ZR-Vの値引き

ホンダ 新型ZR-Vの値引き交渉マニュアル 2022年9月の値引き動向は?

ホンダ ZR-V値引き交渉マニュアル

新型ZR-Vを限界まで値引きして、さらに下取り車を極限まで高く売って、ZR-Vを底値で買う方法を紹介します!

これを実践するのとしないのとでは、数十万円から損することになります・・・簡単なので是非実践しましょう!

新型ZR-Vの最新目標値引き額と2022年9月の値引き動向

あすか
今月は10万円以上の値引きを目指そう!

9月のZR-Vの値引き動向は、新型の事前予約のため渋い傾向です。事前予約では欲しい人が買うため、ディーラーも大幅な値引きは出してきません。

新型ZR-Vの値引きは車両からは5万円の値引きが基本ですが、オプションからの値引きを含めて15万円を超えれば特上の条件です。

ZR-Vの値引き交渉では、トヨタのハリアーやRAV4、日産エクストレイル、マツダのCX-5、スバルのフォレスターなどと競合させると効果があるでしょう。

「エクストレイルが気になるが、割安な値引きが出るならZR-Vを契約したい」などと交渉してみます。

ライバル車との競合で値引きが増えなければ、経営違いのホンダディーラー同士の競合が最も効果があります。

ホンダディーラーは、「ホンダカーズ藤沢 鎌倉南店」などと表記されています。この「ホンダカーズ藤沢」が会社名なので、ここの名称が違っていれば、そのディーラー同士を競合させる事が出来ます。

例えば、「ホンダカーズ藤沢 鎌倉南店」と「ホンダカーズ神奈川中 鎌倉西店」は、別会社なので競合可能です。

反対に「ホンダカーズ藤沢 鎌倉南店」と「ホンダカーズ藤沢 藤沢店」は、同じ会社なので競合させても「同じ会社なのでどちらか一方で買ってください」と言われてしまいます。

ZR-Vの値引き交渉では、別会社のホンダディーラー同士を競合させて値引きを引き出しましょう。

「ホンダA店では総額○○万円の条件が出ている。これよりも安くなればホンダB店で契約したい」とやるとZR-Vの値引きにとても効果的です。

ZR-Vの車両本体からの目標値引き額とは別にオプションから20~30%の値引きは可能です。

今月(2022年9月)の車両からの目標値引き額が10万円+オプション20万円からの値引き4万円総値引き14万円が合格ラインになります。

以下の値引き交渉術を実践すれば、ZR-Vから実例値引き額並、又はそれ以上の値引きが可能になります!

絶対損したくない!下取り車の売り方

下取り車がある場合は、その下取り車を少しでも高く売ることが出来れば、それだけZR-Vが安く買えると言うことになります。

しかしディーラーの査定のみだと、最初にディーラー規定の査定額を提示されて、後々値引き交渉が煮詰まってきたら、「これ以上の値引きが厳しいので、下取り車の方で調整します」などと言って来ることが多いです。

3万、5万、10万と徐々に査定額をアップして、お得感を強調して、「これで決めてください!」となるでしょう。

これはユーザーのお得感、満足感を満たすためのセールステクニックが考えられます。

一見値引き額(下取り額)が最初より上がったように見えますが、その査定額が中古車相場に合った適正なものなのかどうかの判断が、我々一般ユーザーには中々見分けることが出来ません。

実際にはもっと高い査定額が付く可能性もあるのです。

これが高額車や人気車になればなるほどその差は大きくなるので、実際は5万、10万、場合によっては20万円以上の損をしてしまう事もあります。これは本当に勿体無いです。

ディーラーの下取りで損してる!?

ディーラー下取りで損しないためには、まず1店舗で良いので買取店の査定を受けておきましょう。

そうすれば買取店のおおよその相場が分かるので、それを元にディーラーの査定額が適正かどうかの判断が出来ます。

愛車の相場が分かればクルマ購入の予算組みも出来るので、一石二鳥ですね。

おすすめは下記の買取店です。ネットでおおよその相場が分かります。

ネットで愛車の概算価格が分かるナビクル車査定です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

☆もしディーラーや買取店で査定額が付かなければ、廃車買取業者に依頼しましょう

ディーラーや買取店で査定額が付かなければ、廃車業者に直接売った方が高くなる可能性があります(廃車なら買取店はマージンだけ取って廃車業者へ渡すだけ)。

廃車の目安はグーネットやカーセンサーで下取り車に近い条件の車両が20万円以下で売られていたら、その車両はほぼ廃車価格の仕入れです。その場合、廃車業者に直接売った方が高くなる可能性が高いでしょう。事故車や不動車も以下の廃車業者に売れます

