ワゴンRの値引き

スズキ 新型ワゴンR値引き交渉マニュアル2019年6月の値引き動向は?

投稿日:

スズキ 新型ワゴンR値引き交渉マニュアル

新型ワゴンRを限界まで値引きして、さらに下取り車を極限まで高く売って、ワゴンRを底値で買う方法を紹介します!

これを実践するのとしないのとでは、数十万円から損することになることも。簡単なので是非実践しましょう!

この記事の目次

新型ワゴンRの最新目標値引き額と2019年6月の値引き動向

新型ワゴンRの最新目標値引き額

6月のワゴンRの値引き動向は、先月から横ばい傾向です。新型ワゴンRの値引きは、オプションからの値引きを含め18万円以上が目標ラインです。6月以前の実例値引きではオプションからの値引きを含めて、20万円以上の値引きが報告されています。

人気のライバル車との競合でワゴンRの値引きの上乗せは可能です。ダイハツムーヴやムーヴキャンバス、ホンダN-WGN、OEM車で中身がワゴンRと同じなマツダフレアとの競合で値引きを引き出しましょう。

特にフルモデルチェンジされたデイズやeKワゴン、8月フルモデルチェンジのN-WGNなどを引き合いに出すと効果的です。

また、マツダの軽自動車は値引きが大きくなる傾向なので、フレアとの競合でワゴンRの値引きの上乗せが狙えます。

他社との競合をしてもワゴンRの値引きが渋かったら、新車を扱っている中古車店や整備工場などのサブディーラーとの競合も有効です。 (サブディーラーは「新車×全メーカー×地域名」で検索)

スズキの正規ディーラーの条件をサブディーラーに伝えて、ワゴンRの値引きを引き出しましょう。良い値引き条件が出れば、そのままサブディーラーと契約してもいいでしょうね。

ワゴンRの車両本体からの目標値引き額とは別にオプションから20~30%引きは可能です。

今月(2019年6月)の車両からの目標値引き額14万円+オプション20万円からの値引き4万円総値引き18万円が値引き合格ラインになります。

以下の値引き交渉術を実践すれば、ワゴンRから実例値引き額並みか、それ以上の値引きが可能になります!

絶対損したくない!下取り車の売り方

下取り車がある場合は、その下取り車を少しでも高く売ることが出来れば、それだけワゴンRが安く買えると言うことになります。

しかしディーラーの査定のみだと、最初にディーラー規定の査定額を提示されて、後々値引き交渉が煮詰まってきたら、「これ以上の値引きが厳しいので、下取り車の方で調整します」などと言って来ることが多いです。

3万、5万、10万と徐々に査定額をアップして、お得感を強調して、「これで決めてください!」となるでしょう。

これはユーザーのお得感、満足感を満たすためのセールステクニックが考えられます。

一見値引き額(下取り額)が最初より上がったように見えますが、その査定額が中古車相場に合った適正なものなのかどうかの判断が、我々一般ユーザーには中々見分けることが出来ません。

実際にはもっと高い査定額が付く可能性もあるのです。

これが高額車や人気車になればなるほどその差は大きくなるので、実際は5万、10万、場合によっては20万円以上の損をしてしまう事もあります。非常にもったいないですね。

ディーラーの下取りで損してる

ディーラーの下取りで損しないためには、まず1店舗で良いので買取店の査定を受けておきましょう。

そうすれば買取店のおおよその相場が分かるので、それを元にディーラーでの査定額が適正かどうかの判断が出来ます。

愛車の相場が分かればクルマ購入の予算組みも出来るので、一石二鳥ですね。

おすすめは下記の買取店です。ネットでもおおよその相場が分かります。

ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

☆値段が付かない車は廃車業者へ。事故車や動かない車でも、古く過走行でも必ず値段が付きます!

