日産車モデルチェンジ推移と予想

日産 エクストレイル モデルチェンジ推移2003年6月9日

日産ニュースリリースより

-----

「X-TRAIL」をマイナーチェンジ

日産自動車は、「X-TRAIL」をマイナーチェンジし、6月9日より全国一斉に発売する。

今回のマイナーチェンジでは、最大45度のチルト角を持ち、運転席の有効スペースを大幅に広げるポップアップステアリングや、多彩な用途でラゲッジルームを自由に使えるマルチザイルネットを採用した他、これまでのラゲッジボード・シート・天井に加え、フロアも水拭きが簡単にできる防水加工とするなど、アウトドアスポーツでこれまで以上にハードに使えるよう、利便性・道具感を向上させた。

エクステリアについては、フロントグリル、フロントバンパー、アルミロードホイール、リヤバンパーなどのデザインを一新した。また、今回、ドライビングランプ、ルーフレール、ルーフバーの3つの機能をもったハイパールーフレールをオプションで設定した。

インテリアについては、インストルメントパネルの形状を変更することで質感を向上させた他、アッパーグローブボックス、ドライバーフェイス補助ベンチレーション、保冷機能付カップホルダー、保温保冷機能付大型マルチボックスなどの利便装備を採用した。

GTグレードには電子制御4輪ブレーキLSD機能を有したVDC(ビークルダイナミクスコントロール)を標準装備とし、滑りやすい路面だけでなく、アイスバーンと普通の路面が混在するような道でも、より容易に発進させることを可能とした。

さらに、QR20DE(NEO)エンジン搭載車は国土交通省の低排出ガス車認定制度で、「超-低排出ガス車(U-LEV)」*1の認定を受けるとともに、2010年燃費基準にも適合し、グリーン税制の優遇措置*2を受けている。

*1:2000年4月より、国土交通省が、一般消費者の選択を通じ、排出ガス低減性能の高い自動車の普及を促進するために開始した低排出ガス車認定制度。「超-低排出ガス車」は、NOxおよびHCの排出量の低減レベルが「平成12年基準排出ガス75%低減レベル」をクリアした低公害車。

*2:グリーン税制適合車には、2004年3月31日までの新規登録車に対し、自動車取得税減税(自家用車の場合15,000円の軽減)、自動車税減税(登録翌年度から1年間、「超-低排出ガス車」の場合は50%軽減)が適用される。(但しオーテック取り扱い車は適用除外)

また、「X-TRAIL」のマイナーチェンジを機に、日産情報サービス「カーウイングス」の料金体系を変更する。オペレーターによる有人情報サービス「コンパスリンクライト」を、従来の利用毎の課金から使い放題とするなど、より使いやすくした。(7月1日より)

<販売目標台数> 2,300台/月

<取り扱い販売会社> NISSAN Blue Stage:日産系、モーター系各販売会社
*全車種取り扱い店(NISSAN Red & Blue)を含む

<仕様・装備の主な変更点>

●エクステリア

・フロント/リヤバンパー、フロントグリル、フロントフォグランプ、サイドターンランプ、アルミロードホイール、リヤアンダーガードなどの意匠変更
・新色のサンドカーキ、ダイヤモンドシルバー(M)*など全7色に変更 など
*(M)はメタリックの略。

●インテリア

・インストルメントパネルの形状変更
・カップホルダー、エアコン吹き出し口の位置変更
・アッパーグローブボックス、ドライバーフェイス用補助ベンチレーション、保冷機能付カップホルダー、収納式カップホルダー、大型マルチボックスの採用
・防水加工フロア、マルチザイルネットの採用
・カブロンR/パートナーRコンビシートの採用(S、Xグレード)など

●装備

・ポップアップステアリングの採用(E-ATx車のみ)
・ハイパールーフレールの採用(オプション)
・カーウイングス対応TV/ナビゲーションシステム(DVD方式)(オプション)
・アクティブヘッドレストの採用 など

<全国希望小売価格(消費税を含まず)>

(単位:千円)

駆動

グレード

エンジン

ミッション

価格

2WD(FF)

S

QR20DE(NEO)

E-ATx

1,870

X

2,070

4WD

S

5MT

2,020

E-ATx

2,020

X

2,220

GT

SR20VET(NEO VVL)

