スズキ中古車

ワゴンRのおすすめ中古車情報!安い狙い目とお得な買い時を教えます

更新日:

ワゴンRの中古車情報!中古車をお得に安く買う方法とは?

軽自動車のトールワゴンの先駆けとなったワゴンR。

かつてはベストセラー車で、毎月3万台以上の新車のワゴンRが売れていた時期もありました。

そんな人気のワゴンRなので、中古車の台数は多く、状態の良い物から悪いものまで、たくさんの中古車が流通しています。

だからこそワゴンRの中古車を購入するなら、中古車の良し悪しを見極めて、その中でも状態の良い中古のワゴンRを少しでも安くお得に買えるように、狙い目や探し方を紹介します。

お得な中古車をかんたんに探す方法

ガリバーのクルマコネクトなら、チャットで希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

電話不要で対応はすべてチャット上で出来るので、スキマ時間に対応、手が空いた時に確認すればOKです。

※チャットのやり取り例
チャットのやり取り例

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「維持費が安くて総額100万以内に収まる車を探して」などと言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、チャットで相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

この記事の目次

 5秒で確認!ワゴンRの中古車相場

ワゴンRの各モデルの中古車相場です。

モデル(生産年月)によって中古車相場が変わるので、後述する買い時や狙い目の中古車を紹介する時の予備知識として確認しておいてください。

現行型ワゴンR(MH35S/MH55S型)の中古車相場 2017年2月~現行

現行型ワゴンR(MH35S/MH55S型)

70~195万円

5代目ワゴンR(MH34S/MH44S型)の中古車相場 2012年9月~2017年1月生産

5代目ワゴンR(MH34S/MH44S型)

17~170万円

4代目ワゴンR(MH23S型)の中古車相場 2008年9月~2012年8月生産

4代目ワゴンR(MH23S型)

1~214万円

3代目ワゴンR(MH22S型)の中古車相場 2003年9月~2008年6月生産

3代目ワゴンR(MH22S型)

1~90万円

2代目ワゴンR(MC22S型)の中古車相場 1998年10月~2003年6月生産

2代目ワゴンR(MC22S型)

1~46万円

初代ワゴンR(CT21S/CV21S/CT51S/CV51S型)の中古車相場 1993年9月~1998年6月生産

初代ワゴンR(CT21S/CV21S/CT51S/CV51S型)

1~40万円

・近所の中古車販売店を検索

これが狙い目!お得で格安なワゴンR中古車の選び方

ワゴンRの中古車には定価がなく、1台1台の状態により現在の相場と照らし合わせて中古車価格が決まるので、誰もが欲しいと思うワゴンRの中古車は、相対的に高くなってしまいます。