もし、ディーラーや買取店で査定額が付かなければ(0円)、廃車買取業者に依頼しましょう。廃車買取ハイシャルならレッカー代や引き取り料、その他手続きに関するものは全て無料です。さらに全車0円以上の買取保証あり。自動車税等の戻り分も還付してくれます。廃車するのに処分代を払う必要はありません。

廃車買取ハイシャルの公式サイトはこちら

これら買取店の査定額を基本に今後査定額の交渉をしていきます。

新型ワゴンRの値引きに適した交渉時期

新型ワゴンRの値引きに適した交渉時期

一般的に値引きが大きくなる時期は、「1月~3月の年度末決算期」、「6月7月のボーナス時期」、「8月お盆明け~9月の中間決算期」、「12月のボーナス・年末商戦」、などがそうです。

この中で特に値引きが大きくなるのは決算期です。

決算期にはディーラーでもキャンペーンを展開して、お客さんを呼び込もうとします。

この時期は特別な値引きも珍しくありません。もちろんボーナス商戦もキャンペーンなどを展開して、値引きを引き出しやすい時期になります。

これらの時期に新車を買うタイミングなら、是非大幅値引きで購入しましょう!

ワゴンRの納期は?2019年6月現在

ワゴンRの納期

ワゴンR納期:1~2ヶ月

グレードによって異なりますが、ワゴンRの納期は現在標準的な納車期間となっています。

ワゴンRの競合車とディーラーをリストアップ

ワゴンRの競合車は、ダイハツムーヴやホンダN-WGN

新車の値引き交渉では、競合車を立てて「ワゴンRか、どれにするか迷っている」状況で契約直前まで交渉した方が、値引きを引き出しやすくなります。

ワゴンRの競合車は、ダイハツムーヴやホンダN-WGN、日産デイズ、三菱eKワゴンなどが代表的です。他にもワゴンRの購入グレードと同価格帯の軽自動車なら、競合させることが出来ます。

ワゴンRの競合車からリストアップして、「ワゴンRと迷っている」、と商談していきましょう。

またディーラーを経営する法人が異なれば、スズキディーラー同士の競合も可能です。

同地域のスズキ同士の競合に加えて、可能であれば越境して隣県のスズキと競合させましょう。

県が違えば基本的に経営する会社も異なるので、競合が可能になります。スズキのHPで経営の異なるディーラーを調べて、同士競合させましょう。

スズキの新車は整備工場などのサブディーラーでの取り扱いも多いので、正規ディーラーとサブディーラーの値引き条件を比較しても良いでしょうね。

上記の競合車やスズキのディーラー、サブディーラーをリストアップして、商談します。

出来れば多くのディーラーと商談する事で、「値引きしてでも売りたい!」と言う販売目標達成が厳しいディーラーや営業さんに当たる確率が高くなります。

下取り車があれば、ディーラーを周る前に一度買取店の査定を受けて相場感を知っておくと、ディーラーの査定が高いのか安いのかが分かり、下取り額の交渉が楽になります。

以下おすすめの買取店です。

ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。 

かんたん車査定ガイド 概算価格

新車値引きの王道!ワゴンRの値引き交渉術

ワゴンRの試乗新車見積もり

初回の交渉では、あまり突っ込んだ値引きの話しはしなくて大丈夫です。ただ、「値引きはどの程度してくれますか?」と探りだけ入れておきましょう。

その反応を見て今後のディーラー立ち回りの優先度の参考にします。

ディーラーではワゴンRの見積もりを取ったり、実車を確認するなどして、使い勝手や乗り心地などを確かめておきましょう。

  • その車種が本命かどうかは伏せておく
  • 他にも気になる車種があって迷っている、と伝える
  • 予算を聞かれても具体的な金額は言わない
  • 初回の商談は短時間でOK

ワゴンRの2回目交渉

ワゴンRの2回目交渉

二回目の商談から、具体的な値引き交渉を開始します。

競合車のディーラーと交渉したら、現時点での出来る限りの値引き額をお願いして出してもらい、その条件を他の競合車へぶつけます。そうして出た条件をワゴンRにぶつけて、値引きを引き出します。

基本は、どこか一つでも好条件が出れば、それを元に他のディーラーへぶつける、さらに好条件が出ればまた違うディーラーへぶつける、と言うような条件のぶつけ合いです。

と言っても難しい駆け引きや特別な話術は必要ありません。「どれにするか迷っている、出来るだけ安く買いたい」この2点だけを伝えれば、値引きは勝手に増えていきます(^^)

ワゴンR同士の競合は交渉終盤で持ちかけた方が、値引きが大きくなりやすいです。

  • どこかで好条件が出たらそれを別のディーラーへ、さらに好条件が出ればまた別のディーラーへ、と競合を繰り返す
  • 値引き額と下取り額はきちんと分けて交渉する
  • ワゴンR同士の競合はまだ控える
  • ディーラーオプションのナビは利益率が高いので、カーショップや通販で売られている社外品の値引きと比較しながら20%以上の値引きを

