ワゴンRの評価集

ワゴンRの内装を徹底評価!インパネ・収納・荷室をチェック

更新日:

ワゴンRの内装を徹底評価

1993年から発売されているスズキの『ワゴンR』

幅広い年齢層のドライバーから非常に人気で、長く愛されている車種です。

発売から24年間進化し続けているワゴンRが2017年にモデルチェンジされました。

軽自動車の代表車種としてイメージの強いワゴンRがどのように進化しているのか、新しくなった内装や収納、荷室について詳しく見ていきましょう。

ワゴンRの内装の質感は?

ワゴンRの内装色

ワゴンRの内装色は「ブラック」と「ベージュ」の2色となっています。

選択するグレードによって内装色が変わります。

ハイブリッドFZ

ワゴンR ハイブリッドFZ

ハイブリッドFZは、内装色は「ブラック」のみとなっています。

非常に引き締まった印象があり、高級感を感じます。

ピラーやルーフ部分をグレーにすることで、開放感が得られ車内の圧迫感を和らげています。

ハイブリッドFX

ハイブリッドFXでは、「ブラック」と「ベージュ」から選択することができます。

ワゴンR ハイブリッドFX

ベージュはブラックと違い、かなり明るく開放感があります。

ダッシュボード部分はブラックになっており、オーディオパネルやエアコンの吹き出し口との配色もバランスが良いですね。

FA

FAは、「ベージュ」の内装色となっています。

ハイブリッドFXのようなブラックを選択することができないので、グレード選択の際に注意が必要ですね。

ワゴンRスティングレー

ワゴンR スティングレー

ワゴンRスティングレーの内装色は「ブラック」のみとなっています。

ベースグレードの内装カラーと同じですが、ドアトリム部分のカラーやインパネ周りの装飾に違いがあります。

ハイブリッドFZとは違った高級感のある内装となっています。

同じブラックの内装色ですが、質感と車内の雰囲気が違うので、実車でしっかりと確認することをオススメします。

ワゴンRのシート表皮・デザイン

シートカラーも内装色と連動して、選択するカラーによって違いがあります。

ブラックの内装色には、シートカラーも「ブラック」となり、ベージュの内装色にはベージュカラーのシートとなっています。

ワゴンR シート表皮・デザイン

また、ワゴンRスティングレーでは、ブラックの内装色になっているので、シートカラーもブラックですが、シート座面と背面にハニカム柄が施されています。

この部分はブラックではなくバーガンディとなっており、ドアトリムやサイドラインと同じ配色となっています。

ブラック一色ではなく、バーガンディが入る事で高級感を感じられる配色となっています。

ワゴンR シート素材

シート素材に関しては、どのグレードでも同じファブリック素材が使用されています。

シート素材はなめらかで、非常に手触りがいいですね。

シートは車に乗った際に必ず触れる部分なので、このような触り心地の良い素材が使われているのは嬉しいですね。

ワゴンR フラットタイプのベンチシート

シートデザインは、フラットタイプのベンチシートが採用され、運転席から助手席への移動もスムーズに行えます。

サイドサポートの張り出しもあるので、走行中の揺れで体がズレることもなく、ホールドされ快適に運転することができます。

ワゴンRのインパネ

ステアリング

ワゴンR ステアリング

ハイブリッドFZには、本革巻きステアリングが採用されています。

手馴染みの良いので、握り心地も抜群ですね。

本革巻きステアリングの一番の特徴は滑りにくいことです。

夏場などで多少手に汗をかいても滑ることなくステアリングを操作できます。

ワゴンR ウレタン素材のステアリング

ハイブリッドFX、FAに使用されているウレタン素材のステアリングは、使っていくうちにツルツルと滑りやすくなるので注意が必要です。

ステアリングガーニッシュ

ワゴンR ステアリングガーニッシュ

ハイブリッドFZには、ステアリングのスポーク部分にシルバーガーニッシュが施されます。

このようなシルバーガーニッシュで加飾されているのと、加飾が無いのとでは、内装の質感が大きく変わってきます。

また、ハイブリッドFZの内装色のブラックとの相性も非常によく高級感を感じられます。

ハイブリッドFXとFAには、ステアリングガーニッシュは施されませんが、ハイブリッドFXに関しては、メーカーオプションの全方位モニター付きメモリーナビゲーションをつけることで、ステアリングガーニッシュが設定されます。

