ZR-Vの評価集

ZR-Vの人気グレードを比較!おすすめのグレードは?

ZR-Vのグレード間の違いをチェック

ヴェゼルとCR-Vの間を埋めるSUVとして誕生したZR-V!

グレード体系は全4タイプで、ガソリン車とハイブリッドが設定されています。

そんなZR-Vの人気グレードを装備や燃費などの観点から比較していきますので、グレード選びの参考にどうぞ。

ZR-Vの価格が一番安いグレードは?

VZR-V X (FF) 2,949,100円

ZR-Vで一番価格の安いグレードはガソリン車「X」のFF車です。

ハイブリッド車「e:HEV X」のFF車と比較すると349,800円安価な価格設定。

このXにオプションを何も付けずに注文すれば、最も安価にZR-Vが手に入ります。

ZR-V Xはいくらで買える?

では、実際にZR-V Xはいくらで購入できるのでしょうか?

購入グレードZR-V X (FF)
車両本体価格2,949,100円
ディーラーオプション無し
ディーラーオプション金額0円
諸費用・税金213,210円
車両値引き▲70,000円
支払総額3,092,310円

※車両値引きは最新の値引きをご確認ください。

オプションを何も付けずに目標値引きを達成できた場合のZR-V Xの総支払額は、約309万円です。

さすがにフロアマットも付けないのは不便なので、ディーラーよりも安く手に入るネット通販で購入することをお勧めします。

ZR-Vの売れ筋グレードは?

honda.co.jp/ZR-V

ZR-V e:HEV Z (FF) 3,899,500円

ZR-Vの売れ筋グレードは「e:HEV Z」のFF車です。

充実した装備や燃費性能の高さが人気の要因となっています。

ZR-V e:HEV Zはいくらで買える?

売れ筋のZR-V e:HEV Zがいくらで購入できるのか、定番オプションを付けてシミュレーションします。

購入グレードZR-V e:HEV Z (FF)
車両本体価格3,899,500円
メーカーオプションプラチナホワイト・パール
メーカーオプション価格38,500円
ディーラーオプションドライブレコーダー、ドアバイザー、フロアマット
ディーラーオプション金額157,960円
諸費用・税金105,410円
車両値引き▲70,000円
オプション値引き(20%)▲31,000円
支払総額4,100,370円

定番オプションを一通り付けた場合、ZR-V e:HEV Zの支払総額は約410万円です。

オプションの有無の影響もありますが、最廉価グレードのXとの価格差は約101万円開いています。

ZR-V  e:HEV Zで人気の装備は?

ZR-V e:HEV Zに付く装備のうち、特に人気の高いものを紹介します。

運転席・助手席シートヒーター&ステアリングヒーター

honda.co.jp/ZR-V

運転席・助手席の座面を直接温めるシートヒーターと、ステアリングを温めるステアリングヒーターを装備。

体や指先が温まりながらも、エアコン暖房のように空気が乾燥したり頭がぼーっとすることもありません。

シートヒーターは3段階に温度切り替えが可能なので、中間期でも使えます。

運転席8ウェイパワーシート+助手席4ウェイパワーシート

運転席と助手席のシートポジションを電動調整できるパワーシートを装備します。

調整項目は運転席が前後スライド/リクライニング/シート前端高さ/シート後端高さの4項目、助手席が前後スライド/リクライニングの2項目。

軽いスイッチ操作で微調整が効く点は、マニュアル式にはないメリットです。

ボーズプレミアムサウンドシステム

honda.co.jp/ZR-V

12個のスピーカーから高音質かつ臨場感溢れるサウンドを再生するボーズプレミアムサウンドシステム。

腹に響くような重低音の迫力は、ボーズ社ならではの特徴と言えます。

また車速に応じて周波数ごとの音量を自動調整する機能も備え、常に快適に音楽が聴ける点もメリットです。

ホンダコネクトディスプレー+ETC2.0車載器

honda.co.jp/ZR-V

ナビ機能と通信機能「ホンダコネクト」が備わるディスプレーと、ETC2.0車載器を標準装備します。

ホンダコネクトは緊急サポートセンターに繋がる機能を持ち、交通事故の際に救急車を手配したり、煽り運転をされた時に警察に取り次いだりすることも可能です。

また車外から予めエアコンを起動しておいたり、ライトの消し忘れをスマホに通知することもできるなど多機能を誇ります。

マルチビューカメラシステム

honda.co.jp/ZR-V

車両の前後と左右ドアミラーに搭載されたカメラの映像を合成し、ホンダコネクトディスプレーに表示する装備です。

駐車時に威力を発揮するグラウンドビューをはじめ、見通しの悪い交差点に進入する時に役立つフロントブラインドビュー、離合や幅寄せの際に重宝するサイドビュー、バック時の後方確認をサポートするリアビューなど様々なビューに切り替えができます。

