日産車モデルチェンジ推移と予想

日産 エクストレイル モデルチェンジ推移2017年6月8日

日産ニュースリリースより

-----

「エクストレイル」をマイナーチェンジ
高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」を搭載

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川廣人)は8日、「エクストレイル」をマイナーチェンジし、同日より全国一斉に発売すると発表しました。

「エクストレイル」は、本格SUVならではの高い走行性能やインテリジェント エマージェンシーブレーキ、インテリジェント パーキングアシスト付のアラウンドビューモニターをはじめとするさまざまな先進機能がお客さまから好評を得ています。

今回のマイナーチェンジでは、高速道路において、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、お客さまのドライブをサポートする高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」*1を採用しました。「プロパイロット」は、高速道路における渋滞走行と長時間の巡航走行の2つのシーンで感じていたストレスを大幅に低減することで、お客さまより高い評価を頂いています。今回の「エクストレイル」への搭載は、昨年8月にフルモデルチェンジした「セレナ」に続き2車種目となります。

また今回のマイナーチェンジでは、よりタフなイメージを強調したエクステリアと、上質感を高めたインテリアなど、内外装ともに新デザインを採用しました。併せて、リヤバンパーの下に足先を入れて引くだけでバックドアを開閉することができる、ハンズフリー機能付きの「リモコンオートバックドア」の新採用や、「インテリジェント パーキングアシスト」の性能向上により、さらに利便性を高めました。

ハイブリッド車は、空力を向上させるアイテムや、アクセルオフ時の回生量を増加させる制御を採用し、2WDでは20.8km/L(JC08モード)*2 の燃費を実現しました。ハイブリッド車の全グレードにおいて、「平成32年度燃費基準+20%」を達成したことで、2017年度も減税措置が適用されます。

なお、モータースポーツで鍛えあげたNISMOのテクノロジーとスピリットを注ぎ込んだ「NISMOパフォーマンスパッケージ」では、専用パーツであるフロントとリヤのアンダースポイラーのデザインを変更するとともに、新デザインのアルミロードホイールを採用しました(ディーラーオプション)。

*1: 「プロパイロット」はメーカーオプションです。
*2: ハイブリッド車の燃料消費率は、ECOモード(アクセルオフ回生量:多い)条件での値です。
ハイブリッド車の4WDは、20.0km/Lです。また、20X HYBRID(4WD)は、オプション装着の組み合わせによって19.8km/Lとなります。

<車両概要>
●先進機能、安全機能

先進機能
・高速道路において、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御する「プロパイロット」(20X、20X HYBRID メーカーオプション)
・クルマ自体がステアリングを操作して駐車をサポートする「インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム)」の性能向上(全車 メーカーオプション)
・メーカーオプションのみならず、ディーラーオプションのナビゲーションシステムやインテリジェント ルームミラーでの表示を可能とした「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)」*3(全車 メーカーオプション)
・リヤバンパーの下に足先を入れて引くだけでバックドアのロック解除と開閉が可能な「リモコンオートバックドア(ハンズフリー機能、挟み込み防止機構付)」(20X、20X HYBRID 標準設定)

安全機能
・意図せず走行車線を逸脱しそうな場合に車線内に戻す方向に力を発生させる「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)」(20X、20X HYBRID メーカーオプション)
・後方を横切る車両を検知し、注意喚起する「RCTA(後退時車両検知警報)」(20X、20X HYBRID メーカーオプション)
・ハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」(20X、20X HYBRID メーカーオプション)

●デザイン

エクステリア
・フロントマスクを中心に、タフな存在感を増したエクステリア
・日産デザインを象徴する「Vモーション」を拡大し、グリルからエンジンフードへとキャラクターラインを連続させることで、よりタフさを表現
・ハイビーム/ロービーム共にプロジェクターを採用し、よりハイテクノロジーな印象と、ブラックハウジングで輪郭を強調することで、より精悍な印象としたヘッドランプとリヤコンビランプ
・よりスタイリッシュな印象の「シャークフィンアンテナ」
・太陽の紅炎のような、エナジェティックで力強い「プレミアムコロナオレンジ(PM)(特別塗装色)」*4やガーネットの持つ深みとあでやかさをイメージした、「ガーネットレッド(CP)(特別塗装色)」*4などの新色6種類を加え、全12色のボディカラーを設定

インテリア
・インストルメントパネルやステアリングのデザインを一新し、ワンランク上の上質感を実現したインテリア
・しなやかな翼のような広がりを表現した「グライディングウイング」を採用したインストルメントパネル

*3: インテリジェント アラウンドビューモニターを装着した場合、サイドアンダーミラーは非装着となります。
*4: (PM)はパールメタリック、(CP)はカラークリアパールの略です。

「エクストレイル」の詳細情報はこちらよりご覧ください。
WEBカタログ http://www.nissan.co.jp/X-TRAIL/
エコカー減税サイト http://www.nissan.co.jp/EVENT/TAX/X-TRAIL/

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は、「エクストレイル」のマイナーチェンジにあわせ、「モード・プレミア」、「エクストリーマーX」をマイナーチェンジし、さらに新商品「助手席スライドアップシート」を設定し、発売すると発表しました。「モード・プレミア」と「エクストリーマーX」は6月8日より、「助手席スライドアップシート」は7月下旬より、日産の販売会社を通じて全国一斉に発売します。

<エクストレイル「モード・プレミア」>
エクストレイル「モード・プレミア」は、エクストレイルの持つタフな性能はそのままに、エクステリア・インテリアの高級感を高めたモデルです。

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアにアクセントとしてメタル調塗装を施すなど、デザインを一新したことでスタイリッシュかつ洗練された上質さを表現したほか、エクストレイル唯一となる19インチの専用アルミホイールの採用や、専用デュアルエキゾーストマフラーのデザインを変更したことで、より都会的で優美な印象に仕上げました。

またインテリアでは、オーテック30周年記念車で好評を得ていたブラックの本革シートを新たに採用しました。加えて、シートやステアリングをストーンホワイトとブラックでコーディネートしたハイコントラストインテリアを設定し、お好みに合わせて選べるラインナップとしました。さらに、ボディカラーにガーネットレッド(CP)、プレミアムコロナオレンジ(PM)を新たに設定したほか、全席クイックコンフォートヒーター付シートやPTC素子ヒーター、SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンエアバッグを標準装備し、充実した装備としました。

<エクストレイル「エクストリーマーX」>
エクストレイル「エクストリーマーX」は、ボディ下部をガードするエクステリアパーツなどを装備し、本格SUVとしてワイルドでタフなイメージをより強調したモデルです。

今回のマイナーチェンジでは、フロント、リヤ、サイドのスタイリッシュガードやドアミラー、ルーフレール(オーテック扱いメーカーオプション)をブラック基調としたほか、専用デザインの18インチアルミホイールを採用し、よりダイナミックなデザインに一新しました。さらにベース車と同様に、「プレミアムコロナオレンジ(PM)(特別塗装色)」をはじめとした新色6種類を加え、全12色のボディカラーを設定しました。

<エクストレイル「助手席スライドアップシート」>
助手席が車両の外側に電動で回転・昇降することで、車への乗り降りが容易にできる車両を、お客さまの声にお応えして新設定しました。スライドアップシートには、シート回転・昇降操作に加え、シートスライドとシートリクライニングの操作を可能とした多機能リモコンを標準装備し、利便性を高めています。

・価格(消費税込み)
2,197,800-3,283,200円

特別仕様車
3,071,520-3,665,520円

エクストレイル

エクストレイル

エクストレイル

日産 エクストレイルのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.