ヴォクシーの評価集

ヴォクシーは7人乗り?8人乗り?どちらを選ぶか違いやデメリットを徹底検証!

今回は、トヨタの5ナンバーミニバンとして人気のあるヴォクシーの7人乗り仕様と8人乗り仕様をそれぞれ比較し、その魅力を紹介します。

ノアの兄弟車として誕生し、シンプルなノアとは対照的なイメージを持つヴォクシーは、煌びやかで上質感あるスタイリングと家族全員が快適に過ごせる車内スペースが特徴的です。

7人乗り及び8人乗りのメリット・デメリットの紹介や、家族構成に合わせたおすすめの乗車人員も紹介します。

ヴォクシーの7人乗りのシートアレンジ

スーパーリラックスモード

ヴォクシーの7人乗りのシートアレンジ・スーパーリラックスモード

toyota.jp/voxy/

3列目シートをはね上げて、2列目シートを目いっぱい後ろにスライドさせることで、のびのびとくつろげるおもてなしスペースをつくり出すことができます。

あまりに快適すぎて、2列目シートの取り合いにならないよう注意です(笑)

フリーアクセスモード

ヴォクシーの7人乗りのシートアレンジ・フリーアクセスモード

toyota.jp/voxy/

2列目シートを左右とも中央へスライドさせることで、ドアから直接3列目シートへ乗り込むことが可能となります。

2列目シートを動かさなくてもいいので、既に乗員や荷物がある場合に楽ですね。

だんらんモード

ヴォクシーの7人乗りのシートアレンジ・だんらんモード

toyota.jp/voxy/

2列目シートを目一杯前へスライドさせることで、1列目+2列目シートの距離が縮まり、家族の会話も弾みます。

ひろびろ乗るのも快適ですが、こうした親密な空間も楽しいものです。

後席トライアングルモード

ヴォクシーの7人乗りのシートアレンジ・後席トライアングルモード

toyota.jp/voxy/

2列目シートをスライド調整することで三角形(トライアングル)を作り、前後の乗員どちらとも程よい間隔を保ちます。

お母さんが子供2人の世話をする場合などに役立つでしょう。

前席ベビーケアモード

ヴォクシーの7人乗りのシートアレンジ・前席ベビーケアモード

toyota.jp/voxy/

助手席と2列目シートを目いっぱい前にスライド、2列目シートにチャイルドシートを固定することで、運転席から赤ちゃんの世話が可能です。

子育てユーザーがマンツーマンで子供を乗せて運転する時に重宝します。

フロントフラットソファモード

ヴォクシーの7人乗りのシートアレンジ・フロントフラットソファモード

toyota.jp/voxy/

休憩や車中泊などの時に、1列目+2列目シートを最大限に倒してフラットなスペースをつくり出しています。

大人2人がのびのび寝られて、ちょっと窮屈ですがプラス1名収容できる感じです。

ラゲージモード

ヴォクシーの7人乗りのシートアレンジ・ラゲージモード

toyota.jp/voxy/

3列目シートをはね上げて、ラゲージスペースを拡大しています。

積載量は、4人旅行で4~5泊くらいの荷物+お土産が積めるイメージです。

ビッグラゲージモード

ヴォクシーの7人乗りのシートアレンジ・ビッグラゲージモード

toyota.jp/voxy/

2列目シートを最大限に前へスライドさせることでラゲージスペースを拡大。

画像のように自転車くらいは積み込めるようになるため、より使い勝手が向上します。

リヤフラットソファモード

ヴォクシーの7人乗りのシートアレンジ・リヤフラットソファモード

toyota.jp/voxy/

2列目と3列目シートをフラットに倒して、後席乗員の休憩スペースを確保できます。

ロングドライブで疲れてしまった子供たちを寝かせておいて、次の目的に向かう時などに重宝するでしょう。

ヴォクシーの8人乗りのシートアレンジ

フロントフラットソファモード

ヴォクシーの8人乗りのシートアレンジ・フロントフラットソファモード

toyota.jp/voxy/

基本的に7人乗りの同モードと変わりませんが、2列目シートがつながっているため、枕元にゆとりが感じられます。

小さな違いですが、意外とその影響は大きいものです。

ラゲージモード

ヴォクシーの8人乗りのシートアレンジ・ラゲージモード

toyota.jp/voxy/

