クロスビーの評価集

クロスビーの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

更新日:

クロスビー 4WDの雪道性能を評価

スズキのコンパクト・クロスオーバーワゴン「クロスビー」は、軽SUV「ハスラー」の兄貴分にあたるモデルで、ユニークな内外装デザインや雪道などでの走行性能を高める機能、衝突被害軽減ブレーキの「デュアルセンサーブレーキサポート」の採用などが魅力のポイントとなっています。

そして、ハスラー同様に4WD車の設定がありますが、その実燃費や雪道での走行性能がどの程度の水準にあるのかを、徹底評価します!

クロスビーの4WDグレードの価格は?

売れ筋グレードにおける2WD車との価格差は?

クロスビーの4WD車には2つのグレードがありますが、当サイトの調査によると、売れ筋は上級の「ハイブリッドMZ」となっています。

価格を同じグレードの2WD車と比較すると、14万2,560円高価です。

2WD車との価格差は、このクラスとして平均的なところです。

後で述べるように4WD車の方が装備が充実しているので、妥当な差でしょう。

4WD車と2WD車との仕様の違いは?

ボディスペック

スペック
クロスビー ハイブリッドMZ 2WD クロスビー ハイブリッドMZ 4WD
全高(mm) 1,705
1,705
最低地上高(mm) 180 180
リアトレッド(mm) 1,470 1,460
車両重量(kg) 960
1,000
燃料タンク容量(L) 32 30

4WD車が2WD車と異なる点は、リア・トレッドが10mm狭いことと車両重量が40kg重いこと、燃料タンク容量が2L小さいことの3点です。

メカニズム

リア・サスペンション形式は、4WD車がI.T.L式、2WD車がトーションビーム式となります。

また、リアのスタビライザーは2WD車のみに装備されます。

装備

グリップコントロール

4WD車のみに付く装備として、路面状況に応じて「スポーツ」「スノー」の選択が出来る走行モード切り替えスイッチや、急な下り坂でブレーキを踏む事なく車速を約7km/hに保つ「ヒルディセントコントルール」、雪道などの滑り易い路面での発進をサポートする「グリップコントロール」があります。

クロスビーとライバル車との価格差は?

最大のライバル車は?

スズキ以外のメーカーでは、クロスビーのようなコンパクトなクロスオーバーモデルは生産していません。

そこで、同じスズキのクロスオーバーモデル「イグニス」を比較車として取り上げました。

クロスビーのライバル車・イグニス

価格を最上級グレード同士で比較すると、クロスビー・ハイブリッドMZが214万5,960円であるのに対し、イグニス・ハイブリッドMZ・セーフティパッケージ装着車は27万円安い187万5,960円となっています。

パワートレインの違いは?

クロスビーのパワートトレインは、1Lガソリン直3ターボエンジン(最高出力99ps/最大トルク15.3kgm)+電気モーター(最高出力3.1ps/最大トルク5.1kgm)のマイルドハイブリッドユニットと、6速トルコン式ATの組み合わせです。

スペック
クロスビー ハイブリッドMZ 4WD

イグニスハイブリッドMZ セーフティパッケージ 4WD

最高出力(ps) 99
91
モーター 3.1 3.1
最大トルク(kgm) 15.3 12.0
モーター 5.1 5.1
車両重量(kg) 1,000
920

一方、イグニスは1.2Lガソリン直4エンジン(最高出力91ps/最大トルク12.0kgm)+電気モーター(最高出力3.1ps/最大トルク5.1kgm)のマイルドハイブリッドユニットと、CVTの組み合わせになっています。

車両重量はクロスビーの方が80kg重いものの、それ以上にエンジンのスペックが勝っているので、動力性能では優位に立ちます。

装備の差は?

クロスビーとイグニスの装備面での最大の差は、安全運転支援システムの内容にあります。

イグニスとの装備差

まず、衝突被害軽減ブレーキは、クロスビーが単眼カメラとレーザーレーダーを組み合わせた「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用するのに対し、イグニスはステレオカメラを用いた「デュアルカメラブレーキサポート」を採用する違いがあります。

機能の多彩さではクロスビーが勝り、イグニスには付かない以下のものが備わります。

  • 後退時の衝突被害を軽減または防止する「後退時ブレーキサポート
  • 後退時のペダルの踏み間違いによる事故を防ぐ「後方誤発進抑制機能

後方誤発進抑制機能

  • ヘッドランプのハイ/ロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト
  • 後退時に障害物に接近すると報知する「リヤパーキングセンサー

また、インテリア面では、クロスビーのみに後席で食事を取る時に便利な「パーソナルテーブル」が装備されます。

クロスビー・4WD車の実燃費は?

