ヴォクシーの評価集

ヴォクシーは運転しやすい?大きさ、車庫入れをチェック!

ヴォクシーは運転しやすい?大きさ、車庫入れをチェック!

5ナンバーサイズでありながら、高さがあってスクエアなボディ形状のため、大きく見えるヴォクシー

特にコンパクトカーからヴォクシーに乗り換える人は、運転しやすいか不安な部分もあるのではないでしょうか?

実際にヴォクシーは運転しやすいのかどうか、他車との大きさの比較から、ヴォクシーの車庫入れまで実践してきました。

試乗車
ヴォクシー 2.0 X 8人乗り

ヴォクシーのボディサイズは他車と比較してどうか?

ヴォクシーのボディサイズ

ヴォクシーのボディサイズ(カッコ内はZS)
全長 4,695㎜ (4710)
全幅 1,695㎜ (1730)
全高 1,825㎜ (1825)

ヴォクシーZSやZS煌シリーズは、エアロが装着されている分、5ナンバー枠よりも大きくなりますが、基本のボディ形状は5ナンバーサイズとなっています。

コンパクトカーのアクアと比較するとどうでしょうか。

アクア Sのボディサイズ

アクア Sのボディサイズ(カッコ内はヴォクシーとの寸法差)
全長 3995㎜(-700㎜)
全幅 1695㎜(±0)
全高 1445㎜(-380㎜)

コンパクトカーのアクアと比較すると、全長で70㎝短く、幅はヴォクシーと同じ、高さは38㎝低くなっています。

さすがにボディサイズの差は歴然で、ヴォクシーと比べるとコンパクトなので取り回しが楽だろうと言う事が想像できます。

ではLクラスミニバンのアルファードと比較してみましょう。

アルファード2.5S Cパッケージ

アルファード2.5S Cパッケージ
全長 4935㎜(+240㎜)
全幅 1850㎜(+155㎜)
全高 1880㎜(+55㎜)

アルファードと比較すると、ヴォクシーが小さく見えますね。特に幅が15.5㎝広いと、乗っていても大きさを意識してしまいます。

ヴォクシーの車両感覚はつかみやすい?

コンパクトカーより大きく、アルファードよりは小さいヴォクシーの運転は、しやすいかどうか検証しました。

まず運転席に座ってみると、車内から見る横幅は外から見るほど大きいイメージはありません。やはり5ナンバー枠に収まっているので、アルファードのように「デカイな・・」と言う印象はありませんでした。

ヴォクシーはスクエアなボディ形状なので、車両感覚が掴みやすいです。ドア形状がSUVのようにラウンドしている訳でもなく、上から下にストンと落ちているので、運転席から見たままの横幅で感覚をつかめるでしょう。

スクエアなボディ形状なので、車両感覚が掴みやすい

フロントの見切りは良いヴォクシー

フロントの見切りは良い

アルファードやヴェルファイアは、ボンネットの先端付近が見えないので、前方の車両感覚は掴みにくく、しばらく乗って慣れるかクリアランスソナーが頼りです。

しかしヴォクシーはボンネットの先端付近まで運転席から見えるので、前方の車両感覚が掴みやすくなっています。

さらにボンネット左端が盛り上がっているデザインなので、それを目印にすれば左前方の車両感覚がつかみやすいでしょう。

ボンネットの赤丸の部分が盛り上がっているので、運転席から良い目印となります。

画像だと分かり難いですが、ボンネットの赤丸の部分が盛り上がっているので、運転席から良い目印となります。

狭い道でのすれ違いもOK

狭い道でのすれ違いも不安なく行えます

ヴォクシーは車両感覚がつかみやすいので、狭い道でのすれ違いも不安なく行えます。

確かに狭い道でのすれ違いは、神経を使いますが、前方の見切りの良さに加えて左前のボンネットの膨らみ、ドアミラーまでの距離、などを確認しながら運転すれば、それほど難しくありません。

どうしても不安な時は、出来るだけ左側に寄って止まった状態で、対向車をやり過ごしましょう。狭い道の中でもなるべく幅が広い箇所で左に寄せれば、対向車もすれ違いやすくなります。

ヴォクシーの車庫入れは?

ナビのバックカメラを併用すれば、後方の確認は問題無い

ヴォクシーは外から見るとボディが長く見えて、一見車庫入れが難しいのでは?と思いますが、実はセダン形状の車よりも車庫入れはし易いと思います。

セダン形状だと、目視してもリアバンパーまでの距離が見えないので分かり難いですが、ミニバンのヴォクシーなら、リアガラスの位置がほぼ最後部の位置なので、リアバンパーの膨らみを頭に入れておけば、後方の車両感覚が掴みやすくなっています。

後方の確認は問題無い

さらに今時はナビを付ければ、バックカメラも付けるのがほとんどなので、ナビのバックカメラを併用すれば、後方の確認は問題無いでしょう。

ルームミラーや左右のドアミラーも鏡面積が広くて見やすく、車体のサイド部分の確認もバッチリです。

左右のドアミラー

ルームミラー

車体のサイド部分の確認もバッチリ

ヴォクシーの左後方の視界は、2列目のガラス面積が大きいので、目視しやすくなっています。

後部座席に人が乗っていなければ、画像のように視界が開けて、安全確認に問題はありません。

ヴォクシーは基本5ナンバーサイズなので、日本の道路に合った寸法と言えます。

狭い道でのすれ違いや車庫入れ等、女性でも問題なく出来ると思いますよ!

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


ヴォクシーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのヴォクシー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴォクシーを限界値引きで購入しています。

今月のヴォクシーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ヴォクシー値引き交渉マニュアル

-ヴォクシーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.