ここでは様々な条件を満たす事で、割安なワゴンRの中古車を購入出来るその”狙い目”を紹介します。

カラーはパールホワイトとブラック以外を選ぶとワゴンRの中古が安くなる

ワゴンR お買い得なボディーカラーは

ワゴンRの中古車は、ボディカラーの違いによって価格が上下します。

特にワゴンRスティングレーでは、パールホワイトとブラック、そしてパープル(紫)の3色は中古車市場で人気のため、中古車価格が割高です。

業者オークションのワゴンRスティングレーの相場を調べてみると、人気3色とそれ以外の色では、5~15万円の価格差がありました。

なので人気3色を外せば、ワゴンRスティングレーの車両価格50万円以上の中古車で、5~10万円ほど安く買えるでしょう。

中古車価格帯が上がるほど、カラーによる価格差は多くなります。

標準車のワゴンRも、スティングレーほどの差はありませんが、やはりホワイトパールとブラックの中古車価格が高い傾向が出ています。

仮に、ボディカラー以外で同条件のワゴンRの中古車が同じ値段で売られていたら、安いカラーに対して色を理由に値引き交渉すると値引きが期待できます。

初期費用を抑えるならナビ無しのワゴンR中古も選択肢に

ナビ無しのワゴンR中古も選択肢に

業者オークションの3~5年落ちワゴンR中古車相場を見ると、ポータブルナビは除いてナビ付のワゴンRと、ナビ無しのワゴンRでは、3~5万円以上の価格差があります。

もちろんナビ付の方が高いので、中古車購入時の初期費用を出来るだけ抑えるなら、ナビ無しの中古ワゴンRを選ぶと支払額を抑えられるでしょう。

ナビは5万円以下のポータブルナビやスマホで十分、と言う事ならナビ無しのワゴンRを選んでも良いでしょうね。

あえてMTを選ぶと激安でワゴンRの中古車が買える

ワゴンRの「FX」「FA」グレードには、オートマ以外に「マニュアル(MT)」の設定があります。

近年では需要のほとんどがオートマ(CVTやAT)なので、マニュアルの需要は少なくなっています

スポーツカーやスポーティグレードならマニュアル需要が強いですが、ワゴンRではそこまで求められていません。

ワゴンRの買取相場を見ると、マニュアルとオートマを比較すると、マニュアルのリセールバリューは低くなっています。

リセールが低いと言う事は、販売店が仕入れる価格も安く抑えられるので、ワゴンRのMTの中古車は割安で購入出来るのです。

年式や走行距離、カラー、内外装の状態などが同程度のワゴンRなら、マニュアルの方が安く買えます。

マニュアルを探している人も居るので、ピンポイントで欲しい人が現れればすぐに売れて行きますが、そうでなければ長期在庫のリスクがあるので、マニュアルのワゴンRが対象なら中古車販売店はある程度値引き交渉に応じてくれるでしょう。お店に在庫している期間が長ければチャンスです。

「マニュアルだけどあまり安くなってないな」と言うワゴンRの中古車であれば、値引き交渉する事で安く買える可能性は高いです。

自動ブレーキ付きのワゴンRの中古車は割安でおすすめ

5代目ワゴンR(2012年9月~2017年1月)には、「レーダーブレーキサポート装着車」ありと無しのグレードがあります。

レーダーブレーキサポートには自動ブレーキが含まれていますが、新車時に5万円ほどプラスすると付けられたこの装備は、中古車市場では相場の価値としてそこまで高くありません。

ワゴンRの買取相場を見ても、2万円前後のプラスに留まっているので、中古車で買うなら自動ブレーキ付きの方が、お得感が強くなります。

ワゴンRの寿命は20万キロ以上!過走行のワゴンR中古車を格安で購入しよう

ワゴンRの中古車を探す時に、走行距離は重要な要因の一つだと思います。

中古車で10万キロを超えていると、過走行車と位置付けられるので、「10万キロ以下でワゴンRの中古車を探そう」としているユーザーは多いでしょう。

ただ、考え方を変えれば、走行距離10万キロを超えている過走行のワゴンR中古車は、大変お得感のある中古車購入になり得ます。

そこで走行距離によるワゴンRの寿命を、中古車のオートオークションの取引車両から推測してみましょう。

業者オークションで、初代ワゴンRから5代目ワゴンRまで、各モデルごとに絞ってオークション結果を検索すると、どのモデルも20万キロ以上概ね28万キロまで走行した過走行のワゴンRの取引結果が確認出来ます。

過去3か月間の合計は200台以上にも上ります。

28万キロ走行のワゴンRの出品表を確認すると、全てではありませんが、オイル漏れやにじみ・エンジン回りに音、などが確認出来るので、この辺りの走行距離がワゴンRの寿命と考えて良いでしょう。

10万キロならまだまだ現役、オイル交換等の最低限のメンテナンスを怠らなければ、20万キロ以上ワゴンRに乗る事が出来ます。

なので、10万キロ走行している過走行のワゴンRを割安に購入して、5年・10年長く乗って乗り潰す、と言った選択も出来ます。

あえて、10万キロの過走行のワゴンRを選択肢に入れる事で、格安にワゴンRの中古車に乗る事が出来るでしょう。

例1
5年落ち5万キロのワゴンR FXリミテッド支払総額 78.7万円
5年落ち10万キロのワゴンR FXリミテッド支払総額 54.1万円
差額24.6万円

例2
10年落ち5万キロのワゴンR FXリミテッド支払総額 57.2万円
10年落ち10万キロのワゴンR FXリミテッド支払総額 37万円
差額20.2万円

10万キロの過走行のワゴンR

⇒走行距離10万キロのワゴンR中

ワゴンRの修復歴あり中古車は安いけど買っても大丈夫?

