スズキ車モデルチェンジ推移と予想

スズキ ワゴンR モデルチェンジ推移2022年8月2日

スズキニュースリリースより

----------------------

スズキ、軽乗用車「ワゴンR」、「ワゴンR スティングレー」を
一部仕様変更し、新たに「ワゴンR カスタムZ」を設定して発売

スズキ株式会社は、軽乗用車「ワゴンR」、「ワゴンR スティングレー」、福祉車両ウィズシリーズ「ワゴンR 昇降シート車」を一部仕様変更するとともに、新たに「ワゴンR カスタムZ」、「ワゴンR カスタムZ 昇降シート車」を設定し、8月30日より発売します。

今回の一部仕様変更では、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートを全車に標準装備したほか、フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)、及び車線逸脱抑制機能を一部のグレードを除いて※1標準装備し、安全機能を充実させました。
また、コネクテッドサービス「スズキコネクト」に対応したほか、全方位モニター付ディスプレイオーディオを一部のグレードを除いて※1メーカーオプションとして設定しました。

新たに設定した「ワゴンR カスタムZ」は、エクステリアには専用意匠のヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパーを採用し、精悍なデザインに仕上げました。インテリアにはブラックを基調とした内装を採用し、力強さと上質さを表現しています。また、アップグレードパッケージやターボ仕様の設定など、充実した装備としました。

「ワゴンR」、「ワゴンR スティングレー」、「ワゴンR カスタムZ」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」※2、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS2)認定車」※3、「ペダル踏み間違い急発進抑制装置(PMPD)認定車」※3に該当します。

主な「ワゴンR」、「ワゴンR スティングレー」の一部仕様変更車の変更点、「ワゴンR カスタムZ」の特長

安全装備
夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートを全車に標準装備しました。
フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ、アダプティブクルーズコントロール(ACC)[全車速追従機能付]、車線逸脱抑制機能を一部のグレードを除いて*標準装備としました。
*ワゴンR FX、ワゴンR 昇降シート車、ワゴンR カスタムZ 昇降シート車を除く

装備の充実
「スズキコネクト」対応の全方位モニター付ディスプレイオーディオをメーカーオプションとして一部のグレードを除いて*設定しました。
*ワゴンR FX、ワゴンR 昇降シート車、ワゴンR カスタムZ 昇降シート車を除く
オートエアコン、キーレスプッシュスタートシステム、運転席シートヒーターを全車に標準装備しました。また、USB電源ソケット[Type-A/Type-C]も一部のグレードを除いて*標準装備としました。
*ワゴンR FXを除く

デザイン
「ワゴンR」
フロントグリル、フロントバンパーの意匠を変更しました。
「ワゴンR カスタムZ」
エクステリアにはワゴンR カスタムZ専用意匠のヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパーを採用しました。インテリアはブラックを基調としつつ、インパネカラーパネルやフロントドアアームレストに専用のブラウンメタリックの加飾を施すなど、質感を高めた内装に変更しました。

車体色
ワゴンRは新色のフォギーブルーパールメタリック、新設定のテラコッタピンクメタリック、ダスクブルーメタリックなどを採用し、全10色のラインアップとしました。

ワゴンR スティングレー、ワゴンR カスタムZにデニムブルーメタリックを新設定し、ワゴンR スティングレーは全6色、ワゴンR カスタムZは全8色のラインアップとしました。

目標販売台数(月間) ワゴンRシリーズ 合計6,500台

・価格(消費税込み)

ワゴンR

1,217,700-1,509,200円

ワゴンRスティングレー

1,688,500-1,811,700円

ワゴンR カスタムZ

1,474,000-1,756,700円

スズキ ワゴンR

ワゴンRの特別仕様車を安く買うなら、当サイトのワゴンR値引き交渉マニュアルをご参考ください!

スズキ ワゴンRのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

 

-スズキ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.