エクストレイルの評価集

エクストレイルは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

エクストレイルは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

エクストレイルは、スタイリッシュなフォルムと優れた悪路走破性やユーティリティを兼ね備えている点が魅力になっています。

しかし、スタイリッシュなクロスオーバーSUVは往々にして運転がしにくいケースが多いので、購入を検討している方は気掛かりではないでしょうか?

ここでは、エクストレイルは運転がしやすいのか難しいのかを検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。

エクストレイルの大きさは?ボディサイズをチェック

まず初めに、エクストレイルの人気グレード「20Xハイブリッド」のボディサイズをチェックしてみましょう。

【エクストレイル 20Xハイブリッド】
全長 4,690mm
全幅 1,820mm
全高 1,730mm

大きさはミディアムクラスのSUVとして平均的なものですが、全幅が1.8mを超えているので、狭い路地でのすれ違いがスムーズに行えるかどうか気になるところでしょう。

ここで、コンパクトカーから乗り換えるケースを想定し、ノートと大きさを比較してみることにしました。

日産 ノート

【ノート e-POWER X】
全長 4,100mm
全幅 1,695mm
全高 1,520mm

エクストレイルはノートと比較すると全長が60cm近く長く、全幅も10cm以上広いディメンションです。

また、全高が20cm以上高いためアイポイントも高くなり、運転感覚はかなり異なったものとなります。

乗り換えた直後は違和感を感じる事でしょう。すぐに乗りこなすのは、難しいかもしれません。

エクストレイルの小回りは効くか?エクストレイルの最小回転半径

次に、エクストレイルの小回り性を検証してみましょう。

エクストレイルの最小回転半径は5.6mで、ノートの5.2mと比較すると40cm大きい数値です。

この数値は、このクラスのクロスオーバーSUVの中でも大きい方になります。

ノートよりも全長が遥かに長いことと相まって、それまで一発で入庫できた駐車場で切り返しが必要になるケースもあると思います。

また、路地を左折する時に思ったよりも大回りになり、「おっとっと・・・」となるケースがあるかもしれません。

それでも、ランドクルーザープラドの最小回転半径5.8mなどと比べれば、小回り性はまだマシな方だと言えます。

エクストレイルは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

エクストレイルの車両感覚&運転感覚

エクストレイルのフロントの見切りは悪い

運転席のヒップポイントが高く、見晴らしが良いエクストレイルですが、ボンネットはかろうじて手前の方が見えるだけです。

エクストレイルのフロントの見切りは?

肝心のボンネットの先端が見えないため、フロントの見切りは決して良くはありません。

切り返しの際などに鼻先を壁ギリギリまで寄せるのは、かなり難しいでしょう。

また、斜め前方視界の点でも、Aピラー(フロントピラー)が太い上に傾斜が強いので、視界が塞がれます。

更に、Aピラーの根元に取り付けられたドアミラーが死角を生み出しているので、交差点で右左折する時は横断歩道上の歩行者の見落としに注意が必要です。

エクストレイルの車幅の感覚は掴みやすい?

エクストレイルのように運転席からボンネットの先端が見えない車は、左右のAピラーを車幅の目安にするしかありません。

しかし、エクストレイルの場合、左右のAピラーが同時に視野に入らないことが、車幅を一層掴みにくくしています。

そのため、実際の寸法以上に全幅が広く感じてしまうので、特にコンパクトカーに乗り慣れたドライバーは運転が難しく感じてしまうはずです。

ボディを路肩ギリギリに寄せるのは、慣れないうちは難しいでしょう。

エクストレイルの後方視界はあまり良くない

エクストレイルの後方視界は?

エクストレイルのリアウィンドウの面積は決して小さいわけではありませんが、2列目/3列目シートのヘッドレストが視野を塞いでしまうので、後方視界はあまり良いとは言えません。

また、斜め後方視界に関しても、リアクォーターウィンドウの面積が小さく、リアクォーターピラーが裾広がりのデザインになっているので、死角は多い方です。

後方や斜め後方の安全確認がしやすいとは言えないので、バックする時など運転には気を使います。

エクストレイルの駐車にはコツがある?

