ZR-Vの評価集

ZR-Vに欠点・デメリットはあるか?ZR-Vを徹底評価!

ホンダの新型SUV「ZR-V」は、いま注目の的になっています。

このZR-Vにはどんな欠点・デメリットがあるのか、気になっている人も多いことでしょう。

ここではZR-Vを徹底評価していきますで、新車購入時の参考にどうぞ!

新型ZR-Vを評価!欠点、デメリットはあるのか

ZR-Vのエクステリアの欠点は?

ZR-Vのフロントマスクは、巷で「マセラティっぽい」と言われています。

グリルの格子模様はマセラティとは異なるのですが、それでもエンブレムがなければマセラティのSUVと言われても納得してしまうのは事実。

これまでのホンダのSUVにはない個性を打ち出したのは良いのですが、他社の車に似ているのはあまり褒められたものではありません。

一方リアビューに関してですが、上級のZグレードに備わる2本出しのビルトインエキパイフィニッシャーがXグレードには備わらず、のっぺりした印象となっています。

honda.co.jp/ZR-V

スポーティなイメージを売りにしているZR-Vだけに、下位グレードのXグレードにもビルトインエキパイフィニッシャーを装備するべきでしょう。

ZR-Vのインテリアの欠点は?

インパネ回りなど

ZR-Vのインパネのデザインは、プラットフォームを共有するシビックと類似しています。

honda.co.jp/ZR-V

デザインそのものはスッキリしていて良いのですが、SUVらしい力強さやオリジナリティという点ではいまひとつです。

ZR-Vならではの独創的なインパネデザインを採用した方が良かったのではないでしょうか。

シート&居住性

ZR-Vの後席は、座面の高さがやや低過ぎる嫌いがあります。

honda.co.jp/ZR-V

小柄な人や子供なら問題ありませんが、ある程度足の長い人が座ると太ももが座面から浮いてしまい、いまひとつ座り心地が良くありません。

折角頭上のスペースや足元のスペースは十分なのに、画竜点睛を欠くのが惜しまれます。

荷室&収納スペース

ZR-Vの荷室容量は395Lで、弟分のヴェゼルの404Lより小さい数値です。

honda.co.jp/ZR-V

ボディサイズが一回り大きいにも関わらず荷室容量が小さいのは、納得が行かないところ。

またボディサイズがほぼ同等のマツダCX-5の荷室容量505Lと比べると、110Lも小さい数値です。

荷物をたくさん積みたい人には、気になるポイントでしょう。

また、ZR-Vの後席はヴェゼルのようなチップアップ (跳ね上げ) 機構を持たないため、べビーカーを積みたい時などは困ってしまうでしょう。

ZR-Vのパワートレインの欠点は?

ZR-Vにはハイブリッドのe:HEVとガソリン車が設定されています。

honda.co.jp/ZR-V

ガソリン車には1.5Lターボエンジンが搭載されていますが、スペックは最高出力178ps、最大トルク240N・mとこのクラスとしては控え目です。

1,460~1,540kgの車体に対して必要十分な力はあるものの、いささか加速のパンチに欠けるのもまた事実。

ZR-Vはスポーティな走りを売りにしているだけに、もう少し出力・トルクを上げて爽快な加速を実現して欲しいものです。

ZR-Vの走行性能の欠点は?

ZR-Vはどちらかと言えば乗り心地よりも操縦安定性を重視したセッティングになっています。

乗り心地はフラットで重厚である反面、荒れた路面ではややゴツゴツ感を伝えてしまう面が否めません。

もう少しマイルドな乗り心地にした方が、SUVというカテゴリーにマッチしているのではないでしょうか。

ZR-Vの装備面の欠点は?

弟分のヴェゼルのインパネには、優しいエアコン送風を吹き出す「そよ風アウトレット」が備わり、特にエアコンの風が苦手な人に好評です。

しかしZR-Vは走りを追求したコンセプトのためか、そよ風アウトレットは備わりません。

またヴェゼルには室内に開放感をもたらす「パノラマルーフ」の設定もありましたが、ZR-Vはオプション設定もなし。

弟分の車種に快適装備で見劣りするのは、残念なところです。

ZR-Vのグレード体系・価格面での欠点は?

ZR-Vの価格は2,949,100円~で、車格が近いカローラクロスの1,999,000円~、CX-5の2,766,500円と比べ購入のハードルが高めになっています。

なるべく安くミディアムクラスのSUVを手に入れたい人も一定数いるので、高めな価格設定はハンディになるでしょう。

ZR-Vを評価!いいところは?

ZR-Vのエクステリアのいいところは?

フロントマスクがマセラティに似過ぎている問題は別にして、全体的なフォルムはなかなかスタイリッシュです。

honda.co.jp/ZR-V

SUVらしい逞しさとスマートさが絶妙に融合したエクステリア・デザインで、ヴェゼルにもCR-Vにもない個性が感じられます。

クーペルックを売り物にするSUVが多い中、クーペ風味をほどほどに抑え、スクエアなイメージを残したまとめ方が成功していると言えるでしょう。

ZR-Vのインテリアのいいところは?