修復歴ありのワゴンRの中古車は、修復歴なしの中古車と比べて、10万~30万円ほど安く買えます。

ワゴンR標準車の中古車価格修復歴ありによるマイナス額
~50万円約-10万円
50~100万円約-15~20万円
100万円以上約-20~30万円

年式が新しく価値が高い=中古車の価格帯が高いほど、修復歴ありによるマイナス幅はは大きくなります。

反対を言えば、高年式・低走行のワゴンR中古車が、修復歴ありなら格安で購入出来る、と言う事になります。

しかし、修復歴ありの中古車を買うには抵抗がありますよね。

修復歴の付いたワゴンRの中古車で怖いのは、走行中に不具合が出ないのか、だと思います。

修復歴ありでも、しっかり直っていればほとんど問題ありませんが、コストを掛けずに直していたり、大きな事故だと後々不具合の心配があります。

考えられる不具合は、真っすぐ走らない(ハンドルから手を離すと左右どちらかに振られる)、ドアやパネルの隙間から風が入ってくる、どこかから聞こえるボディの異音、修理箇所の錆び、雨漏り、「起こし屋」が見栄えだけ直してフレーム修理に手を抜いた車両、などなど、不安は尽きません。

ただ、修復歴ありでも、走行にほとんど影響しない箇所があります。

前方や横からのダメージは走行に影響を及ぼしやすいですが、後方からの軽いダメージなら、ほとんど走行に影響はありません。

ゆっくりバックして電柱にバンパーをぶつけて、中の金具がフレームを押して歪んだ、となっても修復歴ありに該当して、中古車相場は下がります。

特にワゴンRのような軽自動車は、限られた寸法の中で車内スペースを稼いでいるので前後バンパーが薄く、軽く当てただけでも修復歴に該当しやすいです。

このような走行に影響を及ぼさない程度の修復歴ありのワゴンRなら、相場よりも激安で購入する事が出来るでしょう。

修復歴の見分け方は、中古車販売店に詳しく聞いたり、オークションから仕入れていればワゴンRのオークションデータが残っているので、それを見せてもらい確認しましょう。

後方部分の軽微な修復なら、お買い得です。

ワゴンRの修復歴

※上記オークションデータは後方のみの修復(XX=交換済み)で収まっています

ワゴンRの中古車はスティングレーより標準車の方が割安感があっておすすめ

ワゴンRの中古車はスティングレーより標準車の方が割安感

ワゴンRのリセールバリュー(買取相場)をグレード毎に調べると、以下の順位になります。

1位 ワゴンRスティングレーX
2位 ワゴンRスティングレーT
3位 ワゴンR FX
4位 ワゴンR FX-E
5位 ワゴンR FXリミテッド

リセールバリューは、売却時の金額から新車時の価格を割ったパーセンテージです。このリセールバリューが高いほど、売却時に高く売れる事になります。

反対にリセールバリューが低いと、売却金額も低くなる事から仕入れが安くなり、ワゴンRの中古車販売価格も安くなると言う事ですね。

ワゴンRでは、スティングレーのリセールが高い=中古仕入れ値も高いので、標準車と比べてスティングレーの中古車販売価格は割高となります。

標準車の中では、中間グレードのFXのリセールが良く、FXよりリセールが落ちる「FXリミテッド」の中古車が割安で買えるでしょう。

また、4WDはスティングレー・標準車共に2WDと比べてリセールバリューが気持ち高いので、元々新車価格が2WDより高い4WDの中古車は、やや割高となってしまいます。

ワゴンRと中身は一緒OEMの中古車はお得か?

他メーカーから発売しているワゴンRと中身が同じ車をOEM車といいます。

ワゴンRのOEM車は、マツダからAZワゴン(2008年9月~2012年10月まで)、フレア(2012年10月~発売中)の車名で発売されています。

ワゴンRとOEM車のAZワゴンとフレアの買取相場を比較すると、おおよそ10%ほどOEM車の方が安くなります。やはり本家のワゴンRの方がネームバリューが強く、OEM車のリセールは不利になります。

