ワゴンRのレポート

スズキ ワゴンR値引きレポート!FXリミテッド値引き額24.6万円-清原健さん

ワゴンR値引きレポート

ワゴンRの購入データ

契約日
2016年12月4日
ネーム 年齢 性別
清原健/40代前半/男性
商談地
埼玉県
購入グレード
ワゴンR FXリミテッド
メーカー
オプション
レーダーブレーキサポート装着車
ディーラー
オプション
他装備付属品
フロアマット

サイドバイザー

オプション総額
45,000円
車庫証明
カット
納車費用
計上
車両本体価格
からの値引き額
146,790円
オプションからの
値引き額
0円
無料サービス品名
ガソリン満タンサービス

4,000円

値引き合計額

246,790円

購入総額
(下取り分含まず)
1,250,000円
下取り車
--
下取り車の価格
--
下取り車の売却先
-- (45秒のオンライン無料査定)

値引き交渉レポート!

今まで2台持ちできていましたが、しばらく前にコンパクトカーをやめました。でもやはり2台ないと不便だなということになり、もう1台購入しようとなったのです。
前は普通車を持っていましたが、もう軽自動車でいいだろうということになり、スズキに見に行ったのです。

「いらっしゃいませ」

女性セールスの方に出迎えられます。まだどの車にするかは決めていませんでした。主に妻が使うことになるので、妻に任せようと思っています。
色んな車を見せて頂きましたが、妻も決めきれずでした。

「どれもいいね。迷ってしまう」

「もし乗りやすさでお選びなら、やはり定番のワゴンRをオススメ致します」
女性セールスはそう言います。妻も頷きました。

「確かにワゴンRが一番使いやすそうな気はするね」

「私もこれに乗っていますよ。営業のくせに運転も下手なんで、あえてワゴンRにしています」
そう聞き、妻も言います。

「私もしばらく運転していないからなぁ。使いやすいのなら、これでいいかなぁ」

私もしては正直に言ってどれでも良かったので、妻が納得するのなら、と思っています。
見積もりを作りに女性セールスが席を離れたとき、妻は私に言いました。

「でも予算は120万円だからね。それを超えたら無しにしよう」
自分用の車ですが、きつい制約をつけました。妻はお金に厳しいのです。

「120万円ってかなりきつくない?普通に超えそうだけど」

「でもどこかで線引きしとかないと。幾らでもいいってわけじゃないでしょ」

そうして見積もりを出してもらうと、妻の言う予算、120万円は大きく超えていました。女性セールスはこちらの思いも知らずに、見積書について説明してきます。終えると、「いかがでしょうか?」と聞いてきました。妻が言います。

「ごめんなさい。かなり予算オーバーだわ。いい車だと思うけど」

「予算オーバーですか?そのご予算は幾らなんですか?」
妻の代わりに、私が答えました。

「120万円なんですよ。さすがに無理でしょ?」
その金額にはさすがに女性セールスも神妙な顔つきになりました。

「無理なのかな?」
妻も聞きます。女性セールスは重い口を開きます。

「さすがにそこまでは不可能としか言えません。やれたらやります。でも無理なんです」

そこまで言われたら、こちらも何も言えません。私はだったらどこまでいけるか交渉したいところですが、妻は予算を超えた時点で、とりあえずやめておこうとなりました。

「すいません。せっかく色々してもらったのに」
妻が女性セールスに詫びます。

「いえ。でもできる限り頑張りますので、何卒ご検討お願い致します」

そうして一度ショールームを出ました。
さすがにちょっと妻の予算は厳しすぎました。

そんな話を妻として、もう少し予算をあげてもいいかなと話していました。
そしてしばらくした後日、女性セールスから連絡をもらいました。

「120万円までは無理です。でも125万円まで、なんとかさせて頂きます。こちらも限界超えての値引きです。これでなんとかお願いできませんか?」

かなりの値引きを出してきてくれました。妻に話すと、初め言っていた予算には届きませんが、女性セールスはかなり頑張ってくれたので、これで決めたいと言いました。

「頑張ってくれて、ありがとうございます。それでお願い致します」

こうして女性セールスの頑張りで、ワゴンR購入となりました。
妻も納得しての買い物です。良かったです。
本当に頑張ってくれました。

こちらも参考に!ワゴンRを安く買う簡単購入術!

-ワゴンRのレポート
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.