ワゴンRの評価集

ワゴンRに欠点・デメリットはあるか?スズキワゴンRを徹底評価!

更新日:

ワゴンRに欠点・デメリットはあるか

軽トールワゴンのパイオニアである、「ワゴンR」の 現行モデルは、2017年2月1日にフルモデルチェンジされた第6代目。

スズキの持つ最新技術が全部詰まった、この新型「ワゴンR」を実際に購入した人ははどのような感想をもっているのでしょうか?

そこで、このワゴンRのメリットとデメリットを、ユーザーの声も集めながら探ってみたいと思います。

ワゴンRに欠点はあるのでしょうか?

ワゴンRのエクステリアとインテリアの評価

ワゴンR エクステリア

最も話題となったエクステリアでは、プレーンで女性に人気のある標準モデルの「FX」、スポーティーで男性に支持されそうな「FZ」、そして他社ではカスタムと評される上級装備車の「スティングレー」という、3種類のフロントフェイスを用意し、インテリアとともに質感の高さが特徴ですが、実際にはどう評価されているのでしょうか。

ユーザーの評価

意外と新型のエクステリアは評判が良くありません。

軽トールワゴンのパイオニアということで、期待値がライバルより高かったのも要因のようです。

そして、ホンダ車、特にあとから登場した新型N-BOXと比較してしまうとなおさら感じてしまいます。

ワゴンR センターメーター

また、インテリアでは、センターメーターの是非が多くよせられており、見やすい・見難いなど両極端の意見になっています。

ワゴンRユーザーの口コミ

  • センスはN-WGNやN-BOXの方が格段に上。
  • 正直外観のデザインは初代ほどの感激はありません。
  • 今回から採用されたセンターメーターは、残念に感じます。
  • デザインはいいとは思いませんが慣れ次第ですね。

ワゴンRのエンジンと走行性能の評価

マイルドハイブリッドの動力性能は、軽トールワゴンのノーマルエンジン車としては満足でき、実用回転域の駆動力は不足していないはずです。

ライバル車に比べて軽量なのもメリットです。

ワゴンR 軽量なのもメリット

ハイブリッドの恩恵は燃費以外には感じづらいかもしれませんが、アイドリングストップからエンジン再始動までの時間が伸びているのは確かです。

ただ、ハイブリッドという名称ゆえに、モアパワーを想像したとしたら裏切られる結果になるでしょう。

ユーザーの評価

ユーザーの評価も、悪いというより普通という声が多く、ノンターボであれば他車とそう差がないことはわかっていても、ちょっとは期待していたのがわかります。

ワゴンRユーザーの口コミ

  • めいっぱい踏み込んでもエンジンの回転数の割に期待できるような加速はしてくれません。
  • ブレーキは少しあまい気がしますが、慣れれば問題ない程度。
  • 高速走行で3000回転付近からはさすがに頭打ちの感じがします。

ワゴンRを評価!いいところは?

軽のパイオニアとはいえ、前モデルの販売は低迷を続けた結果、今回のフルモデルチェンジでは、追われる立場から、追いかける側になったことから思い切った変革が可能になっています。

ワゴンRのどこが魅力?

現行モデルのワゴンRは、EV走行モードを可能にした「マイルドハイブリッド」、そして時速100kmまで作動する衝突被害軽減自動ブレーキの「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用。

ワゴンR ヘッドアップディスプレイ

また、軽自動車初となるヘッドアップディスプレイの採用と、これまでの軽自動車にない内容となっています。

さらに、3種類のフロントフェイスを用意し、幅広いニーズに応えようとする欲張りな設定でもあります。

エクステリアとインテリアの評価

エクスエリアでは、3つ目のフロントフェイスは、スペーシアの後期型に登場した「カスタムFZ」、センターメーターはライバル「ムーヴ」の十八番、なりふり構わずといった印象もあります。

現行「ムーヴ」が、特徴だった横開きのバックドアをやめてから販売が好調になった前例もあり、競争を勝ち抜くには、良いものは貪欲に取り入れていくことも必要なのでしょう。