ワゴンRのダメ押し交渉

ワゴンRのダメ押し交渉

二回目以降の交渉である程度ワゴンRから値引き額を引き出したら、可能な地域なら同士競合に切り替えます。

一例として以下のようにやってみても良いでしょう。

「自分はムーヴに気持ちが傾いたんですけど、嫁さんと話し合った結果、ワゴンRにしようと言う事になりました。

でも自分はムーヴにまだ未練があります。ムーヴを諦める代わりに納得できる条件が欲しいので、申し訳ないけど他のスズキでも商談しました。

他では値引き○○万円、下取り△△万円と出てるんだけど・・・」などと言って同士競合に切り替えます。(言い方は自分の状況に合わせて適当にアレンジしましょう)

これをそれぞれのスズキやサブディーラーで仕掛けて、頑張ってくれそうなディーラーや営業マンさんに狙いを絞ったら、ハンコを武器に最後の交渉です。

「総額○○万円になったら契約します」「予算は△△万円です。この金額になったらこの場で他には断りの電話を入れます」などと言って、目標よりも多少無理目の金額を要求して見ます。

それが通らなかったり、また「間を取って○○万円」など、セールスさんが妥協案を出してきてもそれで納得せず、さらにもう一押ししてみます。

「では、メンテパックを無料で付けてくれたら契約します」「ボディコーティングを割引きで施工してください」などと、数万円程度の無料サービスを要求すると成功しやすいです。

また、納車時ガソリン満タン、車庫証明費用のカット、端数カットを最後で申し出てみると通る事が多いです。

目標金額に到達してすべての条件に納得したらハンコを押してワゴンRを契約しましょう。

  • ハンコを捺す前(契約直前)が一番ワガママを聞いてくれる
  • ローンを組むなら金利の引き下げも要求できる(場合によっては数%の引き下げも可能)
  • 現金払いよりも、ディーラーに手数料収入が入るので、一部でもローンを組んだ方が値引き額は大きくなりやすい
  • 任意保険の加入・切り替えを検討しているなら、新車購入時にそのディーラーで加入すれば、ディーラー・セールスマンの成績となり、その分値引きの上乗せを迫れる

下取り車を限界まで高く売る!

ワゴンを底値で買う最終段階

下取り車がある場合は、これまでの交渉でディーラーでの限界付近の査定額が出たと思います。

最後に複数の買取店に査定してもらうことで、さらに高く下取り車を売る事が可能です。

そこでディーラーや他の買取店の査定額を5万でも10万でも上回れば、その分さらにワゴンRを安く買える事になりますね。

そこで、契約前に「もしかしたら、下取り車を親戚に譲ることになるかもしれません。そうなったら納車時に下取りに出さなくても良い事を了承してもらえませんか?」などと言って、納車時に下取り車を出さない場合がある事を営業さんに伝えます。

契約を盾に申し出れば大概はOKになるので、それを了承してもらえば納車まで自分の車に乗ることが出来ます。

そして納車日が決まったらそれにあわせて、複数の買取店に査定してもらい、ディーラーより高値が付けばそこに売る事ができます。

ここでおすすめなのは、インターネットの無料一括査定です。

「カーセンサー.net」なら一度に複数の買取店へ査定を依頼出来ます。ちょっとしたオークション状態になるので、思わぬ高値が付くことも。大手買取店はもちろん、特に地方も含めた地元の買取店が充実しています。地元の買取店は大手ほど広告を出していません。その分コストが掛からず、査定額で大手に対抗してきますので、高査定が期待できます。

時間と場所を指定すれば、無料出張査定にも来てくれるので、そこでディーラー査定よりも高値が付けばそのまま売ってしまっても良いですし、他の買取店と競合させても良いでしょう。

もちろん納得できない査定額なら断ることも可能です。

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップ!

