ウェイクの評価集

ウェイクは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

ウェイクは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

ウェイクのユーティリティの高さに魅力を感じている方は、大勢いらっしゃることでしょう。

しかし、個性派モデルだけに、一般的な軽トールワゴン車よりも運転が難しいのではないかと不安になっていないでしょうか?

ここではウェイクの運転しやすさについて検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、購入を検討されている方は是非とも参考にしてみてください。

ウェイクの大きさは?ボディサイズをチェック

まず初めに、ウェイクの売れ筋グレード「Gターボ SAⅢ」のボディサイズをチェックしてみましょう。

【ウェイク Gターボ SAⅢ】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,835mm

全長・全幅はほかの現行軽自動車と同様、規格いっぱいのサイズです。

一方、全高は軽自動車規格の上限である2mよりは低いものの、一般的な軽スーパーハイトワゴンよりも高く設定されています。

ほかの軽スーパーハイトワゴンから乗り換えるケースもあると思いますので、ここでタントとサイズを比較してみましょう。

ダイハツ タント
※タント 出典daihatsu.co.jp

【タント X SAⅢ】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,750mm

ウェイクは、タントと比較して全高が85mm高いことが分かります。

同時にシートポジションが62mm高められているため、運転感覚は若干異なったものに感じられるはずです。

ウェイクの小回りは効くか?ウェイクの最小回転半径

次に、ウェイクの小回り性を検証してみましょう。

ウェイクの最小回転半径は4.4mで、タントと全く同じ数値になっています。

タントより背は高いものの、小回り性は全く損なわれていないということです。

ただし、15インチタイヤを履く最上級グレード、Gターボ レジャーエディション SAⅢを選ぶと、タイヤ幅が拡大するため最小回転半径が4.7mに拡大されます。

それでも、登録車の中では小回りの効くトールの4.6~4.7mと比べても遜色ありませんし、元より車体の小さい軽自動車なので、取り回しで困ることはまずないでしょう。

ウェイクは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

ウェイクの車両感覚と運転感覚

ウェイクのフロントの見切りは抜群

水平基調のフォルムが特徴のウェイクはボンネットもほぼ水平なので、運転席から先端部まで確認できます。

ウェイクのフロントの見切りは抜群!
※タント 出典daihatsu.co.jp

それに加え、巨大なフロントガラスや低いインパネによりパノラミックな視界が開けているので、フロントの見切りの良さは抜群です。

更にボンネットが非常に短いことも相まって、フロントバンパーを障害物などにぶつけてしまうリスクはほとんどないといえます。

また、斜め前方視界の点でも、Aピラー(フロントピラー)が細く角度が立っているため視界を遮らないことや、大きな三角窓が備わることなどから、大変良好です。

そのため、交差点で右左折する際に歩行者を発見しやすいメリットを持っています。

ウェイクの車幅の感覚は掴みやすい?

ウェイクの特徴として、運転席からボンネットの先端が確認できることやアイポイントが高いこと、左右のAピラーの感覚が狭いこと、ボディ側面が垂直に切り立ったデザインを備えていることなどがあげられます。

これらの要素は、いずれも車幅の掴みやすさに直結するものです。

車幅の掴みやすさの点では、ウェイクはあらゆる車種の中でもトップレベルにあるといえるでしょう。

ウェイクの後方視界は良好

ウェイクの後方視界はグッド
※タント 出典daihatsu.co.jp

ウェイクはリアウィンドウの面積も大きいので、後方視界も良好です。

また、Dピラー(リアピラー)が細いことやリアクォーターウィンドウが十分な面積を持っていることから、斜め後方の視界も優れています。

ウェイクなら、運転免許取り立ての初心者でも後方視界に慣れるまで難しくなく、容易にバックや車線変更ができるようになるでしょう。

ウェイクの駐車にはコツがある?