インパネ回りなど

ZR-Vのセンターコンソールは、非常に独創的なデザインです。

honda.co.jp/ZR-V

単にデザインのためのデザインでなくスイッチ類の操作性にも配慮され、質感も上々。

また下部がオープンの収納スペースになっていて、実用性も兼ね備えています。

シート&居住性

後席は座面がやや低過ぎる欠点はあるものの、足元のスペースや頭上のスペースには余裕があり、大柄な人でも無理なく座れます。

シートにスライド機構はないものの、余裕で足を組めてしまうだけの足元スペースがあるので特に問題はありません。

荷室&収納スペース

ZR-Vの後席使用時の荷室スペースはあまり広くありませんが、後席を倒せば十分なスペースが出現します。

honda.co.jp/ZR-V

後席の背もたれを前に倒すと同時に座面も沈むため (ダイブダウン機構)、低くほぼフラットで使い勝手も良好です。

また車中泊にも余裕で対応するなど、レジャー用途にもしっかり応えてくれます。

ZR-Vのパワートレインのいいところは?

ZR-Vのハイブリッド車に搭載されるe:HEVはスムーズで力強く、ドライバビリティも申し分ありません。

honda.co.jp/ZR-V

また通常走行時はエンジンは発電用に徹するのですが、車速に応じてエンジン回転数が上下する制御が取り入れられているため、あたかもガソリン車を運転しているような感覚が味わえるのも特徴です。

それでいて静粛性の点ではZR-Vのガソリン車よりワンランク上で、より上質なフィーリングを備えています。

ZR-Vの走行性能のいいところは?

ZR-VはSUVでありながらハンドリングマシンとして開発されただけあり、ハンドリングは下手なセダン顔負けのレベルに達しています。

ステアリング特性はニュートラルで、アンダーステアは感じられません。

また旋回時のロールが少ないことも特徴で、とても重心位置の高いSUVとは思えないほど。

とにかくSUVでワインディング走行を楽しみたいなら、ZR-V一択と言えるでしょう。

ZR-Vの装備面のいいところは?

ZR-Vは全車にパワーテールゲートが標準装備されます。

背の高いSUVはテールゲートが開けやすいとは言えないので、ボタンひとつで電動開閉できるパワーテールゲートは有難いものです。

しかも上級のZグレードには、足をリアバンパー下にかざすだけで開閉できるハンズフリーアクセル機能も採用。

ライバル車は全車にはパワーテールゲートが標準装備されないので、ZR-Vのメリットと言えます。

ZR-Vの安全装備のいいところは?

ZR-Vは全車にSRS8エアバッグシステムが標準装備されます。

特筆すべき点は、衝突時に乗員の膝を保護するSRSニーエアバッグシステムが運転席だけでなく助手席にも備わること。

運転席にニーエアバッグシステムが付く車種は少なくありませんが、助手席までニーエアバッグシステムが付く車種は現時点では少数派です。

ドライバーだけでなくパッセンジャーにも同等の安全性を提供している点で、ZR-Vは高く評価できます。

ZR-Vのグレード体系・価格面でのいいところは?

ZR-Vの体系はe:HEVが2タイプ、ガソリン車が2タイプと大変シンプルです。

そのためグレード選びで悩みに悩むことは少ないでしょう。

ライバル車にはグレードが多過ぎて選ぶときに混乱してしまう車種もあるだけに、いたずらにグレードを増やさなかった点は見識と言えます。

ZR-Vの総合評価

ZR-Vのエクステリアは、輸入車コンプレックスを感じさせるフロントマスクには賛否が分かれるところですが、全体的にはバランス良くまとめられています。

また、インテリアはインパネのデザインがシビックに似過ぎている嫌いはあるものの、こちらもセンス自体に問題はありません。

居住性は十分優れていますが、後席の座面の低さが惜しまれるところ。

また後席にチップアップ機構が備わらないのも少々残念です。

荷室に関しては後席使用時の容量はいまひとつですが、後席を折りたためば十分なスペースと使い勝手を備えたスペースが出現します。

パワートレインはe:HEVに関しては申し分なく、よほど飛ばす人以外は不満なく使えるでしょう。

一方でガソリン車も決して悪い仕上がりではないものの、パワー面でもうひとつパンチが欲しいところです。

ハンドリングは全SUV中トップレベルの水準で、ワインディング走行がここまで楽しめるSUVは稀ではないでしょうか。

反面乗り心地はやや硬めで、不快ではないものの好みが分かれるかもしれません。

装備面は必要な装備は一通り揃っていて大きな不満はありませんが、ヴェゼルで好評な快適装備が付かないのは少々残念です。

安全性は予防安全装備・衝突安全装備とも充実していて、何の不満もありません。

総合的に見てZR-Vは多少気になる面あるものの、トータルバランスの優れたSUVと言えます。

特にハンドリングは群を抜いているので、スポーティに走りたい人には好適です。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

ZR-Vの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのZR-V値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がZR-Vを限界値引きで購入しています。

今月のZR-Vの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ZR-V値引き交渉マニュアル

-ZR-Vの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2023 All Rights Reserved.