また、もうひと手間掛けられるなら、以下のユーカーパックを試しても良いでしょう。


全国5000社以上の業者を対象に愛車が売れる、ユーカーパックの無料査定です。ユーカーパックの査定を1度受ければ、5000社以上の買取店へ査定情報が送られます(個人情報なし)。価格を提示する買取店は、他のお店と買取金額を競う事になるので、高値での売却が可能です。査定は最寄りの店舗か出張査定のいずれか1回で済むので、とても楽です。

1度だけ査定を受ければ、最大5000社以上の買取店や中古車販売店から価格提示を受けられます。

出品時には、最低落札価格を設定できるので、これまでの査定で出た最高額で設定すると良いでしょう。

その価格に対して5000社以上もの買取店が入札するので、さらに買取金額の上乗せが可能になるかもしれませんね。

ここまでやって、もし買取店の査定がディーラー査定よりも低くても、「ディーラー査定の方が買取店の相場よりも高くてお得だった」と納得できて、気持ちよく愛車を手放せますね。

  • 下取り車はディーラーに出す事にしておいて、最後に買取店に査定してもらい一番高値の所に売る
  • それでもディーラー査定の方が高ければ、これまでの交渉は大成功!

以上がワゴンRを限界の底値で買うための方法です。

何も知らずにディーラーの言う通りに値引きはそこそこ、下取りもそこそこで決めてしまうと、簡単に数十万円ワゴンRを高く買ってしまう事になります。

そうならないためにも是非上記の値引き、下取り交渉術を実践して、限界値引きでワゴンRを購入しましょう!

ワゴンRの乗り出し価格(総額)は?

グレード
ワゴンR FX リミテッド

車両価格(消費税込)
1,215,000円

メーカーオプション品名
クリスタルホワイトパール、レーダーブレーキサポート装着車
64,800円

諸費用(税金・登録ほか)
約93,590円

ワゴンR車両値引き(2019年6月目標値)
▲140,000円

ワゴンR乗り出し価格(総額)
1,230,000円(端数カット)

ワゴンRを残価設定クレジット(かえるプラン)で買うと値引きが多くなる!?

ワゴンRを残価設定クレジット(かえるプラン)で買うと値引きが多くなる

もし残価設定ローンでワゴンRの購入を検討しているなら、こちらも参考にしてみて下さい。

5年後のワゴンRの買取金額と残価設定額の比較、高く売れるグレードや装備・色も紹介しています。

月々の支払額を少なく出来て、値引き額が多くなる残価設定ローンでワゴンRを購入するケースが増えています。

紹介車種例スイフト

※紹介車種例スイフト

3年の残価設定ローン

※3年の残価設定ローン

5年の残価設定ローン

※5年の残価設定ローン

上記の見積もりは、同じスズキ車のスイフトの残価設定型ローン(かえるプラン)の見積書です。

ローンを利用して購入するユーザーの約半数が残価設定ローンを利用していますが、まだ取っつきにくく思っている人も多いのではないでしょうか。

まずは残価設定型ローン(かえるプラン)のメリットとデメリットを見ていきましょう。

残価設定ローンのメリットで注目すべきところ

ワゴンRの残価設定クレジットのメリット
①頭金がなくても月々の支払額が安くなる
②中古車を検討していた人でも新車に手が届く
③銀行ローンに比べて契約手続きが楽になる
④通常のディーラーローンよりも金利が低い
⑤ワゴンRの値引きが多くなる

ローンでワゴンRを購入する時に、一番気になるのが「頭金」ですね。

「月々の支払いを考えたらある程度まとまった頭金がないとつらい・・・」、車を買い替えたいタイミングだったのに「急な出費がかさんで頭金を揃えるのが難しい・・・」というときに、残価設定ローンを利用することで、頭金がなくても月々の支払額を抑えて、新車のワゴンRに乗ることが出来ます。

もう一つ大きなメリットとしては、残価設定ローンを使って購入することで、ワゴンRの値引きが多くなることなんです。

残価設定ローンのデメリットで注目すべきところ

ワゴンRの残価設定クレジットのデメリット
①残価分にも金利が掛かるので、金利手数料は高い
②走行距離等が規定より多ければ残価が保証されず追い金が発生する
③ 残クレ中はワゴンRを売れない?
④ ローン終了後、手放す時は必ずディーラーに返さないといけない?

残価設定ローンのデメリットは、数年後の残価を差し引いた金額だけ支払う事で、月々の支払額が安くなる事に注目されていますが、実は数年後に据え置いた残価分に対しても、金利が掛かります。

なので、支払う利息手数料の総額は多くなってしまう傾向です。

また、契約時の規定(走行距離・内外装の状態)から外れると、残クレ終了時の清算の時に差額を負担する必要があります。

以上のようなデメリットがありますが、③と④に関しては誤解している人が多いのです。

残クレが終わったらワゴンRをディーラーへ返さないとダメ?