ガラスエリアが大きく見晴らしが良い上、ボディ四隅の位置が把握しやすいウェイクは、前進・後退に関わらず駐車が容易にできる車です。

後退時に障害物を検知すると警報音でお知らせする「リヤコーナーセンサー」が「D」を除く全車に装備されることも、駐車のしやすさに貢献しています。

並列駐車よりもやや難易度が高い縦列駐車も、ウェイクなら難しくないでしょう。

ウェイクの駐車や死角
※タント 出典daihatsu.co.jp

また、窓枠下のベルトラインが水平なので、ベルトラインを目安として白線の枠内に真っ直ぐ停めやすい点も、ウェイクの運転のしやすさのひとつといえます。

ただ、唯一の欠点は、一般的な軽スーパーハイトワゴン以上に各ウィンドウの下端部の位置が高いため、車両直近の死角が大きいことです。

車両の直前や直後に子供がいると見えないことがあるので、十分に安全確認をした方がいいでしょう。

ウェイクの運転で役立つアイテム

D/D SAⅢ以外ならパノラマモニター対応純正ナビ用アップグレードパック

車両直近に死角があることが唯一のウィークポイントになっているウェイクですが、メーカーオプションの「パノラマモニター対応純正ナビ用アップグレードパック」(※D/D SAⅢを除く全車に設定)を装着することで解消できます。

パノラマモニターとは、車両の前後左右合計4箇所に設置されたカメラの映像を純正ナビの画面に表示し、安全運転をサポートするアイテムです。

パノラマモニターのトップ&フロントビュー
※タント 出典daihatsu.co.jp

パノラマモニターは、状況に応じて以下のように視点を切り替えられます。

1.路地から優先道路に進入する時は、車両前方の映像を広角表示する「フロントワイドビュー」

2.車庫入れ(並列駐車)する時は、車両を上から俯瞰した映像と車両の前方または後方の映像を併せて表示する「トップ&フロントビュー」「トップ&リヤビュー」及び車両後方の映像を広角表示する「リヤワイドビュー」

3.縦列駐車する時は、車両の左側と後方の映像を同時に表示する「レフトサイド&リヤビュー」

4.路肩いっぱいに寄せる時は、車両左右の映像を同時に表示する「レフト&ライトサイドビュー」

これらのビューを使い分ければ、接触事故を起こしてしまうリスクを大幅に軽減できるはずです。

このパッケージには、フロントカメラ/サイドカメラ/バックカメラのほかに、ステアリングスイッチ/16cmリヤスピーカー/ツィーター/GPSアンテナ/フルセグTVフィルムアンテナ用ハーネスが含まれます。

価格は57,240円しますが、内容を考えればリーズナブルといえるでしょう。

D/D SAⅢなら純正ナビ装着用アップグレードパック

パノラマモニターが装着できないDやD SAⅢの場合は、メーカーオプションの「純正ナビ装着用アップグレードパック」を装着すると良いでしょう。

純正ナビ装着用アップグレードパック
※タント 出典daihatsu.co.jp

このパッケージを構成するアイテムは、ステアリングスイッチ/16cmリヤスピーカー/ツィーター/GPSアンテナ/フルセグTVフィルムアンテナ用ハーネス、及びバックカメラです。

バックカメラの映像をナビ画面に表示できるので、バックで駐車する時の安全確認に威力を発揮します。

パノラマモニターほどの多機能性はありませんが、それでもあるとないのでは大違いです。

価格は24,840円と、アイテムが少ない分お手頃になっています。

ウェイクの運転のしやすさまとめ

ウェイクはフロントの見切りや車幅の感覚の掴みやすさ、後方視界など、運転しやすさに直結するあらゆる要素が抜群に優れています。

車両直近の死角が大きい点だけが泣き所ですが、それもパノラマモニターがあればカバーできます。

運転に苦手意識のある女性の方は、D/D SAⅢ以外のグレードを選び、パノラマモニター対応純正ナビ用アップグレードパックを付けると、ウェイクがより運転しやすくなるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ウェイクの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのウェイク値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がプリウスを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のウェイクの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ウェイク値引き交渉マニュアル 

-ウェイクの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.