オークションからの仕入れ値はOEM車の方が安いので、そのまま販売価格にも反映され、本家のワゴンRの中古車より割安で購入出来ることになります。

もし、同条件のワゴンRとOEMの中古車が同じような販売価格であれば、OEM車の方に値引き交渉の余地があるでしょう。

⇒AZワゴンの中古車を検索

⇒フレアの中古車を検索

中古車からの値引きを成功させるためにしたい事

中古車を安く買うために、一番値引きに効くのが下取り車を高く売る事です。

ディーラーや中古車販売店へそのまま下取りに出す事は、実は一番損をしている可能性があります。

下取り車は決まった買取金額が無いので、複数の買取店に査定してもらい、査定金額を競ってもらわないと高く売れません。

複数の買取店と連絡を取って、査定のアポを取るのはかなりの手間ですが、下記の一括査定サービスなら簡単に出来てしまいます。

そのまま下取りに出すより、10万~30万円以上高くなることも珍しい事ではありません。いくらで売れるのか、まずは調べてみても良いでしょうね。

ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

愛車の概算価格が分かる

ネットで愛車の概算価格が分かる 「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

【予算別】ワゴンRのおすすめ中古車はコレ!

予算別 ワゴンRのおすすめ中古車はコレだ

当サイトおすすめの予算別ワゴンRの中古車を紹介します。

20万円以下の激安ワゴンRの中古車

中古車価格20万円以下のワゴンRの中古車流通台数は、以下の通りです。

初代ワゴンR 25台
2代目ワゴンR 440台
3代目ワゴンR 1229台
4代目ワゴンR 107台
⇒20万円以下の激安ワゴンRを検索

中古車価格20万円以下の激安ワゴンRの内訳は、上記の通りとなりました。

初代ワゴンRもあるにはありますが、やはり年式を考慮すると最終型でも20年前の中古車なので、故障等のリスクを考えてここでは除外します。

2代目ワゴンRの台数も多いですが、それ以上にモデルの新しい3代目ワゴンRの流通台数が多いので、この価格帯でも選択肢が広がるため、ここでは3代目ワゴンRの激安中古車をおすすめします。

総支払額20万円で、走行距離10万キロ以下の中古車もありますが、年間8千キロ程度は乗られている方が車の調子はいいです(最低限のメンテナンスをする事は前提として)。

なので、12万キロまで範囲を広げて探す事をおすすめします。すると、修復歴なしのターボや4WDのワゴンRまで総額20万円の予算内で見つかります。

また、FXグレードは20万円以内で豊富にあるので、その中から状態の良い車両や好みのボディカラーなどを選ぶことが出来るでしょう。

総額10万円以内でワゴンRの中古車を探したいのであれば、2代目ワゴンRまで範囲を広げれば、玉数はそれなりにあります。

総額で10万円以下だと、購入後も出来るだけお金を掛けずに乗れるだけ乗る、と言った使い方になると思うので、走行距離や修復歴に拘らず出来るだけ現車の状態が良いワゴンRを探しましょう。

オイルの漏れや大きなにじみ、エンジンからの異音をチェックして、出来れば試乗して各部の動きや異音チェック、ハンドルを取られず真っすぐ走るか、など確かめると良いでしょう。

契約時にオイル交換や消耗品の交換をサービスで要求しても良いでしょうね。

20万~50万円の格安ワゴンRの中古車

中古車価格が20万~50万円のワゴンRの中古車流通台数は以下の通りです。

初代ワゴンR 24台
2代目ワゴンR 263台
3代目ワゴンR 2934台
4代目ワゴンR 1683台
5代目ワゴンR 170台
⇒20万~50万円の格安ワゴンRを検索