よく誤解されているうちの一つが「ローンが終了したらワゴンRを買ったディーラーへ返却しないとダメ」という事ですが、実は全くそんな事はありません。

ワゴンR もっと高く売れるかも

もしディーラーが引き取る残価設定額よりも高く買取ってくれる買取店があれば、そこへワゴンRを売って構いません。

残価設定ローンの規定内であれば、ディーラーは設定された残価で引き取りますが、同じ状態のワゴンRなら中古車市場でまだまだ需要が高い個体なので、残価以上での買取が可能です。

万単位で買取店の方が高くなるケースが多いので、何となくディーラーへ返却するのが当たり前と思っていると、万単位で損してしまうでしょう。

残価設定ローンの途中でもワゴンRが売れる!

もう一つ誤解されている事は、「残クレ中はワゴンRを売れない!」と思われている事です。

これも実は間違いで、よくこんな声を聞きます。

「ローンが終わるまでは今の車で我慢・・・」「他の車に買い替えたいけど、まだローンが残っている・・・」などなど。

実際は、残価設定ローンの途中でも、買取店にワゴンRを売る事が出来ます。

その際に、「自分で現金一括返済して名義を変更してから売る」と言った事も必要ありません。

買取店へ売れば、ワゴンRの買取金額でローンの残債を清算してくれ、買取金額の方が高ければ差額を買取店から受け取れます

名義変更等の面倒な手続きも、買取店が無料で行ってくれます。

ただ、注意したいのは、買取金額が残価を含めたローン残債よりも低いと、差額を買取店へ払って清算する必要があります。

残価設定ローンの途中でワゴンRを売る時は、残価を含めたローンの残債と買取金額を確認して、よく検討するようにしましょう。

ワゴンR残価設定ローンを売却時までシミュレーション

残価設定クレジットと言っても、通常のローンと変わりません。ただ、最終回に支払う元金が多くなると言う認識です。

人気のワゴンRハイブリッドFXに、ボディカラーは人気のピュアホワイトパールを選択して、全方位モニター用カメラ、セーフティーパッケージをメーカーオプションで選択、ドアバイザー、フロアマット、ETC、ナビをディーラーオプションで付けて、5年の残価設定型クレジット「かえるプラン」で購入したとしましょう。

グレード名 ワゴンR ハイブリッド FX
総支払額(値引き21万円 1,506,340円
5年後の残価 333,000円
残クレ月々の支払額(60回) 初回約28,113円×1回
22,900円×58回
最終回333,000円×1回
5年後のディーラー査定額
(走行距離6万キロ以内)
333,000円
5年後ディーラーへ返却 ±0円
5年後の買取店査定金額
(走行距離6万キロ以内)
5年後のワゴンRの買取相場
420,000円
5年後買取店へ売却 420,000-333,000=87,000円
8.7万円が手元に残る

※残価設定型ローンを使って購入する場合、交渉次第ではさらに値引きが可能になります。

人気のワゴンRハイブリッドFXを5年の残価設定型ローン(かえるプラン)で購入した場合のシミュレーションをしてみました。

走行距離や内外装の状態が残価設定ローンの規定内であれば、5年後にディーラーは333,000円でワゴンRを引き取ってくれます。

しかし、同条件のワゴンRなら、買取店の相場で42万円で買取る事も可能です。

ワゴンRの売却時は買取店を検討しましょう

その差額は約8.7万円です。買取店を検討しないでそのままディーラーへ返却すると、みすみす8.7万円の損をしてしまうので、是非ワゴンRの売却時は買取店を検討しましょう。

