日産車モデルチェンジ推移と予想

日産 エクストレイル モデルチェンジ推移2017年12月19日

日産ニュースリリースより

-----

「エクストレイル」の特別仕様車、「20Xi」、「20Xi HYBRID」を発売

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川 廣人)は19日、「エクストレイル」に特別仕様車、「20Xi」、「20Xi HYBRID」を設定し、同日より全国一斉に発売すると発表しました。

「エクストレイル」は、発売以来、高い走行性能を兼ね備えた本格SUVとして、お客さまから好評を得ています。また、本年搭載した、高速道路同一車線自動運転技術の「プロパイロット」は、幅広いお客さまにご愛用いただいています。

今回発売する特別仕様車「20Xi」、「20Xi HYBRID」は、ガソリン車の「20X」、およびハイブリッド車の「20X HYBRID」(ともに2列シート)をベースに、エクストレイルで人気の「プロパイロット」や、「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」、「RCTA(後退時車両検知警報)」、「ハイビームアシスト」、「インテリジェント アラウンドビューモニター」、「インテリジェント ルームミラー」などの運転支援システムを標準設定としました。

今回の特別仕様車は、先進安全技術の充実により、経済産業省や国土交通省などが普及啓発をしている、安全運転サポート車、「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」のワイド*1に対応しています。

日産は、「ニッサン インテリジェント モビリティ」の取り組みのもと、クルマの「電動化」、「知能化」に向けた技術開発を進めています。地球温暖化やエネルギー問題、交通事故や渋滞など、クルマが関与する社会課題の解決を目指すとともに、クルマと人々の体験をよりワクワクするものへと進化させていきたいと考えています。「エクストレイル」は、この「ニッサン インテリジェント モビリティ」を具現化する、「プロパイロット」はじめとした、先進運転支援システムを搭載しているモデルです。

なお、特別仕様車は、「20Xi」*2、「20Xi HYBRID」*3ともにエコカー減税による減税措置が適用されます。

*1 安全サポート車のうち最上級の区分

*2 ガソリン車は、「平成27年度燃費基準+10%」と「平成17年度基準排出ガス75%低減レベル」を達成しており、自動車取得税は20%減税、自動車重量税は25%減税となります。

*3 ハイブリッド車は、「平成32年度燃費基準+20%」と「平成17年度基準排出ガス75%低減レベル」を達成しており、自動車取得税は、60%減税、自動車重量税は75%減税、グリーン税制 自動車税は50%減税となります。

<エクストレイル特別仕様車「20Xi/20Xi HYBRID」車両概要>

特別仕様車 ベース車 特別装備
20Xi 20X
(2列シート) ・プロパイロット
・インテリジェント アラウンドビューモニター
・インテリジェント ルームミラー
・ハイビームアシスト
・ステアリングスイッチ(プロパイロット)
・電動パーキングブレーキ
・オートブレーキホールド
・インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)
・BSW(後側方車両検知警報)
・RCTA(後退時車両検知警報)
・LEDヘッドランプ
・インテリジェント オートライトシステム
・フォグランプ
20Xi HYBRID 20X HYBRID
(2列シート) ・プロパイロット
・インテリジェント アラウンドビューモニター
・インテリジェント ルームミラー
・ハイビームアシスト
・ステアリングスイッチ(プロパイロット)
・電動パーキングブレーキ
・オートブレーキホールド
・インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)
・BSW(後側方車両検知警報)
・RCTA(後退時車両検知警報)

「エクストレイル」の詳細情報はこちらよりご覧ください。
WEBカタログ https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html
エコカー減税サイト http://www2.nissan.co.jp/EVENT/TAX/X-TRAIL/

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は、特別仕様車「モード・プレミア i」、「モード・プレミア i HYBRID」、「20Xi エクストリーマーX」、「20Xi HYBRID エクストリーマーX」、「助手席スライドアップシート20Xi」、「助手席スライドアップシート20Xi HYBRID」を設定するとともに、「モード・プレミア」を一部仕様向上し、日産の販売会社を通じて12月19日より全国一斉に発売すると発表しました。

エクストレイル「モード・プレミア」は、エクストレイルの持つタフな性能はそのままにエクステリア・インテリアの高級感を高めたモデルです。
また、エクストレイル「エクストリーマーX」は、ボディ下部をガードするエクステリアパーツなどを装備し、本格SUVとしてワイルドでタフなイメージをより強調したモデルです。

今回、これらの2シリーズをベースに、エクストレイルで人気の「プロパイロット」や、「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」、「RCTA(後退時車両検知警報)」、「ハイビームアシスト」、「インテリジェント アラウンドビューモニター」、「インテリジェント ルームミラー」などの運転支援システムを標準設定とした特別仕様車を追加設定しました。また同時に、「モード・プレミア」に「LEDヘッドランプ」、「インテリジェント オートライトシステム」を標準装備し、利便性と安全性を向上させました。

特別仕様車 ベース車 特別装備
モード・プレミア i

モード・プレミア i HYBRID

20Xi エクストリーマーX

20Xi HYBRID エクストリーマーX

モード・プレミア(2列シート)

モード・プレミア HYBRID(2列シート)

20X エクストリーマーX(2列シート)

20X HYBRID エクストリーマーX(2列シート)

・プロパイロット
・インテリジェント アラウンドビューモニター
・インテリジェント ルームミラー
・ハイビームアシスト
・ステアリングスイッチ(プロパイロット)
・電動パーキングブレーキ
・オートブレーキホールド
・インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)
・BSW(後側方車両検知警報)
・RCTA(後退時車両検知警報)

さらに、特別仕様車「20Xi」、「20Xi HYBRID」をベースに、助手席が車両の外側に電動で回転・昇降することで、車への乗り降りが容易にできる「助手席スライドアップシート」を設定しました。
スライドアップシートには、シート回転・昇降操作に加え、シートスライドとシートリクライニングの操作を可能とした多機能リモコンを標準装備し、利便性を高めています。

・価格(消費税込み)
特別仕様車
2,803,680-3,844,800円

エクストレイル

エクストレイル

エクストレイル

日産 エクストレイルのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.