20万~50万円の予算内であれば、20万円により近いなら3代目ワゴンR、50万円まで出せるなら4代目ワゴンRがおすすめです。

基本設計の新しい4代目ワゴンRの方が、ボディ剛性や燃費、エンジンのパワー感、乗り心地など3代目に比べてアドバンテージがあります。

この価格帯なら出来れば4代目ワゴンRの中古車を探したいですね。

総額50万円で修復歴なしの4代目ワゴンRの中古車を探すと7年~9年落ち、7万~10万キロで、スティングレーやターボ、4WDを見つける事が出来ます。

FX系なら、4代目最終モデルの2012年式5万キロ台の中古車も見つかります。

仮に以下の車両を3年間、3万キロ乗ったとして、3年後の買取相場を見てみましょう。

6年落ち ワゴンR FX
5.4万キロ シルバー 修復歴なし 総支払額49.8万円

3年後の買取相場
9年落ち 8.4万キロで10~15万円

現在の相場と照らし合わせると、まずまずの買取金額が残る事が分かります。これなら3年後に買い替えも視野に入れる事が出来ますね。

ただ、この買取相場は3年以内にワゴンRがフルモデルチェンジして新型が出ない事が条件となります。

3年以内に仮にワゴンRがフルモデルチェンジされると、4代目ワゴンRが1代古く(型落ち)なるので、基本の買取相場が落ちてしまいます。

1代古くなると現在の3代目ワゴンRの相場となるので、数万円の買取金額となってしまいます。

ワゴンRのフルモデルチェンジ周期は4年~4年半です。現行型は2017年2月発売なので、あと3年はフルチェンしないので、概ね上記の10~15万円の買取相場が予測できます。

ワゴンRの中古車を乗り潰すならフルモデルチェンジを意識しなくても良いですが、何年後かに買い替えも視野に入れるなら、モデルチェンジの時期や購入時の年式を意識して、フルモデルチェンジが入る前に売却できる条件でワゴンRの中古車を探すと良いでしょう。

50万~100万円のワゴンR中古車

中古車価格が50万~100万円のワゴンRの中古車流通台数は以下の通りです。

2代目ワゴンR 5台
3代目ワゴンR 461台
4代目ワゴンR 1816台
5代目ワゴンR 1642台
6代目ワゴンR 365台
6代目ワゴンR 365台
⇒50万~100万円のワゴンR中古車を検索

50万~100万円の価格帯になると、現行型ワゴンRの廉価グレード「FA」の新古車がギリギリ予算内に入ってきます。

新車のワゴンR FAを検討しているなら割安感はありますが、この価格帯でも出来るだけ安くお得にワゴンRを買いたいなら、現行モデルではなく5代目・4代目のワゴンRがおすすめです。

距離を多く走る・出来るだけ安く長く乗る、のであれば50万円により近い価格帯で4代目ワゴンRを探すのがおすすめです。

出来るだけ新しいモデルに乗りたい・数年後に買い替えたい・手放す時の金額も気になる、のであれば5代目ワゴンRから探すと良いでしょう。

総額70万円までなら、修復歴なし4代目ワゴンRの中から、「5万キロ以下」「4WD」「スティングレー」「ホワイトパールやブラックの人気色」など、幅広い選択肢があります。

70万円以上で修復歴なし5代目ワゴンRの中古車を探すと、FXグレードなら1万キロ~2万キロの低走行車が多くあり、スティングレーやターボ・4WDなら10万キロ以下~4万キロ台までで、豊富に在庫がそろっています。

ボディカラーも人気色が含まれているので、選択肢は多いですね。

仮に以下の車両を3年間、3万キロ乗ったとして、3年後の買取相場を見てみましょう。

5年落ち ワゴンR スティングレー X
2.9万キロ 紫 修復歴なし 総支払額79.9万円

3年後の買取相場
8年落ち 5.9万キロで40万円前後

ワゴンRがフルモデルチェンジしない間に上記の条件で売却すると、現在の相場で40万円前後の買取金額が見込めます。

3年で購入価格の約半分となるのですが、スティングレーはリセールが比較的良いグレードなので、買取相場は多く残っている方です。標準グレードだともっと落ちるかもしれませんね。

ワゴンRの中古車のような数が多い車種だと、内外装の状態が悪いと価値が落ちやすくなります(他にきれいな車両が多くあるため)。

なので、買い替えを視野に入れるなら、出来るだけきれいに乗る事を心がけたいですね。

100万円以上のワゴンR中古車

中古車価格が100万円以上のワゴンRの中古車流通台数は以下の通りです。

4代目ワゴンR 57台
5代目ワゴンR 702台
6代目ワゴンR 1622台
⇒100万円以上のワゴンR中古車を検索

100万円以上の予算になると、ほぼ5代目と6代目ワゴンRに集中します。

100万円以上ワゴンRの中古車に出すなら、やはり最新型の6代目ワゴンRで探したいですね。

廉価グレードなら新車も手に入る価格帯ですが、あえて中古を選ぶならワゴンRの上級グレードを新車よりも安く買いたい所です。

ワゴンRスティングレーやスティングレーハイブリッド、ワゴンRの標準車ならハイブリッドFX/FZの低走行車がおすすめです。

スティングレーハイブリッドTなら、1年落ち・1.6万キロで総額143.6万円で購入できます。

新車だとオプション・諸費用・値引きを入れても180万円前後はしますので、約36万円安く買えます。

新車より安く最新モデルに乗りたいなら、検討しても良いかもしれません。

ワゴンRの新古車は新車に比べてお得か?