さらに、残価設定ローンでワゴンRを購入すると、新車値引きが多くなります。

残価設定ローンのデメリットとして、利息手数料の総額が多くなる事を挙げましたが、その分ディーラーへ入るクレジット会社からのマージンは少なくありません。

それをディーラーはワゴンRの値引きの原資に出来るので、交渉次第ではワゴンRから限界値引きが可能になります。

ちなみに、管理人が4年の残価設定ローンで普通車を購入した時は、残価が270万円でした。

4年後の査定は?
ディーラー→本来260万だが特別に270万円
買取店→320万円

その差50万円で買取店に売れました(笑)。

まともにディーラーに返却していたら、50万円の損失でした。ディーラー以外にも売れると言う事を、残クレ利用中の方にも知ってもらいたいですね。

残価設定ローンに有利!高く売れるワゴンRの条件

ワゴンRが高く売れる条件は

ワゴンRの残価の設定には、ボディカラーやオプション装備は加味されません。不人気色であっても条件を満たすなら、ディーラーで残価は保証してくれます。

しかし残クレで購入したワゴンRを買取店に売るなら、市場で人気のあるカラーやグレード、装備を選んでおいた方が、売却時に高値が付きます。

ワゴンRで高く売れるグレード 1位 スティングレー ハイブリッドX
2位 ハイブリッドFX セーフティーパッケージ
4WD
高く売れる装備 ナビ+全方位モニター
高く売れるボディカラー ピュアホワイトパール
ブルーイッシュブラックパール3

現状の相場では、ワゴンRでリセールバリューの高いグレードは、上記になります。

エアロパーツやスポーティな内装で中古車市場で人気のある「スティングレー ハイブリッドX」と、価格と装備がマッチしている「ハイブリッドFX セーフティパッケージ」なら、他のグレードよりも高値が期待できるでしょう。

ディーラーオプションは、概ね査定ではプラスになりにくいですが、ナビ+全方位モニターは中古車市場でも人気の装備なので、元は取れないまでもプラス査定幅は大きいです。

その他のフロアマットやバイザー、ETC等は付いていても査定では残念ながらプラスにはならないので、純正よりお手頃価格の社外品を、ネット通販で購入して初期費用を抑える方法もあります。

ボディカラーは、ホワイトパールブラックパールであれば、他色よりプラス査定が見込めるでしょう。

ワゴンRの残価設定ローンのメリット・デメリットをしっかり把握していれば、残クレで購入もあり!

残価設定ローンのメリットとデメリットを理解していれば、自分に合った購入方法なのか判断が出来ます。

デメリットはありますが、毎月の支払額を抑えられたり、ワゴンRの限界値引きのチャンスを考えると、検討する価値はあるのではないでしょうか。

ただし、過走行と事故修復歴だけは注意したいですね。

いずれもマイナス査定の大きな要因となるので、残クレ終了時にはユーザーが追い金を負担するケースが出てきます。

その点も承知した上で、残価設定ローンを検討するようにしましょう。

自分の車の相場を調べて残価よりも高く売る!両方出来るおすすめサイトはこちら

ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合いディーラーの残価よりも高値が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

ワゴンRのモデルチェンジで限界値引きが狙える

ワゴンRのモデルチェンジで限界値引きが狙える

ワゴンRのモデルチェンジ(小規模な一部改良・マイナーチェンジ・フルモデルチェンジ)が近づくと、最新型でなくなってしまう現行ワゴンRの値引きが拡大する傾向が見られます。

ディーラーはワゴンRが型落ちしてしまう前に、値引きを多くしてでも早く売り切ろうと急ぐためです。

※マイナーチェンジ(内外装に改良が加えられ、場合によってはエンジンの変更もあり。一部改良より規模が大きい物。型式は変わらない)

※フルモデルチェンジ(内外装とも大きく変更され、エンジンにも改良や変更が入る事が多い。型式も変わる)

ワゴンRのモデルチェンジ予想 ワゴンRの予想限界値引き
2019年中に一部改良 一部改良前には、値引き総額10万円以上
2020年中にマイナーチェンジ マイナーチェンジ前に10~15万円以上の値引きも可
2022年中にフルモデルチェンジ

フルモデルチェンジ前に20万円以上の値引きも可

※値引き額は車両+オプションからの値引きの合計

ワゴンRのモデルチェンジ周期および値引き実例データを見ると、マイナーチェンジで10~15万円以上の値引き、フルモデルチェンジで20万円以上の限界値引き実例もあります。

マイナーチェンジ/フルモデルチェンジ以外の小規模な一部改良であっても、在庫車となるワゴンRを売り切る必要があるため、ワゴンRから10万円以上の値引きが期待できます。

これらモデルチェンジの1~1.5ヶ月前になると現行ワゴンRの新車オーダーにストップがかかるため、その前にワゴンRの値引き交渉が進められるよう、商談スケジュールを組んでおきたいところです。