2,825

E-ATx:フルレンジ電子制御4速オートマチック
5MT:5速マニュアル

エクストレイル エクストレイル

日産自動車の関連会社である(株)オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市社長:相部 剛)は、「ライダー」「アクシス」について、今回のマイナーチェンジに伴う変更を実施し、6月9日より全国一斉に発売する。

<車両概要>

X-TRAIL「ライダー」は、「スマートで存在感のあるスタイルと、上質感のあるインテリアを採用した、オンロード志向のファッショナブルSUV」をコンセプトとしており、迫力ある外観と落ち着いた室内装備をトータルコーディネイトした特別仕様車である。

また、X-TRAIL「アクシス」は、「ラグジュアリー感、高級感を持った、幅広いシーンが似合う洗練された都会派SUV」をコンセプトとしており、存在感の強さと、ジェントルな雰囲気を醸し出すエクステリア、上質感のあるインテリアでコーディネイトした特別仕様車である。

○は今回マイナーチェンジで変更・追加した部位

車種

「ライダー」ステージ1/ステージ2

「アクシス」

ベース車

S

駆動

2WD/4WD

エンジン

QR20DE(NEO)

ミッション

E-ATx(フルレンジ電子制御4速オートマチック)

乗車定員

5名

ベース車に
対して追加・
変更となった
主な仕様・装備

ステージ1/ステージ2共通 特別装備
・専用フロントバンパー
・専用フロントグリル&フードトップモール
・専用ネーミングステッカー
・専用大径マフラー
ステージ2専用 特別装備
・フロントバンパー組込み専用フロントフォグランプ
○専用スポーツシート&ドアトリム(専用生地採用)
・専用本革巻コンビステアリング
・専用シルバーメーター
・専用内装仕様(本革巻シフトノブ・本革巻
パーキングブレーキレバー)
・専用17インチ光輝アルミロードホイール
&専用225/55R17ラジアルタイヤ
<東洋ゴム工業製「TRANPATH MP SPORTS」>
 ・専用フロントバンパー
・専用フロントグリル&フードトップモール
・フロントバンパー組込み専用フロントフォグランプ
・専用エキゾーストフィニッシャー
・専用17インチアルミロードホイール&
&専用225/55R17ラジアルタイヤ
<東洋ゴム工業製「TRANPATH MP SPORTS」>
・専用シート地&ドアトリム エクセーヌ
スウェード調トリコットコンビシート)
・専用黒木目調フィニッシャー
(クラスターC、ATフィニッシャー部)
・専用内装仕様(本革巻ステアリング・本革巻
シフトノブ・本革巻パーキングブレーキレバー)
・MD・CD一体AM/FM電子チューナーラジオ、
6スピーカー
「ライダー」「アクシス」共通装備
○専用リヤアンダープロテクター ・カラードサイドガードモール
・専用ローハイトサスペンション ・メッキアウトサイドドアハンドル(ハンドル回りカラード)
・専用リヤコンビランプ(クリアタイプ) ・オゾンセーフフルオートエアコン
○プライバシーガラス

ボディカラー

・ホワイトパール(3P)<#QX1・特別塗装色>
・ダイヤモンドシルバー(M)<#KY0>
・スーパーブラック<#KH3>
※内装色は全てグレー
・シャンパンシルバー(M)<#EV0・アクシス専用色>
・ホワイトパール(3P)<#QX1・特別塗装色>
・ダイヤモンドシルバー(M)<#KY0>
※内装色は全てカフェラテ

(3P)は3コートパール、(M)はメタリックの略。

取り扱い
販売会社

NISSAN Blue Stage:日産系、モーター系各販売会社
*全車種取り扱い店(NISSAN Red & Blue)を含む

※エクセーヌ R は東レ株式会社の登録商標

<全国希望小売価格(消費税含まず)>

(単位:千円)

車種

駆動

ベース車グレード

エンジン

ミッション

価格

ライダー

 

 

 

ステージ1

 

2WD

S

QR20DE
(NEO)

E-ATx

2,060

4WD

2,210

ステージ2

 

2WD

2,220

4WD

2,370

アクシス

 

2WD

2,270

4WD

2,420

E-ATx:フルレンジ電子制御4速オートマチック

エクストレイル エクストレイル

日産 エクストレイルのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.