カタログ燃費と実燃費の差は?

クロスビー・ハイブリッドMZの4WD車の燃費性能は、カタログ燃費(JC08モード)が20.6km/L、当サイトの調査による実燃費が15.7km/Lとなっています。

達成率は76.2%で、カタログ燃費との乖離は比較的少ない方です。

2WD車との実燃費の差は?

当サイトの調査によると、クロスビー・ハイブリッドMZの2WD車の実燃費は17.8km/Lです。

4WD車はそれよりも2.1km/L劣り、カタログ燃費の差(1.4km/L)以上に差が開いています。

ライバル車との実燃費の差は?

イグニス・ハイブリッドMZの実燃費は、当サイトの調査によると16.7km/Lなので、クロスビーは1km/L劣っています。

しかし、カタログ燃費では4.8km/Lも劣っていることを考えると、大健闘と言えます。

クロスビー・4WD車の雪道の走行性能は?

クロスビーの4WDはどんなシステム?

クロスビー4WDの概要

クロスビーの4WDシステムは、ハスラーやイグニスと同様に、構造がシンプルでコスト面でのメリットが大きいビスカスカップリング式を採用しています。

クロスビー4WDの制御

通常は前輪駆動での走行が基本となるものの、前輪が空転して前後輪に回転差が生じると、流体クラッチの一種であるビスカスカップリングの働きで後輪にもトルクが伝達され、4WD走行に移行します。

そして、前後輪の回転差が無くなると再び2WD走行に戻ります。

クロスビー・4WD車の雪道での実際の走行性能は?

雪道での走行性能

クロスビー4WDの発進・加速時

雪道で発進する際は、必要以上のエンジントルクを抑制するスノーモードが有効です。

スノーモード

それでも前輪に一瞬空転が生じますが、すぐにビスカスカップリングが働いて後輪にトルク配分が行われるので、ロスが最小限に抑えられます。

また、更に滑りやすいアイスバーンで発進する際も、グリップコントロールスイッチをONにすれば空転したタイヤにブレーキを掛け残りのタイヤに駆動力を集中させてくれるため、スタックの心配が無くなります。

クロスビー4WDの登坂・降坂時

雪道の登坂時は、オンデマンド型のビスカスカップリング式とはいえ常時4WD走行となるので、スタッドレスタイヤさえ履いていれば苦も無く走行することができます。

また、2WD車には厳しい場面である、坂の途中で一旦停車後に再発進するケースでもクロスビーの4WDなら問題は生じません。

一方、坂を下る際は、ビスカスカップリング式の場合は前輪にしかエンジンブレーキが効かないため、2WD車に対するアドバンテージはありません。

ただ、雪に覆われた急な坂をゆっくりと下りたい場合は、4WD車のみに付くヒルディセントコントロールが威力を発揮します。

クロスビー4WDの通常走行時

雪面の状態が一定ではなく、路面のミュー(摩擦係数)が刻々と変化するようなケースでは、ビスカスカップリング式特有の2WDと4WDの切り替え時に発生するタイムラグに、若干違和感を覚えることがあります。

とは言え、それが原因で進路を乱されてしまうようなことは無いので、大きな問題にはなりません。

また、一般的なコンパクトカーと比較すると最低地上高が180mmと大きく取られている事や、アプローチアングルが19.7°、デパーチャーアングルが40.4°とまずまず確保されている事から、深雪にも比較的強くなっています。

クロスビー・4WDのまとめ

クロスビー・4WD車の雪道での走行性能をまとめると、決して高度な4WDシステムでは無いものの、スノーモードやグリップコントロールと言った武器があるので、コンパクトカーとしては高い水準にあります。

少なくとも、「生活4駆」プラスアルファくらいの雪上性能は持っています。

一方、燃費性能は、このクラスの4WD車として平均的な水準に留まります。

イグニス・4WD車と比較すると、雪上での走行性能はトルクフルなエンジン特性もあり若干上回るものの、燃費性能では一歩を譲ります。

価格はイグニスよりも高価ですが、エンジン性能や安全装備の差、車中泊が出来るメリットなどを考慮すれば、決して割高ではありません。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

クロスビーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのクロスビー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がクロスビーを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のクロスビーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>クロスビー値引き交渉マニュアル

-クロスビーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.