現行ワゴンRにオーダーストップがかかると、その間は在庫車のみの販売となるため、在庫のワゴンRがあれば限界値引きのチャンスとなります。

しかし、あえて値引きの多くなる在庫車ワゴンRを狙っている人もいるため、先を越されないよう小まめな情報収集で機先を制するのが肝心です。

競合車のモデルチェンジでワゴンRの最大値引きが狙える

ワゴンRは軽自動車の経済性と全高アップによる広く快適な室内空間を両立させた「軽トールワゴン」の先駆けですが、現代では後続メーカーも魅力的なラインナップを取り揃え、熾烈な販売合戦を演じています。

ワゴンRのライバル車にモデルチェンジが入ると、そちらに傾きかけたユーザーの心を引き戻そうと、ディーラーも値引き攻勢を繰り出してワゴンRの受注アップを狙います

こうしたライバル車のモデルチェンジを材料として値引き交渉に臨めば、ワゴンRの最大値引きを勝ち取ることも可能です。

時期 ムーヴのモデルチェンジ推移と予想 N-WGNのモデルチェンジ推移と予想
2013年11月20日 発売
2014年12月12日 フルモデルチェンジ
2017年8月1日 マイナーチェンジ
2019年中 フルモデルチェンジ(予想)
2020年中 フルモデルチェンジ(予想)

※今後赤字のタイミングでワゴンRの値引きが緩む

上記はワゴンRのライバル車として有力な、ダイハツ・ムーヴとホンダ・N-WGNのモデルチェンジ推移と今後の予想をまとめたものです。

ムーヴはマイナーチェンジを終え、N-WGNは発売から5年間以上モデルチェンジを入れずに来ているので、両車とも次回はフルモデルチェンジ(N-WGN:2019年、ムーヴ:2020年)が予測されます。

対するワゴンRは、2019年に一部改良、2020年にマイナーチェンジが予想されるため、相乗効果によってワゴンRの最大値引きを狙うチャンスとなるでしょう。

例えば「別に急ぎでワゴンRが欲しい訳でもないし、もうすぐフルモデルチェンジが入るN-WGN(orムーヴ)と見比べてから選びたいけど、大幅に値引きしてくれるなら、ワゴンRに決めてもいい」など、どちらか決めかねている様子でアプローチすると、ワゴンRの最大値引きに希望が持てます。

また、ライバル車のモデルチェンジ日程がわかったら、その前後1ヶ月にかけて商談すれば、ディーラーもライバル車を意識しており、効果的に値引き交渉が進められるでしょう。

ワゴンRのディーラーオプションからこれだけ値引き出来る

ワゴンRのディーラーオプションからこれだけ値引き出来る

ワゴンRの値引きは車両本体以外にも、ワゴンRに装着するディーラーオプションからも値引きが見込めます。

ワゴンRのディーラーオプション
スタンダードワイドナビセット
バックアイカメラ
ドライブレコーダー
ETC2.0
フロアマット(ノーブル)
ドアバイザー
ナンバープレートリムセット(盗難防止ロックボルト付)
UV+IRカットフィルムセット
コーティング(エクセルSPシールド)
オプション合計金額 370,470円
オプション値引き 74,000~111,000円

ワゴンRのディーラーオプション値引きは、価格に対して約20~30%が相場なので、上記の場合は約7.4~11.1万円の値引きが目安となるでしょう。

ディーラーオプションの仕入れ原価は、商品によって異なるものの概ね50%程度であり、残った50%から必要経費を差し引いた残りが、ディーラーオプション値引きの幅となります。

高額なディーラーオプションや、利益率の高いディーラーオプションを選択すれば、それだけワゴンRのディーラーオプションから値引きを引き出す余裕が生まれます。

例えばナビは高額オプションにカテゴライズされますが、その仕入れ原価は約30%と低めで、ボディコーティングや点検パックなどの仕入れ原価は10%以下とほぼ人件費ですから、これらは大幅な値引きが期待できます。

ワゴンRにナビやボディコーティング、点検パックなどのディーラーオプションを装着したら、抜かりなく値引きを勝ち取りましょう。

ワゴンRの在庫車は驚愕の最高値引き○○万円!

