の際にはガイドラインが表示され、ラインが駐車位置を誘導する目安になるので、車庫入れが苦手な方には重宝する装備です。

ヴィッツの運転のしやすさまとめ

ヴィッツはフロントの見切りや後方視界があまり良くないので、コンパクトカーの割には運転が難しい方です。

特に軽自動車から乗り換えた場合は、ボディが大きくなることも相まって、最初のうちは運転しづらいと感じるかもしれません。

とはいえ、日本の道路事情にマッチした5ナンバー車なので、慣れれば女性の方でも問題なく乗りこなせるでしょう。

また、駐車のしずらさに関しても、ここで紹介したアイテムを装着すればかなり解消できるので、必要以上に心配することはありません。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

ヴィッツの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのヴィッツ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴィッツを限界値引きで購入しています。

今月のヴィッツの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ヴィッツ値引き交渉マニュアル

-ヴィッツの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.