こちらも7人乗りと同様ですが、乗車定員が1名増えたことで行動計画にポテンシャルが生まれます。

もちろん、4人でゆったりと乗るスタイルも快適です。

ビッグラゲージモード

ヴォクシーの8人乗りのシートアレンジ・ビッグラゲージモード

toyota.jp/voxy/

8人乗りの2列目シートは座面がチップアップできるので、前スライド幅が7人乗りより大きく、より容量がふやせます。

リヤフラットソファモード

ヴォクシーの8人乗りのシートアレンジ・リヤフラットソファモード

toyota.jp/voxy/

こちらも7人乗りと同じですが、2列目シートの隙間がない分だけフラットな休み心地が提供され、よりリラックスできるでしょう。

ヴォクシーの7人乗りの小物入れ・収納スペース

折りたたみ式サイドテーブル

ヴォクシーの折りたたみ式サイドテーブル

toyota.jp/voxy/

ヴォクシーの7人乗りには、2列目シート同士の隙間を埋めるようにサイドテーブルを出すことが出来ます。

カップホルダーが2個ついており、使わない時は折りたたんで格納しておけるので便利です。

ヴォクシーの8人乗りの小物入れ・収納スペース

格納式センターボックス

ヴォクシーの格納式センターボックス

toyota.jp/voxy/

ヴォクシーの8人乗りは2列目シートの中央背面に出し入れ可能なセンターボックスが装備されており、7人以下での乗車時に活用できます。

ドリンクホルダー2個にティッシュボックスが入るオープンボックス、そして買い物袋をさげられるコンビニフックが用意されています。

ヴォクシーの7人乗りのメリット・満足点は?

2列目シートを個別で移動できる「キャプテンシート」機構付き

ヴォクシーの2列目シートを個別で移動できる「キャプテンシート」機構付き

ヴォクシーの7人乗り仕様は、2列目の座席が個別になっている「キャプテンシート」になります。

その特徴は2列目の座席を個別に前後左右に移動できる点です。

「キャプテンシート」にはロングスライド機構も内蔵

toyota.jp/voxy/

さらに「キャプテンシート」にはロングスライド機構も内蔵されており、3列目シートを折り畳んでから後方にスライド移動すれば、最大810mmもの広々とした足元空間を実現できます。

またこれらの操作も、レバーひとつで簡単に移動できるので非常に便利な機構です。

ウォークスルーで楽々3列目へアクセス可能

ヴォクシーの便利なウォークスルー機能

toyota.jp/voxy/

今回紹介している2014年に登場した3代目ヴォクシーでは、新たにボディ骨格を一新した低床フラットフロアを採用し、全高を25mm低くし乗り降りのしやすさを実現しました。

そして同時に室内高が60mm高くなり広い室内空間を両立させました。

また車内においても、運転席と助手席の間にあった段差や機器類をなくして、前席から3列目までが楽々通り抜けられるウォークスルー仕様になっています。

乗り降りのしやすさだけでなく、各シート間への移動も楽にできる仕様になっています。

ヴォクシーの8人乗りのメリット・満足点は?

「チップアップシート」機能で広々とした空間が登場

自転車も積める「チップアップシート」機能

toyota.jp/voxy/

8人乗り仕様のヴォクシーは、2列目シートに6:4分割式チップアップシートを採用しています。

580mmのロングスライドを実現し、8人乗りとは思えぬほどの解放感ある車内空間を実現しました。

サードシートを折りたためば、後方に大容量のラゲッジスペースが出現します。

2列目シート折り畳み

また2列目シートだけを前方へ折りたたみスライドすれば、サードシートへの乗降を手助けする機構も備わっています。

ラゲッジスペースが限られた3列シート車だからこそ工夫された、窮屈さや閉塞感とは一切無縁のシートアレンジが自慢です。

7人乗りに比べて「安い金額」とニーズに合った「人気車種」

8人乗りは7人乗りと比べて2列目シートがシンプルに作られているため、車両価格は8人乗りの方が安くなっています。

ミニバンを求めるニーズの大半は、大人数を乗せられる面と大容量のラゲッジスペースを重視しています。

このニーズが8人乗り仕様のヴォクシーではちょうど良いパッケージとなっており、8人乗りも人気となっています。

ヴォクシーの7人乗りの欠点・デメリットは?

