スズキ車モデルチェンジ推移と予想

スズキ ワゴンR モデルチェンジ推移2010年8月20日

投稿日:

スズキニュースリリースより

----------------------

スズキ、軽ワゴン車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」を一部改良
~アイドリングストップシステム採用車を設定~

スズキ株式会社は、軽乗用車「ワゴンR」と「ワゴンRスティングレー」を一部改良し、アイドリングストップシステム採用車を新設定するなど燃費の向上を図るとともに、環境対応車普及促進税制(エコカー減税)対象の機種を拡大させて8月20日より発売する。

「ワゴンR」と「ワゴンRスティングレー」は、「個性的で存在感あふれるスタイリング」「乗り降りや運転のしやすさ」「室内空間の広さ」といった優れたパッケージングにより、幅広い層のお客様より高い評価を頂いている軽ワゴン車である。

今回の一部改良では、新開発のアイドリングストップシステムを採用した機種を設定したほか、副変速機構付CVTを搭載するなど燃費の向上を図り、軽ワゴン車トップ※1の 燃費25.0km/L※2を達成(「FX アイドリングストップ」)。新たにターボ・2WD車も「平成17年度排出ガス基準75%低減レベル」を達成し、エコカー減税対象機種を拡大した。

また、CVT車、4AT車に、燃費効率が良い運転状態になると点灯するエコドライブインジケーターを新採用したほか、「FXリミテッド」、「スティングレーT」の2WD車に、走行中にパンクしても、80km/h以下のスピードで約80kmまで走行が可能なランフラットタイヤをメーカーオプション設定した。

※1 2010年7月末現在 スズキ調べ
※2 10・15モード燃料消費率(国土交通省審査値)

環境対応車普及促進税制への適合
ワゴンR「FX」「FXリミテッド」の4AT・4WD車とワゴンRスティングレー「T」の4WD車を除く全車を環境対応車普及促進税制に適合させた。

「ワゴンR」シリーズ共通の主な改良点

ロー/ハイ2段の副変速機構付のCVTを新採用。変速比幅を広げ、燃費と発進加速を高めた。また、NAエンジン搭載車の燃費を向上させた。
燃費効率が良い運転状態になると点灯する、エコドライブインジケーターを新採用した。(5MT車を除く)

「ワゴンR」の主な改良点
CVTとアイドリングストップシステムを搭載した、新機種「FX アイドリングストップ」を設定した。
走行中にパンクしても、80km/h以下のスピードで約80kmまで走行が可能なランフラットタイヤを「FX リミテッド」の2WD車にメーカーオプション設定した。
「FXリミテッド」に専用のフロントメッキグリルを採用した。
上質感のある光沢糸を縫い込んだシート表皮を採用し、洗練された印象とした。
「FX」に水色「アクアベールブルーパールメタリック」、「FXリミテッド」に青色「パールメタリックカシミールブルー」をそれぞれ新設定した。

「ワゴンRスティングレー」の主な改良点
「T」に、15インチアルミホイールを採用した。
ランフラットタイヤを「T」の2WD車にメーカーオプション設定した。
動きのある柄のシート表皮で躍動感と上質感を両立させると共に、きめの細かいドアトリム表皮を採用し精緻な印象とした。

販売目標台数(月間)「ワゴンR」シリーズ全体 18,000台

・価格(消費税込み)

ワゴンR

1,071,000-1,330,350円

ワゴンRスティングレー

1,254,750-1,524,600円

ワゴンR

-スズキ車モデルチェンジ推移と予想
-,

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.