この装備があれば、車をぶつけてしまうリスクが大幅に減少するでしょう。

ハンズフリーアクセス機能付パワーテールゲート

honda.co.jp/ZR-V

ボタンひとつで電動開閉するパワーテールゲートに、足先をリアバンパー下部に出し入れするだけで開閉するハンズフリーアクセス機能をプラス。

両手が荷物で塞がっていても、容易にテールゲートの開閉ができます。

ZR-Vの一番価格が高いグレードは?

honda.co.jp/ZR-V

ZR-V e:HEV Z (4WD) 4,119,500円

ZR-Vで一番価格の高いグレードは「e:HEV Z」の4WD車です。

価格は4,119,500円で、最廉価グレードのX FF車より1,170,400円高い価格設定になっています。

ZR-V e:HEV Z 4WDはいくらで買える?

ZR-V e:HEV Zの4WD車が値引きを含めいくらで買えるのか、先ほどと同じオプションを付けてシミュレーションします。

購入グレードZR-V e:HEV Z (4WD)
車両本体価格4,119,500円
メーカーオプションプラチナホワイト・パール
メーカーオプション価格38,500円
ディーラーオプションドライブレコーダー、ドアバイザー、フロアマット
ディーラーオプション金額157,960円
諸費用・税金105,410円
車両値引き▲70,000円
オプション値引き(20%)▲31,000円
支払総額4,320,370円

上記の仕様で、ZR-V e:HEV Zの4WD車の支払総額は約432万円となりました。

ZR-V Xのシミュレーションと比較すると、133万円ほど高額です。

ZR-V e:HEV Z 4WDで人気の装備は?

e:HEV Zの4WD車に付く人気の装備を紹介します。

リア左右席シートヒーター

4WD車では、リアの左右席にもシートヒーターを装備します。

ZR-Vをファミリーカーとして使う場合、家族皆が冬場のドライブで快適に過ごせるのは大きなメリットになるでしょう。

コンフォートビューパッケージ

4WD車専用のパッケージ装備で、撥水/ヒーテッドドアミラー、フロントドア撥水ガラス、熱線入りフロントウィンドウからなります。

撥水/ヒーテッドドアミラーはドアミラー鏡面に雨滴が付着したり曇ったりするのを防止する装備、フロントドア撥水ガラスは雨水を弾いて左右の視界を確保する装備、熱線入りフロントウィンドウは曇りを防止する装備です。

文字通り、快適な視界を確保するためのパッケージ装備となっています。

ZR-Vの燃費が一番良いグレードは?

e:HEV XのFF車 22.1km/L

ZR-Vで燃費が一番良いグレードはe:HEV XのFF車で、カタログ燃費は22.1km/Lです。

実燃費をカタログ燃費×0.8で計算すると、22.1×0.8=17.7km/Lとなります。

ZR-V e:HEV XのFF車はガソリン満タンで何キロ走る?

ZR-Vのガソリンタンク容量は57Lで、ガソリン残量が約8Lになると残量警告灯が点灯します。

ガソリン残量7Lまで走行した場合、

57-7=50L
50L×実燃費17.7km/L=885km

ZR-V e:HEV XのFF車は、ガソリン満タンで約880km走れる計算になります。

高速道路を利用して東京から広島まで無給油で走れるので、かなりの航続距離と言えるでしょう。

ZR-Vの一番燃費が悪いグレードは?

ZR-V X / Zの4WD車 13.9km/L

ZR-Vで一番燃費が悪いグレードは、ガソリン車X及びZの4WD車です。

先ほどと同じように実燃費を試算すると、13.9×0.8=11.1km/Lとなります。

ZR-V X / Zの4WD車のガソリン満タンで走れる走行距離は?

先ほどと同じように走行距離を計算すると、

50L×実燃費11.1km/L=555km/L

ZR-V X及びZの4WD車がガソリン満タンで走行できる距離は、約550kmです。

東京・大阪間なら無給油で走れる計算になります。

自動ブレーキのあるグレードは?

ZR-Vは全車に自動ブレーキ「CMBS」を標準装備。

また、アクセルの踏み間違いを防ぐ誤発進抑制機能も全車に標準装備です。

リセールバリューで得するおすすめのカラーは?

ZR-Vでリセールバリューの高いボディカラーは、プラチナホワイト・パール クリスタルブラック・パールです。

ことにプラチナホワイト・パールは、他のカラーより数万円から10万円以上高く査定されるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

ZR-Vの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのZR-V値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がZR-Vを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のZR-Vの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ZR-V 値引き交渉マニュアル

-ZR-Vの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.