車両本体価格は7人乗りの方が「割高」

7人乗り仕様のヴォクシーは、8人乗りのものと比べて割高になります。

その理由として、7人乗り仕様に設定されている「キャプテンシート」や「ウォークスルー」の機構が複雑な構造となっているためです。

車両本体価格で具体例を上げると、一番下位グレードの「X」で比べると、8人乗りは2,466,720円になるのに対し、7人乗りは2,496,960円となっています。

快適性と利便性のある7人乗りか、費用面と乗員人数に優れた8人乗りのどちらが良いか、慎重に選びましょう。

ハイブリッド仕様車はウォークスルーが出来ない

toyota.jp/voxy/

ヴォクシーハイブリッドは、1.8Lエンジンとモーターを掛け合わせたトヨタ独自のハイブリッド技術により、低燃費化と静粛性を実現しました。

しかしこのハイブリッド仕様車に、先述した「ウォークスルー」は備えられていません。

というのも、ハイブリッド機構を搭載する関係上、ウォークスルーのスペースが取れません。

ヴォクシーの充電用USB端子2個を備えたコンソールボックス

ヴォクシーの充電用USB端子2個を備えたコンソールボックス

しかしウォークスルーを廃止するかわりに、運転席と助手席の間に収納スペースを備え、充電用USB端子2個を備えたコンソールボックスが装備されます。

ガソリン仕様車にのみウォークスルーが可能ですが、グレードを選択の際には注意が必要です。

ヴォクシーの8人乗りの欠点・デメリットは?

「8人乗り・ハイブリッド仕様」の設定なし

ヴォクシーハイブリッドは、ボディサイズが大きいながらも燃費が23.8km/Lという低燃費を実現しました。

しかしながら構造上非常に複雑で、床下にバッテリーを積載する設計の関係上、ハイブリッド仕様車は「7人乗り」のみの設定で、「8人乗り・ハイブリッド仕様」は用意されていません。

些細な部分ですが、7人乗りか8人乗りのどちらかを選ぶうえで非常に大事なポイントとなるでしょう。

シートアレンジの乏しさと2列目シートのホールド感のなさ

ヴォクシーの8人乗りのシート

toyota.jp/voxy/

ヴォクシーの8人乗り仕様には、2列目及び3列目シートにそれぞれ3人乗せられるシートを用意しています。

そして2列目シートと3列目シートをそれぞれ組み合わせて使えるシートアレンジ機能も備えています。

しかしながら、2列目シートが座面一体型のベンチシートとなっているため、シートアレンジのパターンが7人乗り仕様車と比べて非常に少ないです。

また座面一体型の2列目シートの特徴として、折り畳んだ時の省スペース性を重視した設計と、並んで3人が座れるため、どうしてもカーブで体を支えるような、サポート性が落ちてしまいます。

7人乗り仕様のようなホールド感のある包み込まれる座り心地を求めるのであれば、7人乗り仕様がよさそうです。

ヴォクシーの7人乗り・8人乗りの販売比率は?

ヴォクシーの7人乗りと8人乗りは、どっちがより多く売れているのでしょうか?

当サイト(クルマを買う!)の独自調査では、それぞれの流通台数と販売比率は以下の結果となりました。

  • ヴォクシー 7人乗り 2,920台 51.9%
  • ヴォクシー 8人乗り 2,704台 48.1%

7人乗りの方がやや優勢ですが、大家族や子供の友達も乗せることを考えると、1人でも多く乗せられる8人乗りも需要が高く、競り合っている印象です。

ヴォクシーの家族構成別のおススメ乗車人員数は?

乳幼児がいる3~4人家族

比較的少人数のこの家族構成の場合、7人乗りの方をおススメします。

7人乗りのヴォクシーでは豊富なシートアレンジがあります。

ヴォクシーの7人乗りシート

toyota.jp/voxy/

その中に「前席ベビーケアモード」というものがあり、チャイルドシートを装着した2列目シートを前席まで寄せることで、手の届く範囲で子供の面倒を見る事が出来ます。

下の子が小学生以上の3~4人家族

ヴォクシーの7人乗りシート

toyota.jp/voxy/

小学生以上となると、子供がある程度育った年頃になります。

するとパーソナルスペースを求める傾向があるので、独立したキャプテンシートを持つ7人乗り仕様が良いでしょう。

8人乗り仕様でもセンターアームレストによって隔てることも可能ですが、座り心地や後席の快適性を考慮すると、7人乗り仕様を選んだ方が無難と考えられます。

子供と祖父母が居る5~6人家族

こちらの場合ですと、判断基準が非常に難しくなるため慎重に選んだ方がよさそうです。

乗車している人たち全員が、不自由なく快適でのびのびと過ごせる車内空間を望むのであれば、7人乗りをおススメします。

もし、より多くの人たちを乗せたり荷物等を積み下ろす機会が多いほか、費用面においてあまり負担をかけたくないという方には、8人乗りの方をおススメします。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ヴォクシーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイト(クルマを買う!)のヴォクシー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴォクシーを限界値引きで購入しています。

今月のヴォクシーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ヴォクシー値引き交渉マニュアル

 

-ヴォクシーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.