ワゴンRの在庫車は最高値引きが狙える

ディーラーがワゴンRを売れると読んで見込み発注したり、読みが外れて売れ残ってしまったり、ユーザーから契約キャンセルされてしまったり、展示車両だったり……などなど、ワゴンRの在庫車が出る事情はさまざまです。

この在庫車こそが最高値引きの狙い目、まさに「残り物には福がある」というもの。

完成検査を終えて出荷された新車ワゴンRが、9ヶ月を過ぎても登録されていない場合、登録にはワゴンRを陸運局へ持ち込まなければなりません。

普通なら書類だけで登録できるのに、わざわざコストをかけて陸運局へ運ぶようなことはしたくないので、ディーラーとしては是が非でもワゴンRを9ヶ月以内に売りさばきたいと考えています。

なので、ワゴンRの在庫があれば最高値引きを達成するべく商談し、オプション値引きも含めて15万円以上はボーダーライン、20万円以上の値引きなら合格ラインと言えます。

ワゴンRのモデル末期や決算時期と重なれば、相乗効果によって20~25万円以上の最高値引きも狙えます。

スズキのセールスマンが「今でしたら、特別にワゴンRを値引きできます!」など、短期決戦に持ち込んで来たら、在庫車として抱えているワゴンRを早く処分したい焦りを隠している可能性があるため、大胆な値引き条件を要求しつつ、ワゴンRの最高値引きを引き出しましょう。

オプションなし!下取りなしでワゴンRの値引き相場はいくら?

ワゴンRに一切オプションを付けずに、下取りなしでどの位が値引き相場なのか、グレード別で紹介します。

グレード別セレナ下取りなしの値引き相場
FA 10~12万円の値引き
ハイブリッドFX 12~14万円の値引き
ハイブリッドFZ 13~15万円の値引き
スティングレーハイブリッドX 14~16万円の値引き
スティングレーハイブリッドT 15~17万円の値引き

ディーラーの仕入れ状況・販売実績にもよりますが、ワゴンRの新車仕入れ原価は約85~90%となります。

新車価格から仕入れ原価を引いた残りの10~15%がディーラーの得られるワゴンRの利幅となりますが、その中から削り出せるワゴンRのオプションなし・下取りなしの値引き相場が上記となります。

今後、ワゴンR/スティングレーの値引きガードにスキが見えてきたら、上記の値引き相場を参考として値引き交渉のシミュレーションを立ててみましょう。

とは言え、オプションもつけず、下取りなしのワゴンRであれば、上記の値引き相場がほぼ限界値引きと言える値引き相場になるでしょう。

オプションや下取りといった値引き交渉の材料がないため値引きの難易度は高く、決算時期やボーナス期、セールスさんのノルマが厳しい時など、運やタイミングも重要になってきます。

例えば商談中に「今決めてくれるなら、これだけの値引きを……」「いくら値引きすれば、今決めてくれますか?」など、焦りを感じ取れるフレーズが出てきたら、単刀直入に値引き条件を伝え、ワゴンRからオプション&下取りなしの最大値引きを勝ち取るべく、大胆に攻めていきましょう。

決算値引きが最強説!ワゴンRの決算値引きは実際いくら?

スズキの決算月は、年度末の3月です。

その時、決算の実績を少しでも嵩増ししようと締めの3月に新車販売台数を増やすため、ワゴンRはじめ各車の大幅値引きによる拡販を目論みます。

また、半期となる9月の中間決算期も、同じ理由でワゴンRの値引きが大きくなる時機です。

決算時の実績にカウントされるのは3月&9月いっぱいの登録が条件となるため、納期を確認しつつ決算月内に登録できるタイミングで、ワゴンRの値引き交渉を進めたいところです。

直近では2018年9月の中間決算期にワゴンRから12.5万円の決算値引き、2017年9月の中間決算期には、ワゴンRから14.1万~20.9万円の決算値引きが報告されています。

ディーラーオプションを15~20万円以上つけると、値引き交渉しだいでは20万円以上の決算値引きも十分に可能なため、ワゴンRを購入するなら、限界値引き突破を目指していきましょう!

ワゴンRを限界値引きで購入しても下取り車で損したら意味がない

下取りを安くされて、せっかくの値引きを帳消しにされたら勿体ないですよね・・・。以下の一括査定を利用する事で、ディーラー下取りで損しないように愛車を高く売り抜く事が可能です。

ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます!45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

-ワゴンRの値引き
-,

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.