日産車モデルチェンジ推移と予想

日産 エクストレイル モデルチェンジ推移2005年12月14日

日産ニュースリリースより

-----

「X-TRAIL」を一部改良
--あわせて特別仕様車「スクラッチガードコート エディション」を発売--

日産自動車(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)は、「X-TRAIL」を一部改良するとともに、車体の塗装表面の擦りキズ痕が復元する世界初のクリヤー塗装「スクラッチガードコート」*1を採用した特別仕様車「SCRATCH GUARD COAT EDITION(スクラッチガードコート エディション)」を設定し、12月14日より全国一斉に発売する。

今回の一部改良では、「Stt」「Xtt」に、2リッターのペットボトルが3本収納できる大容量のシートバックX(エックス)ポケットを運転席及び助手席に新たに設定するとともに、ドライビングランプ、ルーフレール、ルーフバーの3つの機能をもつハイパールーフレールを標準装備とし、商品力の向上を図った。また、「S」「X」には、フロントバンパー組込みフォグランプを標準装備。さらに、ボディカラーに道具感を表現した新色のアッシュカーキを追加設定した。

特別仕様車「SCRATCH GUARD COAT EDITION」は、外板色スーパーブラックの「Stt」に、塗装表面の擦りキズ痕が復元するクリヤー塗装「スクラッチガードコート」を採用したモデルである。「スクラッチガードコート」は、最表面に施されるクリヤーコート塗装に、特殊高弾性樹脂を配合することにより、洗車機やブッシュ走行などによる擦りキズや爪による引っかきキズなど、塗装表面に生じた擦りキズ痕が、時間の経過とともに復元する世界初のクリヤー塗装である。

また、全グレードがヘッドランプレベライザー、ハイマウントストップランプを標準装備し、平成18年1月から実施される灯火器(改正)技術基準に適合している。

(株)オーテックジャパンは、今回一部改良した「X-TRAIL」をベースに、「ライダー」及び「アクシス」を継続設定する。「ライダー」には、キセノンヘッドランプ、専用キッキングプレート、専用アルミペダルを、「アクシス」には、キセノンヘッドランプ、専用フロアカーペットをそれぞれ新たに採用し、仕様向上を図った。

尚、「X-TRAIL」は2000年10月の発売以来好調な販売を続けており、4年連続でSUV販売台数第一位*2の座を獲得している。

*1: クリヤー塗装が剥がれるような深いキズや、クリヤー塗装自体が切断された場合には復元しません。周囲の温度状況、キズの深さによって復元する時間は変化します。(キズの復元に一週間程度の時間を要する場合もあります)

*2: 2001年・2002年・2003年・2004年(1~12月)の販売台数/オフロード4WD [社]日本自動車販売協会連合会(自販連)区分
<取り扱い販売会社> NISSAN Blue Stage:日産系、モーター系各販売会社
NISSAN Red Stage:サティオ系、プリンス・チェリー系各販売会社

* 全車種取り扱い店(NISSAN Red & Blue)を含む

<X-TRAIL全国希望小売価格(消費税を含む)> (単位:円)

駆動グレードエンジンミッション価格
2WDSQR20DE(NEO)E-ATx2,016,000
X2,226,000
4WD
[ALL MODE4×4]
S5MT2,173,500
E-ATx2,173,500
Stt2,299,500
SCRATCH GUARD COAT EDITION2,352,000
X2,383,500
Xtt2,509,500
GTSR20VET(NEO VVL)3,024,000

E-ATx:フルレンジ電子制御4速オートマチック
5MT:5速マニュアル

日産 エクストレイルのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.