スズキ車モデルチェンジ推移と予想

スズキ ワゴンR モデルチェンジ推移2010年11月25日

投稿日:

スズキニュースリリースより

----------------------

スズキ、「ワゴンR」国内累計販売台数350万台達成を記念し、特別仕様車「ワゴンR リミテッド」特別仕様車「ワゴンRスティングレー リミテッド」を発売

スズキ株式会社は、軽乗用車「ワゴンR」が国内累計販売台数350万台を達成※1することを記念し、特別仕様車「ワゴンR リミテッド」、特別仕様車「ワゴンRスティングレー リミテッド」を11月25日より発売する。

※1 社団法人 全国軽自動車協会連合会資料よりスズキ調べ。

「ワゴンR」は1993年9月の誕生以来、新しいジャンルのワゴンタイプの軽乗用車として、広く快適な居住空間、乗り降りしやすいシート、使い勝手の良いラゲッジスペースなどの特長で好評を得てきた。1999年3月に累計販売台数100万台を達成し、2003年12月に累計販売台数200万台、2008年6月には累計販売台数300万台を達成した。

さらに2003年度から2009年度まで7年連続で国内軽自動車の車名別新車新規届出台数第1位※1を誇り、2011年1月に累計販売台数350万台を達成する見込みである。

今回発売する「ワゴンR リミテッド」は、「FXリミテッド」をベースに、足元を引き締めるガンメタリック塗装の専用14インチアルミホイールやオートライトシステム付ディスチャージヘッドランプに加え、専用のブラック内装などを採用。「ワゴンRスティングレー リミテッド」は、「X」をベースに、精悍な印象のブラックメッキ処理を施したフロントグリルやヘッドランプ、便利なオートライトシステムのほか専用シート表皮を採用するなど、それぞれ記念車にふさわしい高い質感と充実した装備を兼ね備えた特別仕様車である。

「ワゴンR リミテッド」、「ワゴンRスティングレー リミテッド」は全車環境対応車普及促進税制※2に適合。2WD・CVT車は23.5km/L※3、4WD・CVT車は22.5km/L※3をそれぞれ達成し、自動車取得税と自動車重量税の75%減税措置を受けることができる。また2WD・4AT車は21.0km/L※3を達成、自動車取得税と自動車重量税の50%減税措置を受けることができる。

※2 環境対応車普及促進税制による自動車取得税の減税措置は平成24年3月31日新車届出、自動車重量税の減税措置は平成24年4月30日新車届出まで。
※3 10・15モード燃料消費率(国土交通省審査値)。燃費消費率は定められた試験条件での数値。使用環境(気象・渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なる。

特別仕様車「ワゴンR リミテッド」の主な特長

エクステリア
オートライトシステム付のディスチャージヘッドランプ[ロービーム、オートレベリング機構付]を装備した。
ガンメタリック塗装を施した14インチアルミホイールを採用した。
ルーフアンテナを採用した。

インテリア
黒色の専用ファブリックシート表皮の採用に加え、インパネ、ドアトリム、ドアトリムクロスを黒色で統一し、ブラック内装とした。
バックモニター付CDプレーヤーをメーカーオプション設定した。

特別仕様車「ワゴンRスティングレー リミテッド」の主な特長

エクステリア
スケルトンタイプのブラックメッキフロントグリルを採用した。
精悍な印象のブラックメッキヘッドランプを採用した。
ガンメタリック塗装を施した新形状の14インチアルミホイールを採用した。
LEDサイドターンランプ付ドアミラーを採用した。
車体色は特別設定色の紫色(バタフライバイオレットメタリック)を加えた全6色を設定した。

インテリア
青色LEDのイルミネーション(インパネ、フロントドアトリム、フロントスピーカー)を採用した。
専用シート表皮を採用した。
便利なオートライトシステムを装備した。
バックモニター付CDプレーヤーをメーカーオプション設定した。

・価格(消費税込み)

1,218,000-1,414,350円

ワゴンR リミテッド」「ワゴンRスティングレー リミテッド」

-スズキ車モデルチェンジ推移と予想
-,

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.