インパネカラーパネル

助手席から運転席まで伸びるインパネカラーパネルは、グレード毎に違いがあります。

ワゴンR インパネカラーパネル

ハイブリッドFZには、ダークブルーのパネルが施されます。

ダークブルーのパネルはブラックの内装色と非常に相性が良く、車内の雰囲気にとても馴染んでいます。

ワゴンR ホワイトのパネル

また、ハイブリッドFXとFAはホワイトのパネルが使用され、とてもインパクトのあるものとなっていますね。

明るいベージュの内装色とは違和感なくマッチしています。

ワゴンR ブラックの内装色

ブラックの内装色とホワイトパネルの組み合わせでは、他のパーツにホワイトを使用している部分がなく、パネルが助手席から運転席まで広範囲に装着されているのでかなりのインパクトがありますが、とても目立つため、好みが分かれると思います。

インパネカラーパネルはオプションで選択することができないので、グレード選択には悩みそうですね。

ワゴンR スティングレーのインパネカラーパネル

ワゴンR スティングレーのインパネカラーパネルには、ピアノブラックが使用され、高級感を感じます。

さらに、画像のようにレッドラインも施され、シートやドアトリムカラーとの相性もいいですね。

メーター

ワゴンR ハイブリッドFZ
*ハイブリッドFZ

ワゴンR ハイブリッドFX
*ハイブリッドFX

ワゴンR FA
*FA

ワゴンR スティグレー
*ワゴンRスティグレー

ワゴンRのメーターは、ダッシュボードの中央に位置していますが、視界を遮ることのないようにデザインされているので、安全に運転することができます。

ハイブリッドFZとハイブリッドFXには2眼のメーターが採用され、FAではスピードメーターだけの1眼になっています。

またハイブリッドFZとハイブリッドFXのメーターの右上には、マルチインフォメーションディスプレイが装備され、走行距離やガソリン残量計以外にもモーターによるクリープ走行や減速エネルギー回生などが表示されます。

FAには、ガソリン残量と走行距離が表示されます。

ワゴンR スティグレーのメーターもハイブリッドFZとハイブリッドFXと同じようにマルチインフォメーションディスプレイが装備され、メーター内のデザインが少し異なります。

ドアトリム

ワゴンR ドアトリム

ワゴンRスティグレーのみになりますが、ドアトリム部分のクロスがシート座面と背面のカラーと同色となっています。

ベースグレードにはドアトリムクロスは施されておらず、樹脂素材で内装色と同じブラックになっていますが、ワゴンRスティグレーには、手触りの良いクロスが施され、内装の質感がアップしています。

ワゴンRの収納・荷室の使い勝手は?