新古車とは、明確な定義はありませんが、概ね走行距離が1000キロ以下の新車に近い中古車と言う意味合いです。

中には走行距離がほぼゼロキロの未使用車もありますが、ここでは新古車に含めて解説します。

では、中古車販売店で売られているワゴンRの新古車は、新車よりもお得に買えるのでしょうか?シミュレーションしてみましょう。

新車ワゴンR新古車ワゴンR(未使用車)
グレード名ハイブリッド FX セーフティパッケージハイブリッド FX セーフティパッケージ
車両本体価格1,273,320円1,431,000円
オプションなしナビ、ETC、バックカメラ、フロアマット、ドライブレコーダー、サイドバイザー、ナンバーフレーム、ボディコーティング、ガソリン満タン
諸費用95,920円119,000円
新車値引き130,000円交渉次第で可
総額
(乗り出し価格)
1,239,240円1,550,000円

総額ではワゴンRの新古車の方が約31.1万円高くなりましたが、ナビやETCなどのオプション類が込みの価格です。

対してワゴンRの新車は、オプションなしで値引き13万円達成できたとして、総額139.6万円となっています。

ワゴンRの新古車のオプション類が、差額の31.1万円で適正かどうかでお得感が変わってきます。

上記のオプション類で31万円は少々高いので、新車のワゴンRに同等のオプションを追加して値引きを含めて比較する必要がありますね。

ワゴンRの新古車の方も、新車との価格差を見れば値引き交渉の余地は十分にあるので、「新車の総額よりも安くなれば購入したい」とやれば、値引きしてくれる可能性は高いです。

番外として、業者オークションからワゴンRの新古車をオークション代行で購入した場合の総額を見てみましょう。

新古車ワゴンR(オークション代行)
グレード名ハイブリッド FX セーフティパッケージ
落札価格1,102,000円
オプションCDプレーヤー
消費税88,160円
落札手数料8,640円
オークション代行料32,400円
名義変更料約20,000円
陸送費用約20,000円
総額(乗り出し価格)1,271,200円

新車のワゴンRの123.9万円に対して、新古車のワゴンRは127.1万円となり、3万円強高い結果となりました。

ただ、新車はオプションなしで13万円の値引きが条件なので、これを達成する必要があります。

また、オークションから新古車のワゴンRを仕入れる場合は、自分で名義変更や陸送をすればさらに費用を抑える事が出来るので、ある程度自分で出来る人なら、オークション代行の方が安くワゴンRを買えるかもしれません。

ただ、手間暇を考えるならディーラーの新車か、中古車販売店で新古車を買った方が楽でしょうね。

ワゴンRの中古車・新古車をお得に買うには?

ワゴンRの中古車・新古車をお得に買うには

中古車でワゴンRを買う最大のメリットは、その購入価格でしょう。

中古車市場の中から吟味して探せば、低走行で程度の良いワゴンRが新車と比べて数十万円安く買える事も珍しくありません。

しかし、そのためには数ある中古車販売店のワゴンRの中古車在庫を1台1台比較して、お得感のある価格で買えるのかどうか、品定めをしないといけません。

また、価格の割に状態が悪い割高のワゴンRが売られていたり、中古車購入では不安な「修復歴あり」の車両も含まれているので、それらの中古車は出来れば避けたいですよね。

程度が良くて、なおかつ割安なワゴンRを見つけるには時間も掛かりますし、さらにワゴンRの中古車相場等をある程度知っていないと、その中古車が本当にお得なのかどうかの判断が出来ません。

そこでおススメのサービスが、以下です。

ガリバーのクルマコネクトなら、チャットで希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

電話不要で対応はすべてチャット上で出来るので、スキマ時間に対応、手が空いた時に確認すればOKです。

※チャットのやり取り例
チャットのやり取り例
なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、チャットで相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

ワゴンRの新古車・未使用車も探してくれるので、新車よりもお得にワゴンRを買いたい!のであれば、利用してみても良いかもしれません。

-スズキ中古車
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.