これら買取店の査定額を基本に今後査定額の交渉をしていきます。

ZR-Vの値引きに適した交渉時期

CR-Vの値引きに適した交渉時期

自動車業界ではディーラーで値引きが大きくなる時期は、「1月~3月の年度末決算期」、「6月7月の四半期決算とボーナス時期」、「8月~9月の中間決算期」、「12月の四半期決算と年末商戦」、などがあり、特に値引き額が大きくなるのは年度末決算期になります。

この時期はディーラーでは、お客さんに足を運んで頂こうとして決算キャンペーンを行うことで、大幅な値引きも良くあることです。

もちろんボーナスや年末商戦もお得なキャンペーンなどを行い、ZR-Vの値引き交渉がやりやすい時期になります。

これらの時期にZR-Vの購入を検討している場合は、ZR-Vの現在の値引き相場から最大値引きを引き出して購入しましょう!

ZR-Vの納期は?2022年9月現在

ZR-V納期:6カ月

ZR-Vの納期は長めの納期となっています。

ZR-Vの競合車の設定とディーラーをリストアップ

CR-Vのライバル車の設定とディーラーのリストアップ

ZR-Vの値引き交渉では、価格帯の近い競合車を出して「ZR-Vか、どれにするか迷っている」状況で契約直前まで交渉した方が、値引きを引き出しやすくなります。

ZR-Vの有効な競合車は、トヨタのハリアー、日産エクストレイル、マツダCX-5、スバルフォレスターなどです。

SUV以外では、ステーションワゴンのスバル レヴォーグもユーザー層が近いため、競合出来るでしょう。

ZR-Vの競合車からリストアップして、ZR-Vと迷っている、と値引き交渉を進めて行きます。

またディーラーを経営する法人が異なれば、ホンダディーラー同士の競合も可能です。

同地域のホンダ同士の競合に加えて、可能であれば越境して隣県のホンダと競合させましょう。

県が違えば基本的に経営する会社も異なるので、競合が可能になります。ホンダの販売店検索のページで経営の異なるディーラーを調べて、なるべく多くのディーラーをリストアップしておきます。

多くのディーラーと商談する事により、「値引きしてでもZR-Vを売りたい!」と言うノルマ達成が厳しいディーラーや営業さんに当たる確率が高くなります。

下取り車があれば、ディーラーを周る前に一度買取店の査定を受けて相場感を知っておくと、ディーラーの査定が高いのか安いのかが分かり、下取り額の交渉が楽になります。

以下おすすめの買取店です。

ネットで愛車の概算価格が分かるナビクル車査定です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。 

かんたん車査定ガイド 概算価格

ZR-Vのディーラー初回値引き交渉

初回の商談では、営業さんから話が出ない限り、突っ込んだ値引きの話しはしなくて構いません。

普通にZR-Vの実車を見学したり、試乗がてら見積もりをもらっても良いでしょう。

営業さんとの相性を確認したり、「買うとなったら値引きは頑張ってくれますか?」と伝えて相手の反応を見て、今後のディーラー巡りの参考にしておきます。

付いてくれた営業さんとの相性は、値引き交渉する上でもポイントです。話しやすい方が嫌味なくZR-Vの値引きを要求し易いですからね。

  • ZR-Vやライバル車に限らず、その車種が本命かどうかは伏せておく
  • 他にも気になる車種があって迷っている、と伝える
  • 予算を聞かれても具体的な金額は言わない
  • 初回の商談は短時間でOK

ZR-Vの2回目値引き交渉

二回目の商談から、値引き交渉をより具体的に進めます。

ZR-Vやライバル車のディーラーと商談したら、現時点での最大値引き額と見積もり書を出してもらい、その中で一番の値引き条件を他のディーラーへぶつけて交渉してみます。

値引き額を上げるためには、他店で良い値引き額が出れば、その条件を他のディーラーへぶつける、さらに良い値引き額が出ればまた違うディーラーへぶつける、と言った値引き交渉になります。