運転席側の収納

ドリンクホルダー

ワゴンR ドリンクホルダー

運転席の右側にドリンクホルダーが装備されています。

ペットボトルをすっぽり収めることができますが、ホルダーの形状が四角く少し大きめの作りになっているため、丸い形状の飲み物は走行中の振動で動いてしまうのが残念です。

インパネアッパートレイ

ワゴンR インパネアッパートレイ

ステアリングの前方に収納スペースがあります。

大きな収納スペースではないので、多くの物を収納できませんが、スマホや財布を手軽に置くことができるので重宝します。

インパネアンダートレイ

ワゴンR インパネアンダートレイ

ステアリングの下に画像のような収納スペースがあります。

窓拭き用のタオルや化粧ポーチなども収納することができます。

あまり奥行きがないので、走行中の振動で落下してしまわないように気をつけなければいけません。

フロントドアポケット

ワゴンR フロントドアポケット

ドアポケットには、ドリンクホルダーと収納スペースがあり、非常に使いやすいデザインとなっています。

ホルダーはペットボトルが楽に収納できるような形状になっており、収納スペースは広くとられているので使い勝手もいいです。

カードホルダー

ワゴンR カードホルダー

オーディオパネルの右側に、カードホルダーが装備されています。

数枚のカードであれば無理なく置けます。

駐車券やよく使うカードを簡単に取り出せる位置にあるのは嬉しいですね。

また、このようの収納がある車種はあまりないので、ユーザーの意見をしっかりと取り入れられモデルチェンジされたのが分かりますね。

助手席の収納

助手席オープントレイ

ワゴンR 助手席オープントレイ

助手席の前方に大きな収納トレイがあり、画像のようにボックスティッシュが置けるほどのスペースです。

また収納スペースの手前は、小物が落ちてこないように少し高くなっています。

このようにフタの付いていない大きな収納スペースがあると、小物を手軽に置けるので使い勝手が非常にいいですね。

グローブボックス

ワゴンR グローブボックス

オープントレイの下部にグローブボックスがあります。

開口部分はあまり大きくないですが、奥行きがあるため、画像のようにボックスティッシュやペットボトルも収納することができます。

シートアンダーボックス

ワゴンR シートアンダーボックス

ワゴンRの助手席の下に収納スペースか確保されています。

シートの座面を開けることで大きな収納スペースを利用することができます。

この部分には汚れた靴や濡れてしまったものなどを収納できるほか、車内掃除グッズも収納できるので、使い方は様々です。

シート下から引き出すタイプのトレイよりも収納力があるので非常に便利なアイテムです。

ショッピングフック

ワゴンR ショッピングフック

センターパネルの左側にショッピングフックが装備されています。

買い物袋をかけておいたり、ビニール袋をかけてゴミ箱代わりにしたりと、いろいろな使い方ができるのもいいですね。

フロントドアポケット

運転席と同様にドアサイドに収納スペースがあります。

ドリンクホルダー

ワゴンR ドリンクホルダー

運転席と同じドリンクホルダーが助手席の左側に装備されています。

後部座席の収納

リアドアポケット

ワゴンR リアドアポケット

ワゴンRのリアポケットは、非常に特徴的です。

ドア部分に傘を収納できるスペースがあります。

傘専用の収納スペースがあるのはかなり珍しく、置き場所に困る傘が収納できるのは有難いですね。

また、傘についた水滴がトレイに集まりしっかりと排出されるのもいいですね。

画像のように、ドリンクホルダーやボックスティッシュも収まる収納スペースなどもしっかりと確保されており、後部座席の収納も十分です。

シートバックポケット

ワゴンR シートバックポケット

助手席のシートバックに地図や雑誌を収納できるポケットが装備されています。

運転席側にポケットがないのは残念ですね。

ワゴンRの荷室のサイズは?どれぐらい積める?

ワゴンR 荷室のサイズは?

ワゴンRの荷室のサイズは高さ840mm・幅1165mm・奥行き280mmとなっています。

奥行きがあまりないように感じますが、画像のようにスーツケースも楽に積むことができます。

ワゴンR 簡単にシートを倒すことができ

また、後部座席の肩口にあるレバーを引くことで、簡単にシートを倒すことができ、より多くの物を積むことができます。

ワゴンR シートアレンジ

ワゴンR シートアレンジ

画像のようにシートアレンジをうまく使うことで、長い荷物や自転車なども積むことができます。

ワゴンR 荷室との間に生まれる段差がない

さらにワゴンRの荷室で良い部分は、後部座席を倒した際に荷室との間に生まれる段差がないことです。

荷室との間に段差が生まれてしまうと、荷物の積み下ろしに手間がかかってしまいます。

ヘッドレストを外したりすることなく、ワンタッチで後部座席を倒すことができ、フラットになる荷室は大変使い勝手がいいですね。

また、後部座席を倒すことで奥行きが1320mmまで拡大し、より多くの荷物を収納することができます。

ワゴンR 床下にもスペース

画像のように床下にもスペースがあるので、ベビーカーをそのまま立てて収納したり、床下収納としても重宝します。

ただ、荷室にサイドポケットがないので、洗車用品などの小物を収納することができないのが惜しい点ですね。

ワゴンRの内装まとめ

ベースグレードとスティングレーでは、内装の質感がやや異なりますので、実際に触れて確認することをオススメします。

新しくなったワゴンRは、収納スペースが多くあり、少ない空間を有効に活用して、ユーザーの使い勝手を追求した印象を受けます。

荷室については、豊富なシートアレンジによって荷室の使い勝手が向上するので、様々なユーザーのニーズに合った使い方が出来るでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ワゴンRの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのワゴンR値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がワゴンRを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のワゴンRの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ワゴンR値引き交渉マニュアル

-ワゴンRの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.