ヤリスクロスの評価集

ヤリスクロスの4WDの性能は?燃費や雪道走行を徹底評価!

ヤリスをベースに誕生したトヨタの新型クロスオーバーSUV、「ヤリスクロス」。

ハイブリッドとガソリン車が設定され、どちらも4WDのチョイスが可能です。

ここでは、ヤリスクロスの4WDの燃費や雪道での走行性能を徹底評価します!

ヤリスクロスの4WDグレードの価格は?

ヤリスクロスの売れ筋グレードの4WD車と2WD車との価格差は?

当サイト独自の調査によると、ヤリスクロス4WD車の売れ筋はガソリン車の最上級グレード「1.5 Z」となっています。

同じグレードの2WD車との価格差は231,000円です。

ヤリスクロス 1.5 Z 4WD 2,441,000円
ヤリスクロス 1.5 Z 2WD   2,210,000円

ベースモデルのヤリスは4WDと2WDの価格差が198,000円なので、それよりも価格差が大きくなっています。

その理由は、詳しくは後で解説しますが、ヤリスクロスの4WD車にはヤリスにはない機能が追加されているからです。

決して意味もなく4WD車に高い値付けがされているわけではありません。

ヤリスクロスの4WD車と2WD車との仕様の違いは?

ヤリスクロスのボディスペック

スペック
ヤリスクロス 1.5 Z 2WD
ヤリスクロス 1.5 Z 4WD
リヤトレッド (mm)1,515
1,510
車両重量 (kg)1,140
1,230

ヤリスクロス4WD車のボディスペックを2WD車と比較すると、リヤトレッドが10mm狭く、車両重量は90kg重くなっています。

ヤリスクロス4WDのサスペンション

ヤリスクロスの4WD車は、リヤサスペンションに2WD車とは異なる形式を採用しています。

2WD車は半独立懸架のトーションビーム式ですが、4WD車は完全な独立懸架の2リンク・ダブルウィッシュボーン式です。

2リンク・ダブルウィッシュボーン式の方がコストの掛る形式で、乗り心地の面でトーションビーム式より有利になります。

ヤリスクロス4WDの装備

4WD車にしか付かない装備として、以下の3つがあります。

  • 路面状況に応じて3種類の走行モードが選べる「マルチテレインセレクト
  • 雪道でのスリップを防ぐ「スノーモード
  • 急な下り坂をブレーキを掛けずに一定の低速で走れる「ダウンヒルアシストコントロール

一方で、4WD車ではダウングレードされてしまう装備もあります。

荷室の使い勝手を向上させるデッキボードは、2WD車が6:4分割アジャスタブル式なのに対し、4WD車は一体式です。

ヤリスクロス4WDのライバル車との価格差は?

ヤリスクロス4WDのライバルは?

ヤリスクロス4WDの最大のライバルは、同じく1.5Lエンジンを搭載する「ホンダ・ヴェゼル4WD」です。

ヤリスクロスの1.5 Zと競合するグレードとして、「1.5 X・ホンダセンシング」があげられます。

価格はヤリスクロスの2,441,000円に対し、ヴェゼルは2,425,093円と僅かに安価です。

仕様・装備の違いは?

スペック
ヤリスクロス 1.5 Z 4WD

ヴェゼル 1.5 X・ホンダセンシング 4WD

最高出力 (ps)120
129
最大トルク (kg・m)14.815.6
車両重量(kg)1,230
1,270

エンジンのスペックを比較すると、ヴェゼルが最高出力で9ps、最大トルクで0.8kg・m勝りますが、車両重量はヤリスクロスの方が40kg軽量です。

パワーの差が重量の差でほぼ相殺されるので、動力性能は互角と言ってよいでしょう。

装備を比較すると、ヤリスクロスだけに付くものにマルチテレインセレクトやスノーモード、ディスプレイオーディオ、運転席パワーシートなどがあります。

一方ヴェゼルにしか付かない装備は、フロントフォグランプやアイドリングストップ機構、親水/ヒーテッドドアミラーなどです。

トータルでは、コストの掛かる装備が色々付くヤリスクロスの方が充実している、と言えるでしょう。

ヤリスクロス4WD車の燃費は?