「値引き交渉」と言った単語が出ると、面倒くさいのでは?と思いがちですが、難しく考える事はありません。

どれにするか迷っている、出来るだけ安く買いたい」商談中はこの2点だけを伝えて悩んでいれば、値引きは勝手に増えていきます(^^)

ZR-V同士の競合(ホンダディーラー同士の競合)は、値引きの上乗せで最も効果的な方法のひとつなので、交渉終盤で持ちかけた方が良いでしょう。

  • どこかで好条件が出たらそれを別のディーラーへ、さらに好条件が出ればまた別のディーラーへ、と競合を繰り返す
  • 値引き額と下取り額はきちんと分けて交渉する
  • ZR-V同士の競合はまだ控える
  • コーティングは利益率が高いので、その分値引きの上乗せを

ZR-Vのダメ押し値引き交渉

CR-Vのダメ押し交渉

二回目以降の交渉である程度ZR-Vから値引き額を引き出したら、同士競合に切り替えます。

一例として以下のようにやってみても良いでしょう。

「自分はZR-Vに決めたいのですが、嫁さんがエクストレイル推しで譲りません。ただ、値引きがエクストレイルより多くなれば、ZR-Vにしても良いと言っています。

なので、申し訳ないのですが他のホンダでも商談してきました。他のホンダでは値引き○○万円、下取り△△万円と出てるんだけど・・・」

などと言ってホンダ同士の競合に切り替えます。(言い方は自分の状況に合わせて適当にアレンジしましょう)

これをそれぞれのホンダディーラーで仕掛けて、頑張ってくれそうなディーラーや営業さんに狙いを絞ったら、ハンコを武器に最後の交渉です。

「総額○○万円になったら契約します」「予算は△△万円です。この金額になったらこの場で他には断りの電話を入れます」などと言って、目標よりも多少無理目の金額を要求して見ます。

それが通らなかったり、また「間を取って○○万円」など、何らかの妥協案を出してきてもそれで納得せず、さらにもう一押ししてみます。

「では、ドラレコの持ち込み工賃を無料にしてくれたら契約します」「ナンバーフレームとドアバイザーをサービスしてください」などと、数万円程度の無料サービスを要求すると通りやすいでしょう。

また、納車時ガソリン満タン、車庫証明費用のカット、端数カット、などを最後で申し出てみると良いでしょう。

それらが通った時、そして目標金額に到達してすべての条件に納得したらハンコを捺してZR-Vの契約となります。

  • ハンコを捺す前(契約直前)が一番ワガママを聞いてくれる
  • ローンを組むならライバル他社のキャンペーン金利などを引き合いに出して、金利の引き下げも要求できる(場合によっては数%の引き下げも可能)
  • 現金払いよりも、ディーラーに手数料収入が入るので、一部でもローンを組んだ方が値引き額は大きくなりやすい
  • 自動車保険の加入・切り替えを検討しているなら、新車購入時にそのディーラーで加入すれば、ディーラー・セールスマンの成績となり、その分ZR-Vの値引きの上乗せを迫れる

下取り車を限界まで高く売る!

下取り車がある場合は、これまでの交渉でディーラーでの限界付近の査定額が出たと思います。

そこで最後に複数の買取店に査定してもらいます。

そこでもしディーラーや他の買取店の査定額を5万でも10万でも上回れば、その分さらにZR-Vを安く買える事になります。

そこで、契約前に「もしかしたら、下取り車を友人に譲ることになるかもしれません。そうなったら納車時に下取りに出さなくても良い事を了承してもらえませんか?」などと言って、納車時に下取り車を出さない場合がある事を営業さんに伝えます。

契約を盾に申し出れば大概はOKになるので、これで納車時まで自分の車に乗ることが出来ます。

そして納車日が決まったらそれにあわせて、複数の買取店に査定してもらい、ディーラーより高値が付けばそこに売る事ができます。

ここでおすすめなのは、インターネットの無料一括査定です。

ナビクル車査定「カーセンサー.net」なら一度に複数の買取店へ査定を依頼出来ます。ちょっとしたオークション状態になるので、思わぬ高値が付くことも。大手買取店はもちろん、特に地方も含めた地元の買取店が充実しています。地元の買取店は大手ほど広告を出していません。その分コストが掛からず、査定額で大手に対抗してきますので、高査定が期待できます。

時間と場所を指定すれば、無料出張査定にも来てくれるので、そこでディーラー査定よりも高値が付けばそのまま売ってしまっても良いですし、他の買取店と競合させても良いでしょう。

もちろん納得できない査定額なら断ることも可能です。

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップ!

