日産車モデルチェンジ推移と予想

日産 エクストレイル モデルチェンジ推移2008年9月4日

日産ニュースリリースより

-----

日本の厳しい排出ガス規制「ポスト新長期規制」に適合したクリーンディーゼル エクストレイル「20GT」を追加

今回追加する「20GT」は、日本の厳しい排出ガス規制「ポスト新長期規制」に適合したクリーンディーゼルであり、高い環境性能とハイパフォーマンス、そして優れた経済性を実現している。

「20GT」に搭載する「M9R」エンジンは、最高出力127kW(173PS)/3750rpm、最大トルク360N・m(36.7kgf・m)/2000rpmを発揮し、2リッターにもかかわらず、ガソリン3.5リッターV6エンジン並みの高トルクを低回転から発生し、あらゆる走行シーンにおいて余裕の走りを提供する。

また、最高水準の排出ガス性能に加えて、低燃費によりCO2排出量が少なく、環境性能に優れている。

「20GT」は、10・15モード燃費15.2km/Lの低燃費を実現し、同等出力のガソリン2.5リッターエンジンと比較して約3割燃費が向上した。低燃費である上に、軽油の燃料代がガソリン車より安いことから、経済性にも優れている。

また、従来のディーゼルが抱えていた不快な騒音及び振動を取り払うことで、室内空間ではガソリン車並の静粛性を確保した。

今回採用した排出ガスのクリーン化及び騒音・振動軽減の技術は以下の通りである。

<排出ガスのクリーン化>
コモンレールシステム
EGRクーラー
ディーゼル・パーティキュレート・フィルター(DPF)
リーンNOxトラップ触媒(LNT)
ダブルスワールポート

<騒音・振動の軽減>
ピエゾ式インジェクター
バランサーシャフト
高剛性車体化
高剛性エンジンマウントブラケット
遮音ガラスの採用    など

「20GT」は、従来の使い勝手の良さはそのままに、力強い走りを連想させるデザインを採用するとともに、装備を更に充実させた。エクステリアは、欧州仕様と同じデザインのフロントグリルとバンパーやボディに傷が付きにくいスクラッチシールドを全6色*3に標準設定した。

またインテリアには、スポーティな雰囲気のシートクロスを採用し、ステップランプやインテリジェントキー、スピーカーを6つに増やすなど、ドライバーを快適にサポートする装備を追加した。

*1 「ポスト新長期規制」は、国内で2005(平成17)年より施行されている「新長期規制」に比べ、NOx(窒素酸化物)で▲47%、PM(粒子状物質)で▲64%減の規制値となっている(車両重量1,265kg超)。2009(平成21)年10月から施行。新型車に適用、継続生産車・輸入車は2010(平成22)年9月から適用。
*2 2008年9月4日現在
*3 バーニングレッド<#AX6>、ダイヤモンドブラック(P)<#G41

・価格(消費税込み)

2,999,850円
エクストレイル

日産 エクストレイルのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.