エクストレイルは後方及び斜め後方の視界が良くない上、各ウィンドウの下端部の位置が高いというSUV共通の特徴も併せ持つので、全方位的に死角が多くなっています。

特に、背の低い幼児やポールなどの障害物を見落としがちなので、駐車の際は十分過ぎるほどの安全確認をしたいところです。

エクストレイルの運転で役立つアイテム

インテリジェントアラウンドビューモニター+インテリジェントパーキングアシスト+インテリジェントルームミラー+インテリジェントDA

メーカーオプション設定されている表記のアイテムを装着すれば、運転や駐車が遥かにやりやすくなります。

各アイテムの機能は、以下のとおりです。

インテリジェントアラウンドビューモニター

エクストレイルのインテリジェントアラウンドビューモニター
※エクストレイル 出典nissan.co.jp

歩行者や自転車などの移動物を検知すると、ナビ画面に表示すると同時にブザー音で注意を促します。

インテリジェントパーキングアシスト

エクストレイルのインテリジェントパーキングアシスト
※エクストレイル 出典nissan.co.jp

駐車枠を指定すると自動でハンドル操作を行い、駐車をサポートします。

インテリジェントルームミラー

インテリジェントルームミラー
※エクストレイル 出典nissan.co.jp

車両後方のカメラ映像をルームミラーに表示するので、後席の乗員の有無や荷物の有無に関わらずクリアな後方視界が約束されます。

インテリジェントDA

インテリジェントDA
※エクストレイル 出典nissan.co.jp

ドライバーのハンドル操作からふらつきを検知すると、メーター内の表示とブザー音により休憩を促します。

これらのアイテムは「ニッサンコネクトナビゲーションシステム」を含むセットオプションで、単独で装着することはできません。

20S/20X系の場合は、ここで紹介した全てのアイテムとクルーズコントロールがセットオプションになり、価格は349,920円です。

20Xi系の場合は、インテリジェントアラウンドビューモニターとインテリジェントルームミラー、及び先進運転支援システム「プロパイロット」が標準装備されるため、セットオプション価格は281,880円と若干安くなります。

いずれにしても高額ですが、エクストレイルの視界や見切りの欠点をカバーする有効な装備なので、是非とも付けたいところです。

フロントコーナーセンサー+リヤコーナーセンサー

エクストレイルのコーナーセンサーのインジケーター部
※エクストレイル 出典nissan.co.jp

先ほど紹介したアイテムは高過ぎて手が出ない、と言う場合は、ディーラーオプションのフロントコーナーセンサー+リヤコーナーセンサーがお勧めです。

前後に2箇所ずつ設置されたセンサーで障害物を検知し、インジケーターとブザー音で知らせる装備になります。

シンプルなアイテムですが、駐車の際にこれがあるのとないのとでは大違いです。障害物とボディの不要な接触を避けられるでしょう。

価格は62,725円と、ずっとお手頃になっています。

加えてナビを付けるなら、安全確認する上で必須アイテムと言って良いバックモニターを付けておけば、バックする際の安心感が格段に上がります。

エクストレイルの運転のしやすさまとめ

エクストレイルは、決してボディサイズが巨大という訳ではありませんが、見切りや視界に問題があるため運転がしにくい部類に入ります。

特に運転が得意でない女性の方などは、エクストレイルの運転はかなり負担になるかもしれません。

しかし、ここで紹介したアイテムを装着すれば運転がずっとやりやすくなります。

エクストレイルの購入を検討している場合は、運転支援アイテムとセットで考えた方が良いでしょうね。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


エクストレイルの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのエクストレイル値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がエクストレイルを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のエクストレイルの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>エクストレイル値引き交渉マニュアル

-エクストレイルの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.