また、もうひと手間掛けられるなら、以下の楽天Carオークションを試しても良いでしょう。


全国の業者を対象に愛車が売れる、楽天Carオークションです。楽天Carオークションの査定を1度受ければ、全国の買取店へ査定情報が送られます(個人情報なし)。価格を提示する買取店は、他のお店と買取金額を競う事になるので、高値での売却が可能です。査定は最寄りの店舗か出張査定のいずれか1回で済むので、とても楽です。

1度だけ査定を受ければ、沖縄から北海道までの全国の買取店や中古車販売店から価格提示を受けられます。

全国の買取店が入札するので、オークションならではの入札による価格上昇も楽しめて、さらに買取金額の上乗せが可能になるかもしれませんね。

ここまでやって、もし買取店の査定がディーラー査定よりも低くても、「ディーラー査定の方が買取店の相場よりも高くてお得だった」と納得できて、気持ちよく愛車を手放せるでしょう。

  • 下取り車はディーラーに出す事にしておいて、最後に買取店に査定してもらい一番高値の所に売る
  • それでもディーラー査定の方が高ければ、これまでの交渉は大成功!

以上がZR-Vを限界の底値で買うための方法です。

何も知らずにディーラーの言う通りに値引きはそこそこ、下取りもそこそこで決めてしまうと、簡単に数十万円ZR-Vを高く買ってしまう事になります。

そうならないためにも是非上記の値引き、下取り交渉術を実践して、限界値引きでCR-Vを購入しましょう!

ZR-Vの乗り出し価格(総額)は?

グレード
ZR-V

車両価格(消費税込)
3,925,900円

メーカーオプション価格
44,000円

ディーラーオプション価格
約118,646円(工賃込み)

諸費用(税金・登録ほか)
約118,920円

ZR-V車両値引き(2022年7月目標値)
▲270,000円

ディーラーオプション値引き(20%引き)
▲23,000円

ZR-V乗り出し価格(総額)
3,910,000円(端数カット)

ZR-Vを残価設定クレジット(残クレ)で買うと値引きが多くなる!?

残価設定ローン

もし残価設定ローンでZR-Vの購入を検討しているなら、こちらも参考にしてみて下さい。

ZR-Vの5年後の残価と買取金額の比較、高く売れるグレードや装備・色も紹介しています。

月々の支払額を少なく出来て、値引き額が多くなる残価設定ローンでZR-Vを購入するケースが増えています。

残価設定ローン・ホンダ フリード

※実際のフリードの残価設定ローンの見積書

上記は同じホンダ車のフリードの残クレの見積書です。3年の残価と5年の残価で、月々の支払額や残価設定額が違う事が分かります。

以下で残価設定クレジットのメリット・デメリットを紹介しましょう。

残価設定ローンのメリット

ZR-Vの残価設定クレジットのメリット
①頭金が無くても月々の支払額が安くなる
②中古車を検討していた人でも新車に手が届く
③銀行ローンに比べて契約手続きが楽に出来る
④通常のディーラーローンよりも残価設定の方が金利が安い
⑤ZR-Vの値引きが多くなる

頭金が無くても、据え置いた残価が頭金の代わりになるので、月々の支払額が下がるのが残クレのメリットです。

さらに残価設定ローンでZR-Vを購入する事で、さらなる値引きが期待できます。

残価設定ローンのデメリット

ZR-Vの残価設定クレジットのデメリット
①残価分にも金利が掛かるので、金利手数料は高い
②走行距離等が規定より多ければ残価が保証されず追い金が発生する
③ 残クレ中はZR-Vを売れない??
④ ローン終了後、手放す時は必ずディーラーに返さなければならない??

以上のデメリットはありますが、③と④については間違いと言えます。

残クレが終わったらCR-Vをディーラーへ返さないとダメ?

