スズキ車モデルチェンジ推移と予想

スズキ ワゴンR モデルチェンジ推移2015年8月18日

投稿日:

スズキニュースリリースより

----------------------

スズキ、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」が軽ワゴントップレベル※1の低燃費33.0km/L※2を達成

ターボ車にも「S-エネチャージ」を搭載

スズキ株式会社は、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」の「エネチャージ」「S-エネチャージ」搭載車の燃費を向上するとともに、ターボ車にも「S-エネチャージ」を搭載して8月18日より発売する。

今回、「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」の「S-エネチャージ」搭載車(ワゴンR「FZ」、スティングレー「X」)は、「S-エネチャージ」のモーターアシストする時間と頻度を増やすとともに、燃焼効率を高めるなどの改良を施したR06A型エンジンを組み合わせ、33.0km/L※2と軽ワゴントップレベル※1の優れた燃費性能を実現。

ターボ車(スティングレー「T」)にも「S-エネチャージ」を採用して、軽ワゴンターボ車トップレベル※1の低燃費28.0km/L※3を達成し、また、「エネチャージ」搭載のNA車(ワゴンR「FX」CVT車、「昇降シート車」)に改良型のR06A型エンジンを搭載して、ワゴンRシリーズの「エネチャージ」「S-エネチャージ」搭載車の燃費を向上させた。

※1 軽ワゴン=全高1,550mm以上の軽自動車。JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)に基づく。2015年8月現在、スズキ調べ。
※2 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値):ワゴンR「FZ」・スティングレー「X」の2WD車。
※3 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値):スティングレー「T」の2WD車。

ワゴンR・ワゴンRスティングレー「S-エネチャージ」搭載車(「FZ」・スティングレー)・
「エネチャージ」搭載車(「FX」CVT車・「昇降シート車」)の主な特長

「S-エネチャージ」と改良型R06A型エンジンを組み合わせ、軽ワゴントップレベル※1の優れた燃費性能を実現

モーターアシストする時間と頻度を増やした「S-エネチャージ」を搭載(「FZ」・スティングレー)
•ISG(モーター機能付発電機)のモーターアシスト時間を、従来の最長6秒間から最長30秒間まで拡大。
•モーターアシストする速度域を、従来の「15km/h~85km/h」から、NA車は「発進後~約85km/h」に拡大し、モーターアシストする頻度を向上。さらに、ターボ車は「発進後~約100km/h」とした。
*ISG=Integrated Starter Generator(インテグレーテッド スターター ジェネレーター)

改良型R06A型エンジンを搭載(「FX」CVT車・「FZ」・スティングレー「X」・「昇降シート車」)
•圧縮比の向上やEGRシステム採用に加え、吸気、排気系を見直し、低中速の動力性能を高めた上で、燃費性能を向上。
*EGR=Exhaust Gas Recirculation
•エキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッドの採用や触媒ケースを簡素化するなど、軽量化、コンパクト化を実現。
•ISGの搭載にあわせ補機ベルトシステム等を変更。

外観の変更
•LEDフロントフォグランプ(スティングレー)
•青い加飾を施したヘッドランプ及びリヤコンビネーションランプ(スティングレー「T」)
•青く点灯するLEDイルミネーション(スティングレー「T」)
•車体色「ムーンライトバイオレットパールメタリック」を新たに設定(「FX」、「FZ」、スティングレー)

メーカーオプションの設定
•14インチアルミホイールとキーレスプッシュスタートシステムをセットでメーカーオプション設定した(「FX」レーダーブレーキサポート装着車)。

・価格(消費税込み)

ワゴンR

1,144,800-1,493,640円

ワゴンRスティングレー

1,465,560-1,735,560円

ワゴンR/ワゴンRスティングレー

-スズキ車モデルチェンジ推移と予想
-,

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.