実燃費はどのくらい?

ヤリスクロス 1.5 Zの4WD車のカタログ燃費 (WLTCモード) は、17.6km/Lです。

この記事を執筆している時点では、まだヤリスクロスの実燃費データがありませんが、カタログ燃費×0.8で計算すると約14km/Lとなります。

2WD車との燃費の差は?

ヤリスクロス 1.5 Zの2WD車のカタログ燃費は18.8km/Lなので、4WD車との差は1.2km/Lです。

実燃費の差は1km/L程度と推測できます。

ライバル車との実燃費の差は?

当サイトの調査によると、ヴェゼルの4WD車の実燃費は16.8km/Lです。

ヤリスクロスが実燃費でヴェゼルを上回るのは、難しいでしょう。

ヤリスクロス4WD車の雪道の走行性能は?

ヤリスクロスの4WDはどんなシステム?

4WDの概要

ヤリスクロスのガソリン車の4WDシステムは、「ダイナミックトルクコントロール4WD」と呼ばれる電子制御カップリング式を採用しています。

通常はFFで走行し、路面状況などに応じて後輪にもトルクを配分するオンデマンド4WD方式の一種です。

ハイブリッドの4WDシステムはそれとは異なり、後輪駆動用に専用モーターを搭載する「E-Four」と呼ばれる方式になります。

FFでの走行がメインとなる点では、ダイナミックトルクコントロール4WDと同じです。

4WDの制御

ダイナミックトルクコントロール4WDは、各種センサーからの情報を4WDコンピューターに取り込んで演算し、状況に応じて前後輪トルク配分を100:0~50:50まで連続可変します。

一方、E-Fourは前後輪のトルク配分がダイナミックトルクコントロール4WDとは異なり、発進時は80:20固定です。

その後70キロまでは状況に応じて100:0~40:60まで可変し、70キロを超えると常時100:0 (完全にFF走行) に移行します。

ヤリスクロスの雪道での走行性能は?

この記事を書いている時期は降雪期ではないため、ヤリスクロス4WD車の雪道での試乗はできていません。

そのため、ヤリスの4WD車の雪上走行性能を参考にしながらの、予想記事になります。

ヤリス4WDは、雪道での発進時やコーナリング時も十分な走行安定性がありますが、ラフにアクセルを踏み込むとタイヤが空転することもありました。

しかし、ヤリスクロスにはアクセル操作に対するトルクの出方をマイルドにするスノーモードが備わります。

スノーモードをオンにして走れば、タイヤがスリップしてヒヤっとすることもなくなるはずです。

また、最低地上高はヤリスよりも大きい170mmあるので、深雪路にも強くなっています。

ヤリスクロス4WDのまとめ

ヤリスクロス4WD車の雪道での走行性能は、実際に検証はできていませんが、ガソリン車の方は一般道・高速道路を問わず十分な走破性が期待できそうです。

一方、ハイブリッドは後輪駆動用モーターの出力が小さく、大きなアシスト効果が期待できないため、走行性能はガソリン車には及ばないでしょう。

また、高速走行時はFF走行になってしまう欠点もあるので、雪道の性能にこだわるならガソリン4WDの方がベターです。

ただ、ハイブリッドもガソリン車と同様にスノーモードがあり、最低地上高も十分確保されているので、いわゆる生活四駆以上の性能は期待できます。

燃費に関しては、ガソリン車には大きな期待をしない方がいいでしょう。

経済性を重視するなら、ハイブリッドがおススメです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

併せて読みたい

  • ヤリスクロスの人気カラーランキングはこちら
  • ヤリスクロスの人気グレードとリセールバリューはこちら
  • ヤリスクロスでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?

ヤリスクロスの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのヤリスクロス値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヤリスクロスを限界値引きで購入しています。

今月のヤリスクロスの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ヤリスクロス値引き交渉マニュアル

-ヤリスクロスの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.