ZR-Vを残価設定ローンで購入すると、契約終了後は以下のプランがある事を説明されると思います。

①新車に乗り換える
②ZR-Vにそのまま乗り続ける(一括で支払・再クレジットで支払い)
③ZR-Vを返却して終了

ホンダディーラーでも説明されますし、ホンダのサイトにも記載があります。

一見、他の車に乗り換えるにしても、ZR-Vを手放すにしても、購入したディーラーに返却しなければいけないように見えますが、実際はそうではありません。

ディーラーでは規定内であれば、ZR-Vを残価で引き取りますが、よほど走行距離が少ない場合などを除いて、残価以上でZR-Vを引き取ってくれるケースは少ないです。

しかし、買取店ならホンダディーラーが残価で引き取れる状態のZR-Vなら、残価以上の金額でZR-Vを買取る事が出来ます。

そして、ディーラーが提示した査定金額よりも買取店の方が高ければ、ZR-Vを買取店へ売る事が出来ます。

その差額は数十万円以上に達する事もあるので、ディーラーに返却する事が当たり前と思っていると、大きく損をしてしまう事になりかねません

残価設定ローンの途中でもCR-Vが売れる!

残価設定ローンの途中では、ZR-Vを売れないと思っているユーザーは多いですが、実際はそんな事もありません。

残クレの途中でも、ZR-Vをディーラーや買取店へ売る事が可能です。

イメージ的に、自腹でローンの残債を一括返済してからじゃないと名義変更できない=ZR-Vを売れない、と思いがちですが、買取店へ売ると残債の清算や名義変更の手続きも無料で行ってくれます。

そこで、買取金額が残価設定ローンの残債を上回れば、差額を買取店から受け取れますし、足りなければ追い金として買取店を経由してクレジット会社へ払う事になります。

ZR-V残価設定ローンを売却時までシミュレーション

「ZR-V」を5年の残価設定クレジット(残クレ)で購入したとしましょう。

グレード名ZR-V
総支払額(値引き25万円)3,934,466円
頭金0円
5年後の残価1,371,420円
残クレ月々の支払額(60回)50,336円×初回
48,600円×58回
最終回1,371,420円
5年後のディーラー査定額
(月間走行距離1000㎞)
1,371,420円
5年後ディーラーへ返却±0円
5年後の買取店査定金額
(月間走行距離1000㎞)
5年後のZR-Vの買取相場
1,800,000円
5年後買取店へ売却1,800,000-1,371,420=428,580円
約43万円が手元に残る

走行距離や内外装の規定を守り、ローン契約終了時にホンダディーラーへ持っていくと、ホンダは残価分の137.1万円であなたのZR-Vを引き取ってくれるでしょう。

しかし、ホンダディーラーが残価分で買い取ってくれる良い状態のZR-Vなら、買取店へ持っていけば180万円の査定がつくこともあるのです。

もしも、買取店が180万円で買い取ってくれた場合、なんと43万円も高く買い取ってくれるのです!

CR-V5年後の買取金額

買取店での査定額を知らずにそのままディーラー返却となっていたら、43万円も損をしてしまうことになってしまいます。

さらに残価設定ローンを利用すると、金利が大きい分ディーラーへのマージンも多くなり、ZR-Vの値引き交渉もしやすくなるのです。

残クレでZR-Vを購入するなら、このページを参考に是非大幅値引きで購入しましょう。

ちなみに、管理人が4年の残価設定ローンで普通車を購入した時は、残価が270万円でした。

4年後の査定は?
ディーラー→本来260万だが特別に270万円
買取店→320万円

その差50万円で買取店に売れました!

残クレ終了時や途中でZR-Vを売る場合でも、ディーラーだけでなく買取店にも査定してもらわないと、上記のように40万円以上も損してしまうでしょう。

残価設定ローンのメリット・デメリットを理解していれば、ZR-Vを残クレで購入もあり!

残価設定ローンを利用してZR-Vを購入する事で、ZR-Vの値引きを最大限に引き出す事が可能です。

ZR-Vの購入時は出来るだけ安く買って初期費用を抑えて、売却時はディーラー返却以外にも買取店の査定を取り入れて、残価よりも高くZR-Vを売りましょう。

自分の車の相場を調べて残価よりも高く売る!両方出来るおすすめサイトはこちら

ネットで愛車の概算価格が分かるナビクル車査定です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合いディーラーの残価よりも高値が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

-ZR-Vの値引き
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.