ユーザーの評価

ワゴンRユーザーと他車からの乗り換え組とでは、明らかに評価の内容が異なりますが、3つも選択肢があるのですから、購入者の多くはそのスタイリングが気に入っており、センターメーターにも好印象だという意見と、嫌いという意見が同じくらいあるのが興味深い点です。

質感の高さを評価する声が多いのは、軽自動車に求める内容が機能と広さだけではなくなったことを示しています。

ワゴンRユーザーの口コミ

  • エクステリア、内装等従来の軽自動車をはるかに超えていました。
  • インテリアは先代と比べて上質さと使い勝手は確実に進歩しました。
  • 違和感もなく個性的な感じがしています。
  • センターメーターは最初の1週間、とても違和感があったが、いつの間にか意識しないようなった。
  • FZはエアロが付いているのとヘッドライトのラインがカッコいいです。

エンジンと走行性能の評価

ワゴンR エンジンと走行性能の評価

前モデルに比べてトルクが0.3下がって6.1kg-mになったものの、気になる人はいないでしょう。

むしろ、エンジンを始動させずにモーターの力だけでクリープ走行できるメリットは実感できるはずです。

特に、渋滞で徐行と停止を繰り返す時には、アイドリング状態からエンジンを再始動せずに徐行しはじめるので、有難味が感じられるでしょう。

ユーザーの評価

使用状況や期待値も大きさから評価が分かれますが、横並びである軽自動車の動力性能において、多少なりともハイブリッドの効果と、軽量化のもたらす走行性能は、現状では満足いくレベルであるという声が多くを占めています。

ワゴンRユーザーの口コミ

  • 軽自動車としてみれば、走行性能、燃費等、車の出来としては申し分ありません。
  • アシスト力はそこそこ感じられるレベルまでなりました。
  • 軽乗用車では一番いいかもしれません。
  • 普通に流れに乗るだけのパワーは十分ある。
  • 再始動時の音も皆無でスーっと走り出しモタつきはないです。

ワゴンRの価格に対する評価

ワゴンR 価格に対する評価

同社でいえば、「スペーシア」のようなハイトールワゴンと、最安値の「アルト」との中間の価格帯であるワゴンR。

「スペーシア」が150~190万円もするのでワゴンRは意外と安いと思われるでしょう。

特に、小さなお子さんがいなければ、あんなに背が高い必要もないし、スライドドアも使わない。

であればその分安いワゴンRにしたくなります。

また、高齢者が多くなりつつある軽のユーザー層は、価格が内容に見合っていれば良いという購買感を持っているので、上級グレードを選ぶ傾向にあります。

ユーザーの評価

安ければ安いほどいいのでしょうが、アルトではなくワゴンRにした時点で、ある程度の出費は覚悟していたはずの購入者。

100%満足とはいかないものの、ムーヴなどのライバル車と同程度であることで、一応納得しているようです。

〇 ワゴンRユーザーの口コミ

  • 価格はほとんど据え置きですがFZはやはり高いかな。
  • 自動ブレーキ等のセーフティーパッケージ付でこの価格であれば満足です。
  • 値段相応だと思う。もう10万安ければうれしいが。
  • FA、安価。ここは素直に嬉しい。

ワゴンRの総合評価

ライバルのダイハツムーヴ、ホンダN-ONE、そして日産デイズと比較してスペックで劣るものはなにもなく、燃費ではライバルを圧倒するワゴンR。

最良の軽トールワゴンであるのは間違いありません。

それなのに前モデルの時と同じく、デビュー以来またしても低迷することになっています。

NBOX等のハイトールワゴンの人気に押されたともいえますが、ムーヴの方が販売実績が上であることを考えると、それだけが理由ではなさそうです。

ユーザーの口コミの裏に何が隠されているのか、メーカーならずとも気になるワゴンRです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ワゴンRの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのワゴンR値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がワゴンRを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のワゴンRの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ワゴンR値引き交渉マニュアル

-ワゴンRの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.